<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧


この鐘を鳴らすのは私♪ タンジュンサリ 客室編

d0133225_20151783.jpg

    ***ゲスト到着時に鳴らされるレセプションの鐘・・いや、ドラ***

「サヌールってこじんまりしていて便利で居心地よいんだけど、ホテルが古くて、暗くて、そのくせ値段が高くてイマイチ」・・・とボヤいていた数年前。ここ数年でこのエリアもホテルのリノベはもちろん、キレイで広くて、明るくてお値段も手頃~というアコモも増えてきました。そんな中で、なぜ、このサヌールの、あえての老舗を選んだのか・・・?「デヴィ夫人も、オノ・ヨーコも顧客だしな~、一度泊まっとくか~。」ということでブッキング。
・・・ウソです。日ごろから様々な情報をもたらしてくださるバリブロガーの皆様が、なぜか昨年あたりから皆様、こぞてタンジュンサリへ。そしてそのブログを拝見した私も「いや~ん、可愛い!泊まりたーい♪」というミーハー的な気持ちからチョイスしました☆

宿泊したのは一番下のカテゴリー、しかもまだリノベ前のお部屋。「古きよきタンジュンサリ」の香りたっぷりなのでしょうか?タンジュンサリ(以下、TS)についてはどの客室もすべて1部屋・1部屋が独立したバンガロータイプとなっており、一番お安いお部屋といえどもお庭とバレが付いてます。

私のお部屋はこんなにこじんまりと可愛らしいバンガロー。
d0133225_2025528.jpg

滞在中はここにいることが多かった、まったり読書&お昼寝タイムを過ごすバレ。
d0133225_20263021.jpg

そしてTSといえば、楽しみの一つに、通称「ドンデス札」。「Don't disturb」の札が各部屋異なるイラストで可愛いの~。私のお部屋のドンデス札は招き猫ダック、アヒルさんでした!
d0133225_20282262.jpg

ではお部屋の中へ。
こじんまりしているものの、家具の配置のせいか、はたまた天井が高いからか広く感じました。収納もばっちりです。テレビはなかったと思います。あんまり重要視してないので気に留めてなかったのかもしれない。
窓もベッドルームは基本1面だけからの採光だったけど、自分の部屋のお庭に面していて他のゲストからはみえないので昼間はガラス窓だけにしてしまえはかなり明るいです。
d0133225_20295789.jpg

天蓋つきのベッドはお約束ですね!あとはすその長い上着だけのパジャマもありました。
夜になると、ちょっとムーディーです。
d0133225_2032573.jpg

d0133225_20331526.jpg

d0133225_20333537.jpg

リビングスペースのソファも広々♪バティックがインドネシアらしくて素敵ですね。それからランプもアンティークっぽいデザインでお洒落。
d0133225_2035410.jpg

では続いてバススペースへ。ベッドルームとはカーテンで仕切られているだけですが、私はお一人様でしたので常に開けっ放し状態です。
ここは何色で統一されているかな~、っと思ったら大好きなピンク色のバススペースで思わず顔がほころんでしまいました♪かわゆいわ。
d0133225_2037111.jpg

無料のアクアのボトルもお洒落にセットされています。
d0133225_20375271.jpg

タイルの柄はお魚と鳥のモチーフでしたよ。
d0133225_20383817.jpg

d0133225_20385555.jpg

バスタブはこっくりとしたピンクで日本人には余裕の大きさ。
お風呂をアワアワにして、好きな香りのアロマキャンドルを持ち込んでセレブ気分も味わえます(笑)
え?実際どうしてたかって?・・・・・いえ、夕食時&デザート代わりに結構お酒飲んでますのでそこまでの長風呂は・・・。(^^;)朝、バスタブに浮いてたら怖いし・・・(^^;)
d0133225_2043713.jpg

バスルームの外側は野外シャワー。これが気持ちよくて♪朝、さんさんと陽射しを浴びながら青い空を見上げてシャワーを浴びるのって最高です。
d0133225_20435353.jpg

バスルームは必要最低限のアメニティしかないので(石鹸・シャンプー・コンディショナー・バスジェル)それ以外は持ち込みになります。近くにスーパーマーケット「ハルディーズ」があって何でも揃いますので心配無用です。

TSのドンデス札および詳細レポは、私のバリ旅行のバイブルと化しているタイチョさんの「道楽のススメ」を、
そのほかここ1~2年の間に行かれている皆様目線のTSはこちらをご参照ください♪
はるららさんの「芭里想」のTSはこちら
meroさんの「Happy Slow Life」でのお部屋はこちら
ベッティーナさんのお部屋はこちらです。
[PR]

by magical_cat7 | 2009-08-30 20:52 | バリ島

サヌールのウマウマご飯&グッド・マッサージ

久々にお家にいる週末です。
09年6月のバリレポはサヌール→アメド→ウブド・・・といったはずなのになぜかウブド→アメド→サヌールの順番での紹介になってしまいました。

さて、バリ島到着日。なんだかんだいいつつもやっぱり便利な直行便&時間帯の良いGAを使ってのバリ入りなのでサヌールあたりだとホテルチェックインが6時ごろ、7時には街へ繰り出します♪・・・とはいえ約7時間を狭いエコノミーシートで過ごすのですから、着いた頃には身体はガチガチ。まずはマッサージ屋さんでほぐしてもらわなくては・・・・!!
その名も「グッド・マッサージ」!前回のサヌールステイに引き続きお世話になりました~。(^^)
d0133225_15511983.jpg

夜の闇に浮かぶ看板が怪しいね~(笑)バリはけっこう夜が明けるのは遅く、日が落ちるのは早いんです。日本の夏の感覚でいたら、7時過ぎまで明るかろう、と思うんですが7時前にはとっぷり日が暮れる。
d0133225_1645654.jpg
フットマッサージのほか、フェイシャル、タイ式のマッサージ、バリマッサージ、指圧などいろいろやってます。店内はそんなに広くなく、フット用のリクライニングシートが3つ、奥のマッサージルーム(カーテンでしきられてます)も2~3人が限度かな~?
ここは結構強めに揉んでくれるのでグリグリやっていただきたい方にはお薦めです!今回は指圧(60分で10万RP=当時のレートで約1000円)も良かったし、過去「タイ式マッサージ」や足ツボも受けましたがいずれもイタ気持ちよくて体が軽くなりました(^^)
程よく身体もほぐれたところで眠~くなってはきていたのですが、お腹は空いていたのでお目当ての「デポット・サリ・ラウト」へ。てくてくとバイパス方面へ歩き、バイパスにでたら道を渡らずそのまま右折。道沿いのでっかいマクドナルドのちょっと手前にありました。
d0133225_16111586.jpg

看板に日本語表記があったので日本人も多くくるのでしょう。地元の人も多くて、テイクアウトする人も結構いました。バリのお店は全体的に暗いけれど、決して不衛生ということもなく、小奇麗なシーフード専門の食堂です。
d0133225_1617182.jpg

ちなみに私のお目当てはこれです♪
d0133225_16133077.jpg

カニちゃん♪コイツを濃厚なタレに絡めて炒めたたやつが旨いらしい♪カニは重さで料金計算されるらしいのでとりあえず一匹。タレの味もいろいろ選べるみたいだけれど、あんまり辛くない、スタンダードなもので食堂のおねえさんにお願い。そうそう、待ってる間のビンタンもね♪(ちなみに大瓶しかなかったよ。)
d0133225_16212150.jpg

ビンタン飲みながらカニをまっていると徐々にお客さんも増え始め、あっという間に満席に。けっこうグループで来ている人が多いみたい。人間ウォッチングをしつつ、お店のほかのお客さんとおしゃべりしつつ・・・とまっていると来ました!私のカニ♪
d0133225_16284648.jpg

ダイナミックなぶつ切りできました!肉厚のカニ、美味しいです!甘辛のタレ、白いご飯にもよく合います!
カニ味噌の風味も~。美味しい~。ここはすべて手でバキバキカニをおりながら、かぶりつくのが美味しい食べ方といえましょう~。美味しい~、けどフォークだと使いずらいわぁ。日本の、カニを食べる時に使うホジホジするやつ(名前知らない)、持参したいわ~♪
・・・ということで完食です。ごちそうさまでした~。
d0133225_16332514.jpg


フィンガーボウルがちゃんと添えられ、ティッシュ(トイレットペーパー?)も机にあったけどウェットティッシュ持参されるとなお良しです。^^


***グッド・マッサージ***
Jl.Danau Toba NO22
タンブリガン通りを北上、パサールシンドゥから徒歩3分ぐらい。

***Depot sari laut***
Jl. By pass Ngurah Rai No8A Sanur
ングラライバイパスのマクドナルドより南に数軒。

[PR]

by magical_cat7 | 2009-08-29 16:46 | バリ島

夏だ!海だ!ビーチサルサだ!

d0133225_030168.jpg

本日、お江戸は絶好のビーチ日和でございました♪
鵠沼海岸は大賑わい。年代的にはこういう風景をみると、頭の中にはサザンが自動的に流れるのよね~。
TUBEじゃなくて、やっぱりサザン。
今年で3回目を迎えたBB&RENAのビーチサルサに今年も行ってきました~。(^^)
8月はお誕生日月でもあるしイベントが多くて楽しいね~☆残念ながら明日は仕事がおわらなくてサルサ休暇はあきらめたけど、めいいっぱい遊んで充電してきました。
まずはみんなで、海の家でBBQです。
d0133225_0351593.jpg

d0133225_104222.jpg

そして、喰う!
d0133225_0362762.jpg

喰う!
d0133225_0365110.jpg

喰う!!
d0133225_0371081.jpg

BBQのお肉には、ビーチサルサなだけにサルサソースが良いであろう、ということで某20代、料理男子・お野菜一式&まな板・包丁で特製サルサソースを作ってくれました。チーズものっけてレタスに挟んで、これが美味しい~。やっぱ料理できる人ってポイント高いですね(笑)胃袋を「きゅん♪」とつかまれました(笑)
d0133225_0393722.jpg

お腹もいっぱいになったら海で思い思いに遊びます。ボードしたり浮き輪で波乗りしたり・・・。
海の家、も営業終了、浜辺の遊泳客もそろそろ引き上げようかという時分から、ビーチ・サルサがスタートです!営業終了後は私たちの貸切。あっちゅう間にゴザやハンモックが取り払われ、カバナ(?)状態に。
d0133225_0414311.jpg

今日は夕焼けもとっても綺麗で、ロマンティック。かかる曲も比較的スローなサルサ・ロマンティカがおおかったかな。まあ、みんな今日はダンスシューズではないからね~。そうそう激しい曲でもビーサンやサンダルでは足がついていきませんわ。
d0133225_0485178.jpg

ある程度、踊りでは気心知れた人や上手なひととこういうシチュエーションで踊るはやっぱり楽しいし、気分いい☆クーラーのきいたダンスフロアで体育会的ノリでガシガシ踊る普段とはちがって、海風に吹かれながら半戸外で踊るのってちょっと気持ちが柔らかくなる。
途中、BBのミニレッスンあり、ビンゴ大会あり、そしてラストダンスまで、宴は夜の8:00まで続きます。
d0133225_0534186.jpg

8月の週末はまだある!!くらげが出てきて海はムリかもしれないけれどラストサマーのビーチサルサ、またいってみよっと。
[PR]

by magical_cat7 | 2009-08-17 01:01 | サルサ

ホワイト・サンド・ビーチ

センサティアを後にして、向かった先はホワイト・サンドビーチ。・・といっても泳ぐわけでなく、次回の渡バリに向けての下調べですww
駐車場で車を止めて駐車代?公園入場料?よくわからないけれどゲートのおじさんに入場料を払います。たぶん2千RPとかそんなもんだったと思う。(半券、なくしてもうた。^^;)
駐車場から、ちょっと大き目の寺院のよこをぬけてこんな道をテクテク歩いていきます。
d0133225_11534393.jpg

バイクは充分入ってこれます。車も4WDなら入れるけど結構道幅、ぎりぎりです。
d0133225_11544525.jpg

牛がのんびり草を食んだりしてました。放牧されているわけではなく、ちゃんと牛飼いのおじさんがついています。
d0133225_11561072.jpg

こんな道をテクテク、てくてく歩く。看板には400メートルって書いてあったけど、暑いし、道はぼこぼこだし、バイク通るしでそれより長く感じました。しかも山の中だし。「海なんかあるのかよー?」ってぼやきながら歩くと、突然視界が開けて海に出ます。
d0133225_11582133.jpg

海の色はいいですねぇ~。
こちらのビーチ、かなりこじんまりとしていてなかなか寛げそうな感じです。
d0133225_11592416.jpg

d0133225_11594388.jpg

皆さん、ここから車で20分~30分ぐらいのチャンディ・ダサに宿泊されてここまで遊びに来るようですね。
海の家風にデッキチェアーやパラソル、シャワーも借りられますし、こんなカフェもありました。
d0133225_1212317.jpg

この時、時刻は夕方4時ぐらい。丁度いい感じに浜の部分が日陰になっているので涼しく、海には陽射しが入り込んで青く反射している状態だったので海を眺めてぼけらっとしたり寛ぐには丁度いい時間かもしれません。せっかくのホワイトサンドも影になってしまってブラックサンドにしか見えませんでしたが(笑)
d0133225_1251318.jpg

マリンスポーツはしないけれど、こういう静かでちょっと庶民的なビーチで和むのもいいかも~、っと次回のロングステイ@バリ(・・・いつになるやら?)はチャンディダサ宿泊でここに1日いてみたいな♪
[PR]

by magical_cat7 | 2009-08-09 12:10 | バリ島

sensatiaのバスグッズ

d0133225_13171149.jpg

今回、バリの東部にいったら是非、お買い物に行きたかったのがSensatia。本来の発音はセンセイシャですがバリの人はみんなセンサティアと呼んでいます。(いつの間に日本語版が・・・??公式HPはこちら

こちらの石鹸を含むスパグッズはバリの超高級ホテル(アリラ系とか。MRROさんが先日レポしていたアリラ・ウルワツをご参照ください。♪)のルームアメニティに採用されていたり、マンダラスパなどの高級スパでも使用されるなどその品質の良さは折り紙つき。なおかつこちらの会社、バリ島の人々に安定した仕事と適正な利益を、という考えからバリの特産品(ココナッツとかハーブ類や塩など)を生かした商品になっており、地元と利益をわかちあうプロフィットシェアプロジェクトのなかから生まれた会社です。さらに100%天然素材を使用、石鹸も界面活性剤など使っていないのでお肌にも環境にも配慮された製品となっているらしいです。

バリのウブド土産として定番になりつつある「ブラットワンギ」(マサコ石鹸)ももちろん好きですが東部らしいお土産で、なおかつ美容に煩い女友達へのお土産にはセンサティアのグッズがよろしかろうということで、アメドからウブドに向かう途中に、石鹸工場に立ち寄ってもらいました。

d0133225_12251450.jpg

バリ島東部の、ほんとに田舎にあります。アメドからウブドへ向かう途中だと、東部では一番の大きな町と思われるアンナプラとチャンディダサの間ぐらいです。看板もなく、フツーの民家。↑こちらが一応、工場となっております。素朴・・・。到着しても犬しかいなくて、ドライバーをしてくれたラスタさんがどこぞやへ電話。するとなぜか敷地外からこちらの方と思われるスタッフが登場。階段をあがってショールーム?在庫部屋へと連れて行ってもらいます。
d0133225_12405591.jpg

d0133225_12413925.jpg

8畳ぐらいの狭いお部屋にぎっしりと石鹸・バスソルト、マッサージオイルやフェイスクリーム、変ったところでは虫よけスプレーなど。石鹸はゲストソープぐらいの小さいものから、115gの通常サイズ、230gのビッグサイズとありますが115gのサイズで5ドルぐらい。ブラットワンギが地元の人もターゲットにした90gぐらいで工場価格9500RP(約1ドル)ぐらいだから、センサティアは完全に外国人および地元富裕層をターゲットとしたかなり高めの値段設定ですね。ただし、ブラットワンギが石鹸を直接紙で包んでいるのに対し、センサティアのほうはセロファンでキッチリ包装されたものが箱にはいっておりますので、前者が半年で使い切るのがベターといわれるのに対し、後者は製造後からの消費期限が2年間ぐらいとかなり長めです。

自分用とお土産用にバスソルトと石鹸を何点か購入。土産を配ってしまったので写真にあるのは手元にあるものだけですが、調子にのって買ってたら結構重いぞ・・・!バスソルト1袋350gなりー。あっという間に2キロぐらいはいちゃいそうですね。
d0133225_1334879.jpg

バスソルト、自分用にはローズゼラニウムを購入したのですがとってもいい香りです~♪
週末はちゃんとバスタブにお湯張ってガッツリ汗かいてます(笑)
石鹸のほうはカナンガを使ってますがこちらも使用感はぐー。
泡立ちはブラットワンギのようにふわふわには泡立たなくて、どちらかというとクリーミーな泡立ち。その分、石鹸自体の持ちもいいのかもしれない・・・ブラットワンギはあっという間に小さくなってしまう^^。肌もしっとりというよりはキュっと引き締まる感じがします。
中身もちょっとカナンガやシナモンだとわかりにくいけれど、マーブルになってて可愛いです。
d0133225_13205797.jpg

これが一番わかりやすいかも。センサティアのHPからおかりしますー。
d0133225_13143420.jpg


こちらの工場への詳しい道筋や、08年秋時点での価格表などは「道楽のススメ」のタイチョが詳細レポされておりますのでこちらをどうぞ~♪
[PR]

by magical_cat7 | 2009-08-08 13:23 | バリ島

アメド人気のウットリ☆レストランでランチ♪@セイルズ

d0133225_11592521.jpg

海の青さとブーゲンビリアのピンクが鮮やかでなーんて綺麗なんでしょう♪
さて、今日はアメドの人気のレストラン、「セイルズ」のご紹介です。
昨年アメドに行った時はどうも食欲がなくてめんどくさいからホテルでいいや~ってあえて外のレストランにいく元気もなかったんだけど今年は違う!あそこも行きたい、ココも行きたい!
ということで、青い海を眺めながらお食事できる人気レストランに行ってきました!もっとも込み合うのは夕方から夜にかけてだそうで、昼食時はガラガラ。私たちのほか、お客様1組ぐらいかな?
そりゃそうだよね~、昼はみんな海であそんでるわな~。
d0133225_125187.jpg

ここはバリなんだろうか・・・?って思うよね。バリです、間違いなく。
マンクーさん・むっちゃんのほか、一緒に潜ったサトコさんと4人でランチ。料理が出揃う前に、珍しく、記念撮影もしてもらいました♪
d0133225_128499.jpg

子羊のローストとすんごく迷ったのですがココではやっぱり看板メニューのスペアリブ、昼からガッツリいっときましょう!ええ、私、肉食女子なものですから~(^^)
d0133225_1211781.jpg

d0133225_12113640.jpg

お肉も柔らかく、身離れもよく、ジューシィでタレの甘辛さも好み~。美味しゅうございました♪
添え物の温野菜も野菜の味がしっかりしている。そしてあんまり得意じゃないマッシュポテトですがここのはヘンなミルク臭さもなく美味しかったです!これならもっと食べられる~♪

こんな青い海をみながら気持ちいい潮風にふかれて、みんなでワイワイしながら美味しいものを食べられるってなんて幸せ~☆次回もきっとここには戻ってくるな~。

「セイルズ」は電話でお願いすればアメド内のホテル(正確な範囲はよくわからないけどたぶんレストランから車で10~15分程度内に収まるぐらいの場所)であれば無料送迎があるので、足の心配も無用です。

ちなみにアメド内の移動はレンタカーやレンタルバイクに乗らないときは、ホテルやレストランの送迎サービスを利用することになるんだけど、距離によっては無料だったりその辺まちまち。でもって私のような一人旅&「バイクの後ろ?ぜんぜんヘイキー♪」という場合はスタッフがバイクで送迎してくれる場合もあり。アップダウンもあるし、青空の下、青い海を眺めながらの昼間のバイクも、満天の星空の下、真っ暗闇(街灯はほとんdありません。)の中の疾走もすっごい気持ちよくてそれだけでご機嫌~♪車もいいけどバイクって気持ちいい~☆

ただし、バイクですが本来、バリでもヘルメット着用が義務付けられているものの、こういう田舎ではまだまだヘルメット着用が義務付けられておらず、いわゆる「ノーヘル・ツーケツ」状態になりますのでご留意を。

★お薦めレストラン★
SAILS RESTAURANT(セイルズ・レストラン)
住所:Amed - Lean
Karangasem Bali
電話:0363-22006

ちなみにこちらを同じく紹介されているメロさんの記事といつも最新アップデートなバリ情報をいただいているタイチョさんの記事もリンクしておきます!
[PR]

by magical_cat7 | 2009-08-02 12:34 | バリ島

ある日のダイビング@トランベン

d0133225_16435276.jpg

この日のポイントはトランベンの沈船ポイント♪以前ヌサドゥア宿泊時にここまで来た時はえらい遠く感じたものですが、むっちゃんのトコからだとわずか車で20分!近いってステキ♪
d0133225_16481167.jpg

波は穏やか。そしてどこまでも青い。
こっからはちとタンクが重いけどビーチからのエントリー。海に入るときはいいんだけど、海から上がるときがタンクは重いわ、石に滑りそうになるわで結構大変なのだ。海の中の浮力がある状態から陸地にあがるから余計に重さを感じるんだよね~。やっぱ筋トレ、必要かしら?この地球上で、一番最初に海から陸にあがった太古の昔の静物はこんな重さを身体に感じたものなのだろうか・・・。
朝、10時過ぎぐらいだったかな?すでに浜は多くのダイバーさんでいっぱいでした。
d0133225_16502042.jpg

それを目当てに、お土産売りやアクセサリー売り、それからサングラス売りなどいろいろな人もやってきます。
肝心の海の中は・・・・・すっごい魚の種類が多いです!
ギンガメアジの群がぐるぐる回ってます!しかも目の前。すごい近い!!そして見損ねてしまったのですが、一緒に群の中で泳いでたロウニンアジがギンガメを捕食・・・・したらしい。ガブっと。
一緒にもぐってたむっちゃんが「見て!ロウニンがギンガメ、ガブリ!」と教えてくれたのですが私はそのジェスチャーを「あんまり近づいちゃダメ!喰われるわよ!」と理解してしまいました。(爆)それぐらい、近くにいたもので、ちょっとあわてて離れた(笑)よって捕食の瞬間を見れず。残念。
そのほかにもピグミーシーホース、ヤッコエイ、ナポレオン(これも近かったね。でも頭の形があんまりナポレオンぽくなかったような・・・)、バラクーダ、クダコンベ、その他もろもろのお魚さん♪そういえば釣り糸口からたらしたでかいカスミアジもいましたね~。
さて午前中に2本を潜ってお昼はMAMA CAFEでいただきます。
帰る途中にサテ屋さんの屋台が出ていたのでむっちゃんにお願いして買ってきてもらいました♪
d0133225_17340100.jpg

昼時だったせいか、結構流行っているらしく、バイクに乗って買いにくるお客さんもちらほら。
タコサテを出している時もあるようですが今日はお魚でした!サテと粽をブンクス(テイクアウト)してもらいます。
d0133225_1752098.jpg

サテ~♪ビールのみたいわぁ。
d0133225_175535.jpg

アジアの町を歩いていていつも思うんですけどこういう屋台の味ってなんて美味しいんでしょ♪とってもシンプルなのにいくらでもお腹に入るし、飽きないんですよね~。ウットリレストランも好きだけど屋台飯、いいわ~。ビバ買い食い(笑)
d0133225_1784030.jpg

粽はちょっともち米が入ってるのかな?ねっとり・もっちり系。
d0133225_1794587.jpg

辛し・・ではないようなんだけど。この黄色いのつけると凄く辛い!あとからくる辛さ!
からし色のなにやらアラビア糊(覚えてます・・?幼稚園の図画工作時間によくつかった、緑のボトルにはいった半透明の糊です^^)を彷彿とさせるような質感。
今回の渡バリは体調も胃腸も「絶好調!」ってな感じでいろいろ食べられて良かったです。
旅先でお腹壊すことは皆無なんだけど、体調がベストじゃないと、どうも胃腸が重くなるみたいで。というより普段より、絶対食べ過ぎているだけだと思うけど(笑)
この後、MAMA CAFEにてご飯抜きのチャプチャイを頼み、完食したのは言うまでもございません。
[PR]

by magical_cat7 | 2009-08-01 17:18 | バリ島
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31