<   2012年 03月 ( 7 )   > この月の画像一覧


いってみました♪噂のソウル占いカフェ@梨大 エロス

こんばんは~。
体調不良につき今日は仕事も切り上げ、泣く泣く飲み会も欠席し家でおとなしくしております。
むーん。。。。
さて、本日はガイドブックなどにもよく紹介されている、ソウルは名門女子大「梨花大学」がある梨大の占いカフェに行ってみた、の巻。梨大(イデ)は女子大の街とあって、可愛い靴屋さんやコスメショップ、洋服屋さんも多くしかも学生プライス、という街。
ここの、日本語もできる人がいるという占いカフェ「エロス」に行ってみました♪
イデ駅の2番出口からまっすぐ歩くこと3分程度。日本語の大きな看板がでているのですぐわかりますが、「エロス」はビルの2Fです。似たような名前のカフェが手前の路地にもありますのでハングルが読める女子は要注意です。ここは日本語を目指して正解です。
階段を上がっていくと、扉の横には韓国でもいろいろ取材を受けているらしく、テレビ放送された時のものや雑誌掲載の記事が飾ってあります。もちろん、日本のIKKOさんもいらっしゃいます~。
おそるおそる扉をあけると・・・・
あら、予想を反して普通のカフェって感じ。
d0133225_2181448.jpg

日曜のまったりした午後だったので、学生もいなくてけっこうヒマにしているのではなかろうか、と思って特に予約もせずに行ってみたのだけれど、結構賑わっていました。
d0133225_21103012.jpg

日本語も結構聞こえてきたので観光客も多いんですね。普通の飲み物メニューを渡されて飲み物を頼み、しばらく歓談すること約20分程度。占い師さん登場です。私たちは時間の余裕があったのでのんびり待ってましたが時間がない人は予約したほうが無難ですね。帰り際にもお店のお兄さんに「次回は予約してね♪」っといわれてしまいました。(^^:)
タロット占いもあるようですが、こちらは四柱推命での占いがメインになります。生年月日はもちろんですが、生まれた場所と時間も正確にお伝えしてください。相性を占ってもらう場合は相手の方の生まれた時間も必要みたいです。
d0133225_2125376.jpg

占いのお値段は年齢によります。学生さんはリーズナブルですが、OVER35は一番高い2万ウォン(笑)
こちらは占いメニューだけになるので、飲み物代は別です。ハーブティーが5千ウォンぐらいからだったかな?
相性をうらなってもらう人もいない独女の私たちはおひとり様用の総合運ってことでうらなってもりました~。
カオリン、真剣。
d0133225_2129598.jpg

私、マジカルも真剣。
d0133225_21294534.jpg

生年月日などのデータはなにやらデータブックのようなものをみながら干支に当てはめてシートに記入してくれます。それとともに手相(これは相性のよい結婚相手がどんな人かをみたり、才能の有無をみていた)、人相(おでこと目で対人関係や財運)そして耳(何を見てたか忘れた・・・)を見ているようです。
これらを総合的に判断して、その人の持つ性格・今後の運勢を説明してくれます。大体は仕事運、事業運、財運、結婚運・恋愛運、健康運の6つの観点から説明してくれますが、それ以上に詳しい内容を突込んで聞いてもOK♪ちなみにワタクシは主体となる要素が「火」=「太陽」ということらしく、エネルギッシュで生命力にあふれているとのこと。そして「あなた、食べ物よくもらう人です」(笑)・・・・ええ、よくあちこちから頂き物はおおいっす。食べ物とお酒が(笑)衣食住には一生困らないそうです。ちなみに気を付ける病気も食べることが大好きなので胃腸(食べ過ぎ)と、間接の病気(腰とか・・)に注意してくださいとのことでした。対人関係は非常に良く、人にも恵まれているのでフリーで仕事するよりは組織にいて、転職は控えたほうがよいとのこと。ただ、芸術のセンスと語学のセンスがあるらしいので二足草鞋を履くぶんにはかまわないらしい。「仕事、2つできますかね??さらに結婚しても仕事つづけたほうがいいでしょうか?」という質問には「あなた元気だから、仕事も家庭も大丈夫」と言われ、それを聞いた友人は大爆笑。海外にも縁があると言われたけれど、アジアよりはヨーロッパと言われました。結婚相手はやや年下の子供が好きな男性が向いているようです。恋愛は量より質タイプ。良妻賢母タイプですが、愛情表現がへたくそ…といわれましたが、ワタクシを知っている人はどう考えますか~???
「海外に縁があるなら国際結婚もありえますか~?」との質問には「ありうるけど、あなたがいろいろ考える人なので、それが縁を薄くしてます。考えることが好きでいろいろ新しいことも考えるので今の仕事は向いてます」とのことでした。まあ、恋愛についてはこの1、2年が勝負らしいです(笑)もうここまで来たら、深く考えずに誰かについていくしかないのか~(笑)
当たるも八卦、当たらぬも八卦・・・。
そのほかにいろいろ聞きましたが総じて思い通りに人生を歩めるようなので心配なし♪突っ込んだ質問には結構具体的にアドバイスをしてくれますが、象徴しているものが一つではないので、この場合だったらこう、そうでない場合はこう、っというような説明でした。具体的に友達の例でいうと、友達の場合は「木」が仕事と夫を表しているので彼女の「転機」となる時期が「よい夫」を得る時期なのか「よい仕事」を得る時期なのかが名言できないということでした。
先生は穏やかそうな人柄の、優しい声で話す人でした。日本語はたどたどしいですが、そのほうがかえって意味が汲み取りやすいかもしれませんね。
d0133225_215572.jpg

記念撮影にも快く応じてくださいます♪
ちなみにこちらのカフェ、漢字で書くと「愛路授」らしいです(笑)すごい当て字~。
愛に悩める女子の皆様、いえ、愛の路に迷ってしまった子羊さんたち、ソウルにきたらこんなカフェでまったりするのもいいじゃありませんか~。結構じっくりいろいろ聞けますので質問のご準備を忘れずに♪

イデには可愛い靴やさんもたくさん軒を連ねていて目移りしてしまいます。
帰り道に覗いて買った春物の靴がこちらです♪冬ものはセールをしていてかなり安くなっていましたが春物はまだまだお値段高め・・・といってもここは学生の街なのでお値段はリーズナブル♪サイズや気に入った色がなくても既製品と同じ値段でオーダーもでき、追加代金で日本にも送ってくれるそうなのでこちらも合わせてお試しください♪
d0133225_225187.jpg

お兄さんに値切って4万ウオン(3000円ぐらい)でした(^^)v
[PR]

by magical_cat7 | 2012-03-29 21:58 | 韓国

使ってみました!ブラックパールO2バブルマスク@the saem

こんにちは!
今回も見事に(?)「衝動買いの神様が降臨されました」(笑)
服にバックにコスメに、靴に~っといろいろお買い物を楽しんできましたので、おいおい戦利品は紹介する予定でおります♪
ただ、コスメに関しては「衝動買い」というよりは、ほぼ狙い撃ちで事前にチェックしたのものばかり・・・。
普段使っているもの&冬場からの乾燥が気になって試してみたかったものなど買ってきました。
d0133225_16461822.jpg

ショッピングデイとして、この日1日で、明洞で韓国コスメ・クルージングをした結果のお買い上げ品の数々。
そして、これしか買っていないのに、こんだけもらったサンプルの数々。。。
d0133225_16504056.jpg

相変わらず、すごい量ですね~。パックの類はお土産のおまけとして職場の「ゆかいな仲間たち」に配らせていただきました。
ちなみに韓国好きのみなさんはこのサンプル、どうされているのでしょうね??実際に使ってみてます??
私は旅行&出張時に使うのに重宝しております。サンプルで気に入ったものがあれば次回お買い上げもしてます^^

で、今回「試してみたいな~」っとおもって購入&使用してみたのが、こちら♪
d0133225_16535536.jpg

イ・スンギ君がイメージキャラクターを務めております、「the Saem」の「ブラックパール 酸素バブルマスク」なるものです。(あれ?カレンダーが1月のままですよ~)
d0133225_1762088.jpg

こちらの「the Saem」というブランドは、比較的新しいブランドらしく、2010年ごろにできたブランドらしいです。日曜の朝にやっていた「恋するコリア」という情報番組でIKKOさんがおすすめしておりました♪
なんでも世界中の美容効果のある素材や伝統美容を研究して化粧品を作っているんだそうです。
1個14000ウォン。(約1000円)。明洞1号店にはやり手のアジュンマ・・・いえ、日本語堪能なお姉さまがおり、商品説明はかなり詳しくしてくれるのですが、押しが強いです。「NO」と言えない方は気を付けてくださいね。
私も、お試し1個ぱ買い・・・の予定が、「1個、4~5回分しかないから、パッケージのほうがお得!おまけもいっぱいつくからっ」っと力説されました。(^^;)いや、別にまとめ買いしたからって値段が下がるわけではないのですよ・・・。キャンペーンなどでおまけが増えたりするだけの話なんですけどねー。
ま、手の甲でためさせてもらって、匂いも大丈夫そうなので4個パック買いしてしまいました。
日本へ帰ってきてさっそくお試し~。
d0133225_17181145.jpg

黒真珠成分配合の黒い泡が出てきます。
ささっと広げると、みるみるうちにシュワシュワと白い泡が~。
d0133225_17203323.jpg

泡だったところでマッサージをして水またはぬるま湯で洗い流すと、あら不思議~。アワアワになっていた箇所はほかの肌より1段白くなっています。クスミが取れたように白い透明感が復活~。
一応、酸素が毛穴の汚れを浮き上がらせるのとともに肌に酸素を供給、ブラックパールの成分がアミノ酸とミネラルを供給、それでもってブライトニング効果のある成分が肌をワントーンアップさせるとのことでした。
匂いは結構きついですが、シャンプーみたいな匂いなので比較的万人受けする香りだと思います。
実際の顔につけるとかなり香りがしますので気になる人は気になるかも。。。。
顔につけるときは目の周りを避けて、黒いクリーム状の状態でまんべんなく延ばすとすぐにシュワシュワと泡・・・白くて細かいムース状になりますので、しばらく置いて、そのままくるくるとマッサージ。でもマッサージしたそばからまたシュワシュワとムース状になっていきます。私は30秒~1分ぐらいのマッサージですかね~。シュワシュワはいつまでたってもなくなる様子がないので、そのままお湯で流します。・・・・これが、結構頑固でした。しっかり流さないと、化粧水の水分に反応して、ぬるぬるになるので、すすぎは丁寧にしたほうがいいですね。
しっかり洗い流してから化粧水をつけると、お肌がもちもちになっているのが実感できます。気のせいか、毛穴もちょっと引き締まった感じ。「引き締まる」っていうより肌の弾力により、毛穴が目立たなくなったというほうが適切かな。
週に2回の使用がベスト、と販売員のアジュ・・・いえ、お姉さんは言っておりましたが週1回で大丈夫かな?
面白い化粧品なので、買った分はしっかり使い切ろうとおもっています^^
[PR]

by magical_cat7 | 2012-03-25 17:35 | 韓国

ソウルのお宿@PJホテル

記憶が新しいうちにサクサク、いきましょう^^

今回は女子会、買い物もメインということで明洞に出やすく、駅に近いホテルということで探してみました。
女子3名というころもあり、荷物が多く、確実にソウル滞在中に増えることは目に見えている。荷物置き場に困らず、スーツケース広げられるだけの広さは確保したい。できれば正ベッドが3台入ってほしい。大浴場とは言わないけど、近くにチムジルパンかある、または併設されているホテル希望。女子会なので部屋でくつろぐスペースがあればなお可。でも、お値段はリーズナブルにね♪
・・・という、なにも知らない人が聞いたら「ふざけんなっ」と怒られそうな希望を並べまくって、あっさり決めたのがこちらのPJホテルです。

ツアーにもよく使われていますよね(^^)
こちらのホテル、2007年にリノベーションも完了し、なかなか評判も良かったし、明洞や東大門へも徒歩圏内。歩かなくても、この2か所や南大門市場にいく4号線および景福宮・仁寺洞はもとより、アックジョン・新沙などに行くのにも便利な3号線が交わる「忠武路」駅へは徒歩3分程度。さらに逆方向へ5分も歩けば弘大や梨大へと抜ける2号線、金浦空港からも乗り換えなしでたどり着ける5号線が交わる「乙支路4街」の駅という好立地。

そして・・・・!こちらは3ベッドのお部屋があるんです~。ちゃぶ台のある、座敷付きのお部屋があるんです~。トリプルのプレミアムルームには♪

さ、チェックインしてお部屋に行きましょう。チェックイン時間よりも早くついても、お部屋の準備が整っていれば
お部屋にそのまま入れます。
こちらのホテルもエレベーターはカードをかざさないとボタンが押せない仕組みになってます。またエレベーターホールと客室エリアを隔てたパーティーションがあり、そこもカードをかざさないと開かない仕組みになっていますので複数で泊まる場合はフロントで各自1枚、カードキーを作ってもらうことを忘れないでくださいね。

d0133225_21561654.jpg

扉をあけるとかなり奥行があるのがわかりますでしょうか??
d0133225_21573751.jpg

ドアをあけてすぐ右手が鏡台&クローゼット、スーツケース置き場。
しいて言えばもう少しスペースが欲しかったけど、ここにスーツケース3つを並べて、クローゼットに荷物は全部いれて使えます。鏡の横にドライヤーが入っている棚があるのですが、こちらも扉を開けるとちゃんとほかのものが収納できるようになっているのでお化粧品やらヘアケア用品やら入れておくのに便利♪
d0133225_2201736.jpg

クローゼットにはバスローブ完備。
d0133225_223199.jpg

つづいてベッドルームへ行く手前にバスルーム。
写真は撮っていないのですが、シャワーブースとは反対側にちゃんとバスタブもあります。バスルームだけでも結構広めですね。
なんと、アメニティは「AVEDA」でした。固形石鹸、シャンプー、リンス、シャワージェル、ボディローションがAVEDA。さらに体を洗うためのスポンジもある。・・・やるな、PJ.
実は、私、初めてソウルを訪れた時に泊まったのが改装前のこのホテル、「豊田ホテル(ぷんじょんほてる)」だったのです。当時は激安ツアーで使っているだけあって、設備は古めかしく、アメニティもショボく、部屋も館内も暗い印象でした。一昔前のリゾートホテルみたいな吹き抜けがあったし。でもソウルという場所にしては部屋が広々していたのとスタッフの対応がすごくよかったので、好印象だったんですよね~。

そして客室~。
d0133225_221049.jpg

わーい、トリプルでもエキストラベッドではないなんて素敵~♪
しかもベッドルームの手前は引き戸があって、玄関からの視線も遮れるし、バスルームからクローゼットへ行くときも、視線を気にすることなく遮れるようになってます。
そしてベッドルームの奥に見えるのが、「茶の間」(笑)
d0133225_22145971.jpg

どうです~??「どうぞ部屋で心行くまで話に花を咲かせてください」とばかりの佇まい・・・。夜な夜な「家飲み」もできてしまってよ。
床より2段ほど高くなっていて、靴やスリッパを脱いでくつろげるようになっています。足を延ばしてすわれるのでもっぱら夜や朝のだらだらタイムはここでコーヒーやらお茶をのみながらくつろいでいました。おまけに荷物を置くスペースとしても大活躍。女子旅のみなさん、このホテルのこのカテゴリー、イチオシですわよ(^^)
でも景観はいただけませんけどねー。
d0133225_22215089.jpg

立って遠くを眺めれば学校ビューなんですけど(笑)、この辺りは昔からある街で古い建物がつぎつぎ壊されているようなので眼下をみたら壊された無残な民家がゴロゴロ・・・。ちょっと引きます。。。
ちなみに「茶の間」からみた客室です。
d0133225_22245877.jpg

客室も明るくなって清潔で、思ったよりもずっと快適でした。
テレビもベッドルームと、この「茶の間」に2台あります。ウェルカムドリンクなどはなかったけれど、冷蔵庫にコンプリメントのミネラルウォーターと通常のティーセット、そのほかお菓子などを盛り付けるお皿などもあり・・・。
コーヒー用の各自違う色のマグカップ、お水用のグラス、さらにティーパックがあり、急須と湯呑茶碗&ソーサーもあってよかったです。あとはホテルのレストランでの食事の割引クーポン(アワビ粥1万ウォンが8000ウォン)とか、同じくカフェでのコーヒーが持ち帰りで2000ウォンになるチケットなどがありました。
このホテル、日本人の観光客がおおいからでしょうか?ホテルスタッフが非常にアットホームで、ハウスキーピングのおばちゃんたちからしてお客さまが通ると必ず「あんにょんはせよ~」とあいさつをし、ホテルスタッフはすれ違う時も必ず日本語であいさつし、(「おはようございます」とか「おかえりなさい」とか)ロビーで写真を撮っていれば、「ワタクシがとりましょうか?」っと声をかけてれます。
スタッフの感じがビジネスライクではなくて、温かみのある対応が多くて居心地がよかったです。^^

ちなみに書き忘れましたが、リノベーション前は確か大浴場だかサウナがホテル内にあったはずなんですけど、今回はなくなっていましたね。ま、明洞まで一駅なのでそこまでいけば汗蒸幕もありますから~。
[PR]

by magical_cat7 | 2012-03-20 21:53 | 韓国

ソウルから戻りました♪(2012.MAR16~MAR19)

d0133225_1642358.jpg

*******北村 韓屋*****

飽きもせず、またソウルへ遊びに行ってきました♪
今回は前々から「ソウル女子会したいね♪」っといっていた、同い年3名による「女子会INソウル」。
大学時代からのつるんでいるTちゃんは、なんと20年ぶりの渡韓。学生時代のゼミで韓国の学生と討論会をやって以来ぶりだそうです。もう一人は、サルサで知り合ってから何かと一緒に遊ぶようになったKりん。Kリンも久しぶりの韓国とのことで、今回は「観光・お買い物・食!そして尽きぬことなきおしゃべりタイム」ということでソウルに行ってまいりました。

さらに、ジュンスのミュージカルを観に、同タイミングで渡韓するという、ソウルではよく一緒に旅行するNちゃんも現地合流が決定~。

さらにさらに、女子会ではありましたが、ワタクシのカカオ友達の、日本語勉強中の大学生T君とも初対面というおまけつきでした^^

3/16(金)
NH1161便 早朝便にて羽田 ⇒ 金浦へ。
いつもANAのソウル線の機内食って、冷たくて固いサンドウィッチだったので食べないことが多いけど
今回は違った~!!
豚の角煮、ヒジキ、お蕎麦&卵豆腐、デザートはホイップクリームが添えられたミニ・どら焼き。
機内食が格段においしくなっておりました^^
しっかり機内食も食べたけど、こんなことなら出発前に空港で朝ごはんを食べるんじゃなかった・・・。

ソウル到着して、忠武路駅ちかくの「PJホテル」にチェックイン。ここ、すごく「あたり」でした!!!
T君とチャットしつつ、お決まりのホットックなどを買い食いしつつ、ホテル周辺ふらふらしているとアシアナ航空利用のKリン、到着。Kリンとコリアハウス、南山谷韓屋村などを一緒に歩いて観光。そうこうしているうちに、成田からのANA便でTちゃんも無事ホテル到着♪

3人そろったところでまずは明洞のコスメハンティング&もろもろのショッピングへ繰り出します。
夕食はいつものお店で「タッカンマリ」を食べた後、そのまま東大門市場でショッピング。
女性3人でのお買い物って、こんなに楽しかったのね~♪色違いのお揃いバッグも買っちゃいました^^
夜6時ぐらいから雨が降っちゃったけど、そんなに寒くもなくて、がっつり買い物したあとホテルへ戻ったのが夜中の1時半ぐらいでした。。寝たのは3時ぐらいですかね。。。。


3/17(土)
天気予報では「雨」とのことだったのでちょとブルーになりつつ、遅めに起きたのですが、
なんと予報とは正反対にお天気よし!気温、高し!
午前中は江南のアックジョンドンへ移動。カフェでお茶してふらふら歩きつつ、本日の昼食はKりんお勧めのお店でナッチポックム♪うまうま~♪
そこからのんびり歩きながらカロスキルへ。ここでもあれ可愛い、これ可愛いときゃっきゃしつつ、ソウルのトレンドを楽しみました。カフェでお茶した後は、「伝統工芸系のばらまき土産が欲しい」とのリクエストにより、そのまま3号線にのって仁寺洞へ。こちらもアイショッピングを楽しみつつ、ホテルへいったん戻り、T君と待ち合わせ。明洞で食事をしたあと、なんと彼がドライブ&夜景観賞に連れて行ってくれました♪
12時前にはホテルに戻ったものの、そのままコーヒー&お茶で女子3人のとめどないおしゃべりが続きます。。。

3/18(日)
ちょっと寒いけど、お天気は良好♪
早起きして、景福宮へ。その後、Tちゃんご希望の「牡蠣のクッパ」を食べに。
この日はTちゃんは夕方便帰国だったのでみんなで一緒にホテルへもどってTちゃんを見送ったのち、
私とKりんは「ロッテ・シティホテル・マポ」へ移動。
その後、梨大で有名な占いカフェへ行き、屋台買い食い&可愛い靴にまたきゃぴきゃぴ言いながら弘大へ移動。Nちゃんと合流して、今宵はデジカルビ♪
某有名カフェでお茶して、また夜の東大門に繰り出しました・・・・。懲りない。
真夜中はチムジルパンで冷えた体を温めます^^

3/19(月)
今回はサムソンの美術館「リアム」か、「国立中央博物館」へ行きたかったのに、月曜休館ってことをすっかり忘れて、行けず・・・(T T)
朝食兼昼食はホテル近所の孔徳市場の食堂で、パジョンとマンドック♪
午後はKリンが行ったことないとのことだったので北村地区を散策。
インチョン空港から帰国するKリンを見送りつつ、明洞でNちゃんと再合流。
「明洞餃子」で夕食をしたあと、それぞれのホテルに荷物をとりにいき、金浦空港にて再々合流&同じ便で帰国しました。
NH1166便 金浦 ⇒ 羽田へ

今回はかなりゆっくりの日程で、かなり大雑把な計画にも関わらず、急ぐことなくあちこちでたっぷり時間が取れた気がします。1日2食ペースでしたが、カフェだの屋台だので間食が多く・・・さらに夜更かししすぎで朝食は食べれませんでしたが、それでも食に関してはよく食べた♪
また韓国男子の細やかな心遣い(?)にも触れられて楽しかったです^^
いや~ほんと、マメだわ。滞在中は1回しか会わなかったけど、毎日カカオでメッセージは飛んできました。

韓国、まだまだ楽しいです^^
[PR]

by magical_cat7 | 2012-03-20 17:36 | 韓国

行ってきま〜す(^-^)

週末と、振替休日を利用して友達とソウル
でも、何故か、全員がバラバラのフライトで、現地集合、現地解散という、ゆる〜い旅です(笑)
[PR]

by magical_cat7 | 2012-03-16 08:21

マヨルカのビーチ@サ・カロブラ

こんばんは!最近仕事も落ち着いているので韓国語に親しむべく、毎日カカオトークにいそしんでいます。

ここ2週間ほど、私の勉強相手になってくれているのは釜山近郊在住の、優しいお兄さん♪朝・昼・晩・・・っとショートメッセージを飛ばしてくれ、ほとんど「彼氏か??」状態で密に(?)やり取りをしています。「おはよう」のあいさつから始まり、昼休みには「おいしくお昼ごはん食べてね!」とSMSが飛んできます。そして夜は1時間ぐらいチャットして、最後に「おやすみなさーい」。。。いや、いまだかつて、彼氏とだってこんなにチャットやメールをすることはなかったと思う。お兄さんが韓国語、私が日本語(ハングルを打つのに異常に時間がかかるため。)でのチャットとなるんですがこれが不思議と会話として成り立つから面白いです。、単語力不足で、私はたまにトンチンカンな受け答えをしていることももちろんありますが・・・・。

もう一人はソウル在住の大学生。日本語を勉強しているのでこちらも日本語と韓国語ないまぜのチャット。
彼は朝、通勤時間帯にちょっとやり取りをして、あとは週末に1時間ぐらいのチャットかな~。

今週末から「女子会INソウル♪」ってことでまたちょっと行く予定なんですけど、その前に終わらせたかった夏のスペイン旅行、まだまだおわらない・・・(--;)

今日はポルト・デ・ソイェールから、近くのビーチ、サ・カロブラへいきまーす!
d0133225_22595322.jpg

トラムを降りたらヨットハーバーのほうへ歩いていくとサ・カロブラ行きの遊覧船のチケットブースがあります。
遊覧船といっても往復の足になるので、まずはここで往復のチケットを。予約制なのでこの時点で復路の便も購入しないとなりません。往復で23€。
チケットをゲットしたら、しばし出航まで時間があるのでビーチ沿いのカフェで軽めの昼食タイムです。
スペインだけど、なぜかラザーニャ。。。
d0133225_2352437.jpg

さ、船がきたら、乗り込みますよ~。
d0133225_2361913.jpg

d0133225_2365626.jpg

船は何隻かあるみたいです。行きはこちらの白い船体の船でしたが、帰りはブルーの船でした。
内装などは大して変わりはありません。上の船内の写真はたぶん、帰りの船のほうだったと思います。
d0133225_239337.jpg

d0133225_23104753.jpg

往路は遊覧船といっても特に見どころらしい見どころは・・・。青い海見ているだけでも気持ちはいいですけどね~。9月半ばでも日差しはかなりきついので、サングラスと日焼け止めはくれぐれもお忘れなきよう。
ちなみにカサブロから戻ってくるときはこんな水の色のきれいな洞窟も行きます。
d0133225_2313380.jpg

遊覧船にのって約1時間。見えてきました~。小さな入り江のビーチです。
d0133225_2314143.jpg

ほんとに小さいビーチです^^
でも海水はすごく澄んでいてきれいでしたよ。比較的遠浅で、入り江のため、波もないのでぷかぷか浮いて遊んだり、シュノーケルで魚を見たりという楽しみ方かな。水温は低めです。
d0133225_23163924.jpg

d0133225_2317178.jpg

水面、きらきら~♪
こちらのビーチですが着替えるところはなく、周りを簡単に囲ってある一人分のスペースの脱衣所(?)らしきものと、真水のシャワーのみ。でもここ、上からは丸見えじゃん、って立地でした(笑)
まあ水着は最初から着ているから脱ぐのはいいとしても、水着から服に着替える時は苦労します。。。日差しはきついんだけど、水温もそんなに高くなくて、そよそよと風が吹いているので海から上がると体感温度は低く感じるし、日焼けは気になるし。小さいレストランは2軒ほどありましたが、「海の家」ってわけではないので、パラソルなんてものもなく、ビーチにいたら炎天下。岩場の影になっているところでしばし過ごしました(笑)

でもやっぱり落ち着かず、早々に着替えて、ちょっと高台にあるその小さなレストランへ避難。
海がよく見える日陰の席に陣取ってよく冷えたサングリアをいただいていました。
頬をなでる潮風も心地よく、店でかかるサルサも耳に心地よく~。
ほろ酔い気分で、本を読みながら、何とはなしに、のんびりと青い海を眺めているって至福のひとときですね。
d0133225_23361228.jpg

[PR]

by magical_cat7 | 2012-03-12 23:39 | スペイン

世界の車窓から@マヨルカ島 

こんばんは。3月というのに寒いですね。
この前、ちらっと日本語⇔韓国語の語学友達の件、意を決して某日韓交流サイトの掲示板に書き込んでみたら、ありがとうございます、20名以上の方がメッセージを飛ばしてくださいました。(^^)写真は掲載したものの、あえて年齢は入れなかったら上は50代の日本企業ソウル支店お勤めのオジサマから下は在韓・在日の大学生男子まで・・・。女性が一人しかメールくれなかったのがちと悲しく、一人を除いてすべて男性でした。で年齢が1年でも違えば使う言葉まで変わってしまう年功序列の韓国社会。。。当然「おいくつですか?」の質問の嵐なワケで・・・(^^;)素直に「19XX年生まれです」と答えたところ、大学生の男子たちからは「お姉さんですね♪」との返信が。よかったー、「アジュンマ(おばさん)ですね」って言われなくて~(^^;)

そんなこんなで、日本語メールは飛んでくるわ、返信した相手からハングルでKAKAOのチャットメッセージは飛んでくるわでこの土日はPCとスマホのダブル使いでずっとやり取りしていました。ちょっと疲れた~。

閑話休題。

9月のマヨルカ島ではレトロな木造列車に乗って、1DAYトリップを楽しんでみました♪

パルマ駅から電車にのってまずはソーイェルという町へ。
d0133225_21211098.jpg

夏の観光シーズンで混雑してましたが、10時ぐらいの便に予約なしで乗れました。チケットは駅窓口で買えますが窓口が3つくらいしかないのに人であふれてます。出発時間より余裕をもって早めに行くに越したことはないですね。パルマ~ソーイェル間は1日7往復。片道€10、往復€17です。
d0133225_21274482.jpg

街を抜けると郊外の工場地帯、そこを抜けるとこんな乾燥した平原が広がります。。。
これを抜けると今度はオリーブの畑、やがて山を越え、トンネルを抜けると今度はたわわに実ったレモン畑を抜けてソーイェルの街まで焼く1時間程度の列車の旅となります。
のんびりゴトゴト揺られて移り変わる景色を見るだけでもなごみますよ。ちなみにこちらの列車、1912年の開通当時からの車両がそのまま現役で走ってます!木製車両ってのもなんだか雰囲気があっていいですよね。
途中、バイヨールという町に停車し、その後はかなり山をのぼったところでソイェールの街を眼下にのぞみ、山々のパノラマを楽しめる展望台で10分ほど停車します。ここは写真タイムですね♪
d0133225_21314745.jpg

d0133225_2140013.jpg

d0133225_21405429.jpg

ここを過ぎると、トンネルと果樹園、家などが増えてきてこじんまりとしたソーイェルへ到着。
駅も素朴です。
d0133225_2143156.jpg

駅をおりたら、今度はトラムに乗り換えて、港町、ポルト・デ・ソーイェルを目指します♪トラムは列車に接続しているのでそんなに待たずに乗れますよ。チケットは特に買う必要はなく、車内清算でOK。
駅からトラム乗り場はすぐ近くです。目の前に観光案内所らしきものがありましたがパンフレットを置いているぐらいでした。不安な人はここで地図などもらっておくといいかもしれませんが、日本語版はありません。
d0133225_2149911.jpg


このトラム、進行方向に向かって左を陣取ってください!
市民バスのような役割もしているようなので、最初はのどかな街中&住宅街を走っていきますが、やがて海が見えてきます。一気にリゾートモード突入です。
d0133225_21524827.jpg

d0133225_21533725.jpg

「きゃ~、海だぁ~♪」っとはしゃいでいる間にポルト・デ・ソーイエル到着。ソーイェルからはわずか3キロ程度しか離れていないので所要時間は20分足らずだったかな~?こちらもおもちゃみたいな木製のレトロな作りの車両なので、可愛いです。
d0133225_21572032.jpg

さて、ではここでちょっと小休憩。トラムをおりたら、すぐビーチ&港です。
海辺には何軒かのレストランやカフェ、小型のホテルが立ち並び、ビーチ遊びに必要なグッズ(シュノーケルセットとか、バスタオルやビーチサンダルなど)を売るお店やお土産物屋さんなどが軒を連ねていて足りないものはここで調達。(えー、ビーチに遊びに行く予定だったのにタオル、忘れました・・・水着は着用してましたが・・・。)
ランチも海をみながらのんびりいただきましょう♪
d0133225_2205573.jpg

本日の目的地はここから遊覧船にて、小さな入り江にあるビーチ、サ・カロブラへ向かうのです(^^)
続きはまた次回~。
[PR]

by magical_cat7 | 2012-03-04 22:02 | スペイン
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31