<   2010年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧


香港ノスタルジー② 調景嶺

d0133225_22402111.jpg

今は亡き英国領香港の面影。中国返還ともに失われた村。
「調景嶺」と言う名の村をご存知でしょうか?
英国のユニオンジャックではなくて、台湾の晴天白日旗がいたるところにはためく村。
もうタイトルはすっかり忘れてしまったのだけれど、1980年代後半~90年始めごろのアンディ・ラウの映画の舞台になっていて、どうしてもそこへ行きたくて。もちろん、ロケ地めぐりとかそんなものではなく、この頃、香港という国とも地域ともいえぬ不思議な土地と空間に凄く興味があって、私、香港社会学を学んでおりました。香港に存在しながらも香港ではない、といわれる土地に興味があったの。そしてそんな場所がある、っと知ったのがその映画だったわけですよ。

中国内線時代に敗れた国民党の主力は台湾へ行き、中華民国をたちあげるわけだけれど、香港には国民党の軍隊がのこっていて、その残党が落人の村として形成したコミュニティがここ、「調景嶺」なのです。1960年以前までは台湾政府のバックアップをうけた治外法権エリアでもありましたが、その後、治外法権はなくなり、英国領香港の一部となりました。

今、2010年版の香港の地下鉄路線図を見るとたしかにここにも「調景嶺」という地下鉄の駅ができているのだけれど、93年にはそんなものなどなくて、不便な、ちょっと隔離された感じのする場所でした。

香港人の友人に聞いても「場所すら知らん。」と言われるし、ガイドブックにはもちろんないし。地図でみても場所だけは確認できるけれどたどり着く術が記載されていない(^^;)

この場所の記載があった英語文献(これもさー、漢字表記があれば一発でわかるのに、普通話の発音で英語表記だからこれを広東語に当てはめるのが大変だった・・・てか見当つかなかった・・^^)を手がかりに、道行く人にききながら路線バスのりついてたどりついた記憶があります。

d0133225_23579.jpg


本当に小さな村で、香港の中心部からくると歴史に取り残されてしまったような村でした。
平日の昼下がりにたどりついたのだけれど、香港なのか?とおもうほど時間の流れもゆるやかで静か。喧騒とは無縁です。
家々の軒先には年老いた老婆や翁が座り、交わされる言葉は広東語とは違う、北京語(普通話)。開け放たれたドアの奥ではマージャンに興じているらしく麻雀パイを混ぜるじゃらじゃらと言う音が微かに響いてきます。暖かい冬の陽射しに、廟でたいているのか、自宅のお供えなのか、お線香の香りと杏のような香油の香りが漂ってきます。

この頃の香港はもちろん、通常話される言葉は広東語でしたが、かなりの人に英語が通じたものです。ですがこの村では英語はまったく通じず、普通話が通じました。台湾政府のバックアップはなくなっていたといっても元・国民党関係者がおおかったようですね。

既に返還は決まっていたので、この村の行く先は再開発と言う名の取り壊しがきまっていたのですが。。。
d0133225_23135290.jpg

現代史の一端というのか、ひとつの歴史の終わりというのか、傍観者として見ている自分にいたたまれなさを感じてしまいました。
d0133225_2319749.jpg

帰りは思いのほかスムーズに。
「香港島にかえりたいんだけど、帰り道がわからない・・・」と歩いているおばちゃんに声をかけたところ、「丁度行くから一緒にいきましょう」と連れて行ってもらいました(^^;)港からフェリーにのって、たしか西湾河あたりに出たんだと思う。でもって港の目の前には地下鉄の入り口・・・。
港からフェリーにのれば、案外簡単に中心地へ帰れたのね・・・。ミニバス乗り継いだ往路はいったいなんだったんだ・・・。

その後、この場所へは訪れていませんが、今はどんな風にかわったのか・・・?
↑の湾も埋め立てられ、あの香港特有の高層アパート群に変っているのでしょうか・・・・・?
[PR]

by magical_cat7 | 2010-05-30 23:28 | マカオ・香港

香港ノスタルジー①

ヨンハの主演ドラマが決まりました~♪なんと、1990年代の香港映画の名作、「甜蜜蜜(日本語タイトル:ラブソング)」のリメイク版のドラマを韓国で作るそうな♪「冬ソナ」の脚本家&PDってことなので画像の美しさや音楽の使い方はきっと素敵なハズ。久々のメロドラマも、20代の演技とちがった演技&色気で素敵なヨンハが見れるはず・・・!!・・・と思っているのだけど、実はこの映画では男性の主役のレオン・ライよりも、女性の主役のマギー・チャンがすごく良かったのと、ヤクザ役のエリック・ツァンがちょっとお茶目で懐の広い男を好演していたので、正直レオンライのやってた役の印象があんまりない・・・(笑)婚約者と同じブレスレットをマギー・チャン演じる女性にプレゼントしたりと無神経&不器用この上ない役だったような気が・・・(笑)まあ、今見直せば違う見方もあるのかもしれませんが、この映画みたの、まだ20代前半の時期だったのでね。男の人への見方が厳しかったのよ、たぶん。そんでもってこの時、テレサ・テンのあまりに美しい歌声にハートをわしづかみにされました☆日本語で歌うより、数倍、声がいい。北京語(普通話)の響きも・・・。

てなわけで前置きが長くなりましたが、90年代、香港映画にはまっていた自分の青春を振り返りつつ、懐かしさに浸っていたらアルバムからでてきました。
d0133225_2120511.jpg

いまもこの風景は見ることができるのでしょうか?

1993年の香港仔(アバディーン)ですが、もうこの頃にはだいぶ、香港の水上生活者(蛋民)は減っていました。

80年代までは油麻地、銅鑼湾あたりにもいたようですが、香港の中国返還が決まり、本格的な水上生活者の陸地への移住政策を香港政府が決めてから、油麻地、銅鑼湾はもちろん、一番数がおおいとされている香港仔でも水上生活者が激減したと聞いています。
もちろん、香港社会のなかで彼らの社会的地位は低く・・・。自由やお金をもとめて中国から国境を越えてきた中国人と結婚をした人もかなりおり、陸上に上がってしまうと不法滞在がばれてしまうとのことで陸上移住政策への反対派も多かったそうです。
d0133225_2140068.jpg

あれから既に15年以上の月日が流れていますが、この子供たちはどんなふうに成長したのでしょう?海の上でまだ生活しているかな。。。
[PR]

by magical_cat7 | 2010-05-29 21:43 | マカオ・香港

恐竜大好き♪

爬虫類はちと苦手ですが、恐竜となれば話は別です!
子供の頃から何故か恐竜が大好きで飽きずに何時間でも図鑑を眺めておりました。幼少期は映画「のび太と恐竜」(1980年のオリジナルのほうです^^。2006年のリメイク版ではありませーん☆)に涙し、ティーンエイジャーの時は「遠い海から来たCOO」を何度も読み返し。。。。

2009年にたまたま機会にめぐまれ、行きたかった念願の福井県は勝山にある、「福井県立恐竜博物館」に行ってきました!
d0133225_2048591.jpg

          (上記外観画像は福井県立恐竜博物館HPよりおかりしました)

日本各地で恐竜の化石は出土していますが何しろ福井ってところは「フクイザウルス」「フクイラプトル」という恐竜の化石が出土した場所で恐竜王国と呼ばれるほど♪(正確に言うと、恐竜の完全骨格が出土して、さらにそれが新種の恐竜だってことで上記2つの名前がつけられました。)
施設自体はかなり大きくて大人から子供まで楽しめるつくりになっています。骨格標本や復元模型はもとおり、凝ったつくりになっているジオラマや巨大スクリーンで繰り広げられる草食恐竜と肉食恐竜のバトルなどのほか、ガラス越しにはなるけれど、化石のクリーニングルームの見学や「ダイノラボ」という化石をじっさいに触ったり、ティラノの骨格標本をいろいろな角度から間近に見ることができる場所があったり・・・。研究機関も兼ねているのでかなり見ごたえもございます。
d0133225_20583939.jpg

こんな風に左右にアンモナイトの化石などが飾ってある通路歩いていくだけで古代世界へタイムスリップしますね♪そして開けたところには骨格標本の数々!
d0133225_2164629.jpg

d0133225_217194.jpg

骨格標本は30体以上ありますが、本当に本物の骨(実物骨格)でつくられているのは数体です。ほかは実物骨格ではありませんが、見た目はほとんどわからないんじゃないかな?数体といえど、完全な実物骨格の標本がこれだけあるってのは凄いことです。
骨格標本を見せる隣のコーナーには「恐竜の生活」という復元模型で作ったコーナーが。解明されているOR一部想像も含む恐竜の生態をみせてくれます。こんな可愛いのもありました。
d0133225_21125063.jpg

動くのよ。声も出るのよ。学芸員の方とお話しする機会があって聞いてみたところ、やはり「声」は想像でしかないとのこと。さらに面白かったのは復元されている恐竜の皮膚の色も解明されているわけではなくて、あくまでも想像のものなんですって。なんとなく象みたいな皮膚を想像するけれど、あくまでも想像レベルで、ひょとしたら恐竜の皮膚は緑だったり、真っ黒だったり、はたまた赤茶色っぽかったりと解らないことだらけなんだそうです。
中国四川省の恐竜というコーナーがあって、ここでは主に翼竜が展示されてました。
d0133225_21215656.jpg

四川省も恐竜の化石が数多く出ている場所だそうです。
ちなみに始祖鳥というやつもいますが、あれは鳥であって恐竜ではないといわれています。羽毛もあるしね。
でも最近はいろいろな化石がみつかって始祖鳥にもいろいろ種類があったり、顎の骨格から翼竜との進化の関連性がでてきたりとやっぱりまだまだ解らないことが多いそうです。そこが面白いんですけどね。

ミュージアムショップにもマニア垂涎のこだわりグッズが・・・♪
d0133225_21302232.jpg


かなり立派な施設、かつ単なる箱物に終わっていない見ごたえある展示内容なのに入場代金@500円/大人。えー、1000円ぐらい取っても大丈夫だよ~、って思います。
レンタカーなしではちと交通が不便かもしれませんが福井に行ったら是非行っていただきたいスポットです!
[PR]

by magical_cat7 | 2010-05-23 21:27 | 北陸

夏の風物詩 大洲 肱川の鵜飼

ここのところは特にお外(海外)へのお出かけもなく、国内出張もなく。仕事も忙しいシーズンにはいったのでブログ更新はのんびりやってます。
でもね・・・・!!6月からはヨンハの全国コンサートツアーと共に私の全国ツアーも始まり(笑。ええ、全てではないですけど地方遠征もしますわよ~♪)、合間を縫って夏休みにも突入☆6月後半~9月アタマにかけてはちょこちょこ出歩くことが増えそうです053.gifあ~楽しみ♪(^^)夏の旅行は今回は珍しくバリではなくてちょっと遠出する予定。ただ今情報収集にいそしんでいます。

とはいえ、日本の夏もいいものですよね!
08年になりますが、鵜飼のシーズンに宇和島・大洲への出張があったので、鵜飼も見物してきました♪
d0133225_13405842.jpg

夕暮れ時、ようやく強烈な日差しもやわらいで涼しくなってきた頃、屋形船に乗り込みのんびりと肱川を下ります。お弁当を食べながら川面にそよそよと吹く風が気持ちよく、ゆったりした気分が最高。暑かった日の夏の夕暮れ時のこの時間ってなんでこんなに気持ちがよいのかしら?ビール片手だとなお最高かもしれない(笑)

辺りが夜の闇に包まれる頃、気がつけば自分達以外の屋形船がいくつも川に浮いています。やがて、鵜匠の乗った鵜飼船が夜目にも鮮やかなオレンジ色の松明を灯して登場。
d0133225_13482360.jpg

鵜匠が巧みな綱捌きで鵜を操り、鮎を飲み込んだ鵜を船に揚げては魚を取りだし、また川へ戻していく。。。肱川の鵜飼見物は鵜飼船と見物客を乗せた屋形船が併走して川を下っていくので、間近に鵜匠の姿や鵜の様子が見れるのが一番の特徴ですね。それに船頭さんの解説がつき、鵜飼船に近づいた時は、鵜がとった鮎をこちらの船に投げて見せてくれたり、鵜が飲み込んだ鮎取り出して見せたり、にご褒美として魚を与えるところもしっかり見れるところかな。鵜だってせっかく捕まえた魚を自分が一匹も食べられないのではかわいそうですものね~。
d0133225_13564766.jpg

鵜のほうも自分の役割をちゃんとわかっているようで、鵜匠との連携プレーはバッチリでした。
ちなみにこちらの肱川の鵜飼は日本三大鵜飼に数えられ(あと2つは岐阜県の長良川、大分県の三隈川ね)ており、シーズンは6月ー9月になりますので道後温泉辺りにご旅行される方は大洲までちょっと足を伸ばしてみてはいかがでしょう?松山からJRの特急で30分~40分、車で1時間ぐらいの場所です。
[PR]

by magical_cat7 | 2010-05-16 14:03 | 四国

隠岐島 2

隠岐島といえば新鮮な魚介類♪刺身盛り合わせから始まり、豪快なBBQ、和食はもちろん、創作料理、洋風なところではブイヤベースも凄く美味でお手頃なお値段で楽しめます♪

そんな中でも素朴だけど、隠岐らしくていいな、と思ったのが本土へ向かう船の中でいただいたお弁当。(島後で買ってから乗り込みます。船のなかでは購入できませんのでご注意ください)
d0133225_12114912.jpg

竹の皮につつまれた「隠岐弁当」。色鮮やかな「ひおうぎ貝」の煮物やサザエご飯などなど隠岐の恵みが詰まったお弁当です。隠岐ではこれからの季節、「サザエ」や「岩牡蠣」もお薦めですが、「白バイ貝」と「ひおうぎ貝」なども美味しいですよ~。(ちなみに夏にシーズンを迎える隠岐の岩牡蠣は軽くボイルしたぐらいが甘みが強まり、ふくよかな香りもして美味しいですよ!)
d0133225_1219227.jpg

色つきの「ホタテ」じゃありません、って(笑)これが、「ひおうぎ貝」なんですが、色鮮やかな紫やオレンジ、黄色やピンクなんかがあって見た目も色鮮やかで綺麗。色はもちろん、天然です。初めて見たときには私も「ん?ホタテ、染めた??」って思いましたけど(笑)煮物やソテーにして出てくることがおおいかな?
d0133225_1223453.jpg

食べかけですみません(^^;)こちらの炊き込みご飯も味がしみてて美味しい~。磯の香りと噛めば噛むほどサザエも美味しいの~。
おかずはこちらです。美味しかったのは覚えているんですが、詳細が不明。。。
d0133225_12272078.jpg

ひおうぎ貝の煮物と、野菜と、山菜のてんぷらと・・・酢の物。いずれも隠岐食材にこだわったものだったと記憶してます。

しなみに隠岐~本土(境港)を結ぶフェリーも、やっぱり鬼太郎プリントだった(^^)
d0133225_12344193.jpg

[PR]

by magical_cat7 | 2010-05-05 12:36 | 山陰・山陽
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31