人気ブログランキング |

<   2011年 10月 ( 6 )   > この月の画像一覧


またまたソウル♥

ママンと久しぶりの親子旅です(^-^)
成田空港でまさかのママン、パスポート忘れが発覚!
急いて引き返しつつ、父に途中まで届けてもらい、
ギリギリセーフでチェックイン!
は〜、いつもより早めに空港到着してて、若干余裕が
あったので助かった。。。
またまた珍道中になりそうです(^_^;)

by magical_cat7 | 2011-10-29 14:28 | 韓国

気が付けば・・・

10月も半ばぐらいから、徐々に仕事が忙しくなってまいりました。
今日も久々の、残業による午前様です。
来月はまだそんなでもないと思うけど、12月の声を聞く頃からまた馬車馬月間に突入です。
がっつり働いてまた旅費を稼がなくては(笑)

・・・・ということで、本格的に忙しくなる前に、明日からちょっとまたお出かけしてきます。
5時に起きられるかしら??このまま起きてたほうがいいのかな・・・・??

by magical_cat7 | 2011-10-29 01:35 | つれづれ

サグダラ・ファミリアを眺めながらのお昼ご飯!@レストランPICASSO

サグダラファミリアで午前中いっぱい時間を使ってしまったのでお腹がすいてきました。
特にアテもなかったので、ぷらぷらと周りを歩いてみます。んー、いい天気♪
さすが名だたる観光地なだけあって、周りには団体観光バスが乗りつけるような大型のお土産物屋さんからこじんまりしたお店までいろいろあります。
d0133225_11151679.jpg
d0133225_11154392.jpg
d0133225_1115568.jpg

ガウディの建築物を意識してなのか、やたらとカラフルなモザイクものが目に付きます。
ふと目に入ったレストランのネーミングに惹かれて、とりあえず、入ってみました。「レストラン ピカソ」
d0133225_11173833.jpg

お店の前にテラス席がいくつかあり、バッチリサグダラ・ファミリアが見渡せるテーブルも4テーブルほど。私が行った時は残念ながらファミリア・ビューのテーブルは全部うまってたので、ファミリアに背を向けるような席になってしまいましたが、まあ、いいか。
ちなみにファミリア・ビューの席から撮ってもらった写真がこちらです。
d0133225_11204885.jpg

なかなか良いでしょ~?新婚旅行と思われる日本人カップルにお願いしました(笑)
さて、この日のお昼ご飯。ちょっと遅めの時間だったのでお腹空いてたのよ~!!
d0133225_11222181.jpg

ハーフボトルのカヴァとタパス3皿、それとパン。ランチにしてはえらい量でしたが、パン意外は完食です。
d0133225_11243927.jpg

「パン・コン・トマテ」パンにニンニクとトマトをこすり付けてオリーブオイルが塗られたもの。カタルーニャ地方の定番メニューです。
d0133225_11265977.jpg

単なるフライドチキンと侮るなかれ。これがめちゃくちゃ美味しかった(^^)外側の皮は香ばしくぱりっと仕上がり、噛むとお肉は柔らかく、ジューシィ♪胃袋に余裕があったらもう一皿いきたかったほど・・・。
d0133225_11302157.jpg

これも美味しかったのよね~。「メヒリョーネス・マリネラ」。ムール貝をトマトソースであえて、蒸し焼きにした一皿でカタルーニャ料理の定番メニューらしい。
野菜が食べたかったので野菜を頼んだつもりが、野菜タップリのシーフードマリネでした(笑)
ええ、メニューをみたけど、タパスは最終的に店内のショーケースから選ばせてもらったものですから(笑)
d0133225_11325153.jpg

こちらも美味しかったです。ちゃんと野菜の味がする。シーフードも新鮮でした。
流石にコレだけ食べればお腹がいっぱいです。パンをやめて、もう一皿タパス頼めばよかったかも~。
お会計はチップ込みで30€。ランチにしてはかなりいいお値段ですが、そのうちの約1/3はカヴァの代金です。ハーフで10€するかしないかぐらいだったような気がする。。。やっぱり産地でもシュワシュワ系は普通のワインよりちょっぴりお高めなのね~。しかもフルボトルのほうがお得だったような気がする~。(笑)

by magical_cat7 | 2011-10-23 11:39 | スペイン

観光地へはツーリストバスに乗って♪①サグラダ・ファミリア

バルセロナ観光1日目はなんといってもここでしょう♪
d0133225_1926631.jpg

サグラダ・ファミリア。コレを見ずしてバルセロナに行ったら何のためにこんな遠くまで来たんだか・・・!

バルセロナ市内の観光には、市内の観光名所&主要スポットをめぐるツーリストバスがあるのでこちらの利用が便利だと思います。2種類の会社が運行しており、東ルート/西ルートの2方向がある赤車体の「バルセロナ・シティ・ツアーバス」と、赤・青・緑の3ルートを持つ「バルセロナ・バス・ツーリスティック」があります。ホテルのすぐ後ろが「バルセロナ・バス・ツーリスティック」のグリーンラインの停留所だったので、迷わずこちらを使いました。
d0133225_1932346.jpg

↑こっちがシティ・ツアーバス。ガイドブックによると1日券乗り降り自由で22€。
d0133225_1174149.jpg

d0133225_1933512.jpg

↑こっちが私が乗ったツーリスティックのバス。1日乗り降り自由(もちろん、ルート間の乗り継ぎもOK!)で23€でしたが、いろいろな観光地の割引クーポンブックなどが付いて、ホテルで購入したら21€でした。ホテルで購入すると地図やらクーポンブックやらがセットになったパックをわたされ、最初に2€だか4€だかをホテルに払い、その一式をバス乗車の際に見せながら残金を払うシステム・・・だったような気がする。。。。

どちらのバスもオープントップバスだから見晴らしは最高~!(ただし、陽射しが強いので女子は日焼け止めMUST!)イヤホンガイドも日本語がちゃんとあるので乗ってるだけでも楽しめます。

ただでさえ土地勘がない初めての場所なので、最初は街の全容をつかむためにも観光地で降りることなく乗って一巡するのも良いですね。大体5分間隔ぐらいで運行されていて1周2時間ぐらいなので時間に余裕があるならぜひ1周されることをお薦めします。地区ごとに雰囲気も違うし、一通りの名所は回るから旅行気分が盛り上がります。

さてさて、サグラダ・ファミリア。完成するのは26年後だそうな。
d0133225_19402356.jpg

「栄光のファサード」。彫刻が壮麗で、いくら見ても見飽きません。
こちらが教会の正面入口になりますが、実際こちらから入るのは団体バスツアーのツアー客だけ。一般の個人旅行者はこの逆側の「受難のファザード」側にチケットブースやらイヤホンガイドがあるのでそこから入ります。ちなみに日本人観光客が多いのに、イヤホンガイドに日本語はありません。仕方なく英語版をかりましたが30分で集中力は途切れました(^^;)そうそう、個人で行く方は入場券を買う時に必ずエレベータのチケットも買ったほうが良いです。ここでエレベーターの時間を予約したものを買って、予約時間前までに内部や地下の博物館を観光するのがベスト。エレベーターのチケットはディズニーランドのファスト・パスみたいなもんで、空いている時はいいけれど、込んでいるときは予約時間に行けば並ばず乗れます♪
ちょっとおどろおどろしい(?)外見イメージとは裏腹に、内部はすごく清らかな雰囲気です。
d0133225_19464153.jpg

天井が高く、ステンドグラスからは光が注ぎ、明るく清清しいのです。「森の中にいるイメージ」で製作された、とのことでしたがまさにそんな感じ。あまりキリスト教の教会は好きではないのですがココは佇んでいるだけで気持ちが良いです。
天井にはこんな意匠も施されていました。
d0133225_1949313.jpg

教会内部にちりばめられたデザインを見ていくだけでも楽しいところです。(^^)
エレベーターに乗って鐘楼に上がってみました。
階段でも鐘楼へ上がれるようなことをガイドブックには書いてありましたが私が行った時は階段は閉鎖されててエレベーターでのみあがるような感じでしたね。点検中だったのかな?
d0133225_19512885.jpg

d0133225_19515227.jpg

かなりの高さですので、高所恐怖症のかたはご注意ください。
バルセロナの街が一望。方角を変えると、バルセロナのもうひとつのランドマーク、トラ・アクバルとその向こうに地中海がみえます。この近未来的なデザインのトラ・アクバルはなんとバルセロナ水道局のオフィスビルだそう。

地上階から階段で行く地下には博物館もございます。
d0133225_19564232.jpg

ガウディが残した設計図や模型を元に、いまなお作業がつづいている現在と、過去の歴史がみれてここもなかなか面白いです。

英語ガイドをききながら、写真をとりながら、ゆっくりステンドグラスや彫刻を見ているとゆうに3時間はかかりますね~。教会自体はおもったよりこじんまりしていたんですが見るものが沢山あるし、なんとなく居心地がよくて長居してしまいました。

バルセロナ観光はまだまだ続きます(^^)

by magical_cat7 | 2011-10-16 20:00 | スペイン

乗ってみた!初LCC(ローコストキャリア)体験@ブエリング航空

バルセロナとマヨルカの2箇所のみの滞在、と決めていたし、日本からスペインへの直行便は2011年現在の時点で就航していないということもあって、ヨーロッパのどこかを経由してマヨルカIN/バルセロナOUT(もしくはその逆パターン)でいけないかとあれこれ調べてみたのですが、マヨルカを絡めると価格が跳ね上がることが発覚。「ヨーロッパ主要都市」の範疇には入らないのでいわゆる各国フラッグキャリアのヨーロッパ系航空会社では追加代金がかかってしまうんですね~。

ならば・・・・!ヨーロッパ国内なんてLCC先進国のはず!とりあえずバルセロナIN/OUTでチケット押さえてあとはLCCのHPをあたるか、ということでたどり着いたのが、現在はイベリア航空の子会社となっているブエリング航空でした。ブエリング航空のほかにも、バルセロナーマヨルカ間のLCCはライアンエアーなどほかにもあるのですが、LCCによってはバルセロナの国際空港であるプラット空港の発着ではなくてそこから数十キロ以上はなれた地方空港を使う場合もあるとのこと。そうなるといくら航空運賃が安くても空港までの交通費がバカになりませんからね~。

ブエリングなら間違いなくプラット空港なので、とりあえずHPで早速予約♪
バルセロナーパルマ・デ・マヨルカ間は片道約50分程度の飛行距離。
安い・・・・!早朝からわりと夜遅くまでフライト時間も選べます。一番安い早朝便(7時ぐらいにバルセロナ発)だと、なんとお値段税込みで片道約19ユーロ!・・・マジですか?

私、あんまり早朝便もなんなんで、往路はバルセロナ10:20発/復路はマヨルカ18:50発という組み合わせにしたところ、税込み片道約29ユーロ、往復でも約58ユーロというお値段。HPは英語版もあるのでサクサク予約に進みます。進みます・・・が!!ここからがさすがLCCというか、だからこの値段でも飛ばせるのね~、というからくりが。

まず持ち込み手荷物は10キロ・55*40*20cmまでは無料。スーツケースを積み込む場合、片道につき10ユーロが必要。29ユーロなのに、機内預かり荷物で10ユーロってどうなんよ??ちなみにこの10ユーロもネットであらかじめ申告&支払いしておくと片道8ユーロに割引になります。そのほかにも事前座席指定で何ユーロとか、一切変更がきかない、購入後は100%キャンセルチャージがかかるとか、当日便が変更になった場合や便を変更したくなった時のための保険代で何ユーロとか、実に様々なオプションが用意されておりました(笑)
さらにHPからクレジットカード購入しているので、カード手数料も別途発生。これもカード会社によって値段が違ってて、一番高かったのはアメックスでした。

一応、事前座席指定もどうでもよかったので、何度もコンピューターが聞いてくる「いいんですね?いらないんですね?」に「要らん!」っとキーボードを叩きつつ、スーツケース1個の料金だけ追加でいれて税込みトータル金額が85.48ユーロ。内訳は

Fare Price: 22.83 EUR
1 Credit card fee: 9.50 EUR
1 Suitcases (Round Trip): 16.00 EUR
Taxes: 37.15 EUR
TOTAL PRICE 85.48 EUR

だそうです。・・・・なんかさー、往復の純粋な運賃よりタックスやその他諸経費のほうが高いってどうよ??純粋に運賃だけで考えたら2500円ぐらいよ、往復で。恐ろしい。。。

ま、そんなこんなで無事予約&決済をし、1週間前からWEBチェックインもできるとのことでチェックインしてボーディングパスをプリントアウトし、当日空港へと向かいました。WEBチェックイン時の座席指定は料金はかかりません。
d0133225_224852.jpg

WEBチェックインやモバイルチェックイン済みの場合、荷物を預けないのなら、そのまま保安検査場を通って出発ゲートまで進んでOKです。荷物を預ける人は一旦カウンターへいって荷物を預けます。
で、なぜかそのとき、プリントアウトしたボーディングパスを回収して、ふたたびボーディングパスが渡されました。もし座席で希望のところに空きがあるようならこのとき交渉すれば座席変更も可能なようです。
d0133225_2283666.jpg

ブエリングのコーポレートカラーは明るい黄色のようですね^^
さて、ここでなにか気が付きませんか?ふつう、ボーディングパスには出発のゲートNOが印字されますよねぇ?ターミナル内のエリア名しか印字されないんですよ。プラット空港ってかなり大きくて、ターミナル1もエリアがA~Dまであるのに。ま、エリアへ行って、あとはいたるところにあるモニターでゲートは確認しろってことらしいです。よくゲートも変更されるようなのでこの方が合理的なんでしょうね。言葉わからない外国人もわんさかいるし。
d0133225_22114779.jpg

言葉、といえばスペインも郷土色が強いお国柄。外国人の私達は「スペイン」と何の気なしにひとくくりに呼んでいますが、実際はカステーリャ人、ガリシア人、バスク人、そしてバルセロナのあるカタルーニャはカタルーニャ人と人種も違えば言葉も違うんです。よってもって、共通語はカステーリャ語である通称スペイン語ですが、町なかもどこもかも、実際に使われているのはカタルーニャ語。空港内の案内掲示板もアナウンスも、スペイン語・カタルーニャ語・英語の3つですべて記載&放送されておりました。

いよいよこれが搭乗するブエリング。ちっちゃい。
d0133225_2217480.jpg

こんなに運賃が安くて、どんなにボロい機体なのか、っと一抹の不安を感じていましたが、中はとっても綺麗でした♪
d0133225_22182650.jpg

当然のことながらドリンクサービスなども一切なく、座席のポケットにはメニューが入ってます。写真撮りそびれちゃったので値段は覚えてませんが、飲み物やサンドイッチのような軽食など、意外にバリエーションは多く、お値段もそんなに高くなかったように記憶してます。

飛行時間も実際は30分程度で到着。50分というスケジュール上の時間はスポットを離れてからスポット到着時間のようですね(^^)

今回は往復ともに定時運行で、フライトキャンセルもなく、座席も問題ありませんでしたが、実は私が旅立つ数日前にブエリングを使ってイビサ島入りした友人の話によると、予定していた搭乗便がスケジュールチェンジで5時間遅れの出発だったとのこと。。。。安全面では大丈夫でしょうが、フライトキャンセルやスケジュールチェンジはLCCでは充分ありえること、と自覚して間違っても日本への国際線への同日乗り継ぎなどには使わない方が賢明でしょう。。。。

とはいえ、スペイン国内はおろかヨーロッパ近隣に広く路線をもつブエリングはなかなか使えると思います。移動時間をとられたくない場合などはやっぱり飛行機は楽ですしね♪使い方によっては値段も長距離バスより、AVEより安い。でも時間がタップリある旅ができるなら、やっぱり車窓をながめながら移動したいんですけどね・・・・。

ブエリングのHPはこちらです。 ブエリング航空

by magical_cat7 | 2011-10-09 22:30 | スペイン

バルセロナのお宿@バルセロナ・プリンセス

お天気の良い三連休、いかがお過ごしでしょうか?8月からずっと、遊び歩いていて家にいることのない週末を過ごしていたのでこの3連休は基本お家でノンビリ予定のマジカルです。・・・とはいっても韓国語の授業とか、夜のお食事会とかはあるんですけどね~。

今日は忘れないうちに、バルセロナで宿泊したホテルのご紹介~。
バルセロナの観光基点としてはカタルーニャ広場が便利なのでその周辺に多々あるヨーロピアンタイプのホテルも探してみたのですが、雰囲気はよくてもあんまり開放的ではなさそうだったので、思い切って海の見えるエリアにして見ました。

今回の予算は1泊15000円上限で4星ぐらい、どちらかというとリゾートホテルタイプで、部屋は30㎡以上、プールがあって、なおかつ地下鉄駅近くがマスト!・・・・って好きなだけ条件挙げてネットで探しまくったところありましたよ~、「バルセロナ・プリンセス」。

地下鉄4号線のEL MARESME FORUM駅から徒歩1分、大型ショッピングセンター隣接。オマケにバルセロナ市内をめぐる観光シティバスの停留所もホテルの真裏にあるという好立地。マリーナのあるバルセネロータへは地下鉄で10分程度(ここからランブラス通りまでは徒歩圏内なのでお散歩がてら歩くのが楽しい♪)、バルセロナ中心部の観光エリアまでも地下鉄20分~30分程度とうってつけ~。

では早速お部屋から♪ドアから入ったところ。夜の画像なのでかなり暗めですかね。。。
d0133225_174398.jpg

で、逆側の窓側から撮った写真。
d0133225_17445476.jpg

照明はやや暗めですが、特に問題なし。カーテンはなくて2重の電動ブラインドです。
オレンジ色がアクセントの室内はスタイリッシュな感じですが落ち着けます。
水周り&アメニティ。
d0133225_17472567.jpg

d0133225_17481046.jpg

バスルームにはバスタブはなし。トイレ・シャワールームは別々になっていて、それぞれ摺りガラスのドアがあります。シャワーは3つついていて、向日葵シャワー・ハンドシャワー・あとなんと言うのかわからないけど4箇所からお湯が出るタイプを切り替えて使えます。
いわゆる水周りスペースとベッドルームはガラスの板とドアで仕切られておりますが、大きなガラスの仕切りも電動のブラインドが下りてくるので2名以上で使う場合も心配はありません。私は一人ですから常にこの状態だったので圧迫感もなく過ごしました。
d0133225_17523930.jpg

デスクの上はこんなペンダントライトが。
薄型テレビがはめ込まれた棚もものがいろいろ置けるようになっていたり引き出しも多いので収納スペースはかなり余裕あり。家具類は高級感&重厚感はありませんが、こんなもんでしょう。。。狭い部屋に重厚感ある家具も困るし。
ちなみに東向きのお部屋だったので、朝はこんな感じです。
d0133225_17554133.jpg

きらめく地中海~。
・・・なんですが、これちょっとトリックがありまして(^^;)お部屋のブラインドは全開にできないのね。。。
1枚ガラスがはめ込まれていて、遮光用のブラインドは全開にできるんだけど、手前のブラインドは光を入れることはできても左右のどちらか、あるいは上に開ききることができなくて、ブラインドの隙間からカメラで撮ったものなんです。。ちなみに窓はけっこう潮で汚れてます(笑)あーこれで全開できれば開放感もバッチリなんだけど、ココだけが残念だわ~。
9月半ばのバルセロナは朝が7時過ぎないと明るくならなくて、遮光用のブラインドは上げっぱなし、手前のブラインドも適度に光が入るようにして眠ると、ちょうど水平線から昇る朝日の光で目が覚めます。気持ちよかったよ。赤い太陽がゆっくり昇ってくる様は夕焼けとは違う美しさがありますね。

ココのホテル、23Fと3Fにプールがあります。
d0133225_1832469.jpg

23Fのプールは細長くて、見晴らしもいいけどチェアが10ぐらいしかなくて朝行ったときには満席~。
やもなく3FのSPA&フィットネスフロアへ。
d0133225_1845195.jpg

23Fよりチョイ広め。マリオットホテルのビルがちょっと邪魔。ビルの合間のプールって感じです。23Fの混みっぷりがウソのようで、ここには私のほかに女性一人しかいなかったので午前中いっぱい、ここで日光浴しながらノンビリ本を読んで寛いでました。
プールバー(?)というか軽食も取れるレストランも隣接されているのでま、ここで飲み物頼んだり軽食つまんだりしてまったり過ごすこともできます。

続いて朝食会場。1F(日本の感覚だと2F)にあって明るいです。
d0133225_18245319.jpg

ここの朝食、もともと美味しくて評判がいいのですけど、ホントに美味しかった!肉もチーズもシリアルもパンも種類がとにかく豊富で、おまけに野菜もサラダバーのほかに温野菜の種類もタップリあるし、フルーツも種類が多いし、キッシュも何種類かあってどれも美味しかったです。朝食付きプランではなかったので、別に頼んだのですが19ユーロぐらい。朝食重視の方が、ゆっくり時間をかけて朝食とるには最高です。
d0133225_18254370.jpg

d0133225_1826731.jpg

多分4泊して4回ここで朝ごはんを食べても飽きないであろうと思われる種類の多さとボリュームです。
しかしながら!ここはスペイン、食の都。夕食のスタートが夜8時半ぐらい(9月の日没がコレぐらいだった)、ボリュームタップリの夕食&ワインなんぞをそんな遅い時間から食べ始めたら、とてもじゃありませんが翌朝にがっつり朝食なんて入りません~(悲)そして朝からこんなにガッツリ食べてしまったら、昼食が入りません~・・・・ってことで私の場合、初日だけここでガッツリご飯をいただき(諸事情により前日の夕飯をくいっぱぐれたのでね☆この日はVIVA!朝ごはん!って感じでした♪)、翌朝からはホテルの近くのカフェでジュースとコーヒーとクロワッサン、といったきわめてシンプル朝食になったのでした。

最後にこちらのホテルのロビー。やっぱりアクセントとして使われているテーマカラーはオレンジでした。
d0133225_1837245.jpg

d0133225_18372190.jpg


by magical_cat7 | 2011-10-08 18:33 | スペイン
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31