<   2009年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧


アメドでダイビング&ショッピング?@MAMA DIVE&CAFE

アメドでの主目的はダイビング!
これまでの画像でもお分かりかと思いますがこのなんともいえない明るいブルーの海の色がたまりません♪
そして今年もお世話になったのが「むっちゃんとこ」こと、GK DAVI あらため MAMA DIVE。
今年改装されましたので、レストランもお洒落に&キレイになってました!!看板もこの通り♪
d0133225_15114751.jpg

店内に一歩はいると、全面にアメドの青い海!!きゃ~♪
d0133225_15131349.jpg

高台にできたので眺めがいい。アメドのダイビング後はここでお昼ごはんをいただき、潮風にふかれながらむっちゃんとガールズトーク&まったりとお茶タイム。(むっちゃんお忙しいのにつきあってくれてありがと~♪そして空ちゃん、ママを独占してごめんよ~♪)
d0133225_15455753.jpg

むっちゃん&末娘ちゃんのショットです。むっちゃんのところのバンガローの宿泊客(この日はフランス人&ドイツ人ばかりだった)のお子ちゃまたちや近所の地元のお子ちゃまたちが浜辺で遊んでいる姿をみてるのもほほえましいです。
レストラン内、海側の席から入り口を見るとこんな感じです。
d0133225_15182528.jpg

画面左側にもテーブル席があるので写真より広々・明るいですよ~。スタッフの作ってくれるご飯も美味しいし♪夜もご飯食べにきたけどメニューも豊富でした!

いかんせん、このカフェレストラン、目の前に広がる海がダイビングポイントでもあるのです。だから朝8時半ぐらいにピックアップしてもらって9時半には潜ってます(笑)ビーチからそのままエントリーしてもOKだし、ボートで15分ぐらい沖合いに出て潜ってもOK。午前中のうちに軽く2本は潜れます。
海がめ・ブルースポッティングレイ、かわいいカクレクマノミ(ニモです)、カスミアジの群、カンムリブダイほか、トロピカルフィッシュが美しく~♪浅瀬は光がキラキラ差し込んで、テーブル珊瑚の周りを泳ぐ魚達・・ととても美しい光景が広がっていました。そうそう、ホオスジタルミの幼魚がいて、すんごい可愛かったです(*^^*)
さらにカフェ併設なのでお昼ご飯が美味しいんですよね~♪ナシゴレンやチャプチャイ、ミーゴレンなどが選べます。・・・これがダイブショップにもよるかもしれないんだけど、お店によってはランチボックス持込でダイビングボートの上で食べる場合がおおくて、あんまり食指がうごかないお昼になってしまうのです。。。。
そしてこのカフェの海側の場所、すごく気持ちいいんですよ~。ずーっと居たい気分になります。
ずーっと居て、なにをしてるのか?ガールズトークはもちろんですが、浜辺にはマッサージサービスもあります。イブの海辺のマッサージも1時間5万RP。マッサージのお陰か1年ぶりの海にもかかわらず筋肉痛も全く無しでした。
さらにぼけっとして海を見てると物売りの子供(アメドのお塩を可愛い箱にいれて売りにくる)や真珠売りのおじさんもやってきます。
d0133225_16124697.jpg

お塩はこんな可愛くパッケージ♪ほかにもいろんな色や形のパッケージがあってばら撒き土産に良いかもね。お料理に使うとコクがでて、ふつーのおにぎりにしても美味しいのでアメドの塩は好きなんですが、日本のように完全抗菌・完全衛生ってわけにはいかないので、不純物が入っている場合もあり、神経質な方にはバスソルト代わりでもいいかもね。1個値切って1万RP。たぶん、地元の方がふつーにここで塩かったら2キロぐらいはかえるんじゃないかと(笑)ガキンチョ、なかなか商魂たくましいぞ。でもこうやってタフに商売している子供って結構好きです。お涙頂戴物語をせつせつと訴えてくる子供は苦手ですが。
d0133225_15534712.jpg

真珠売りのおじさん。お名前をうかがったら、イスラムのお名前でした。「バリの人じゃないの?」と聞いたらバリのお隣、ロンボク島のご出身とのこと。おじさんいわく、ロンボク島には大きな湖があって、そこでは良質の淡水真珠が取れるんだよ~、とのことでした。
d0133225_15555245.jpg

そういいながらテーブルの上にネックレスをじゃらじゃら置いてくれる(笑)
そしてつい、シルバーのピアスをお買い上げ(笑)オレンジがかったピンクのバロックがありました。基本的にパールは汗や陽射しに弱いので、持ってる宇和島真珠のいいやつはどうせ夏にはむかないし、でもパールは好きだし夏にカジュアルにつかえるものってことで~。7万RPを値切って交渉の末、6万RPでダン。
結構、愛用しております。ちと見ぐるしい画像で失礼します。m(--)m
d0133225_16132042.jpg

そんなこんなでゆるやかな時間がすぎてゆくアメドなのでした。

アメドでダイビングあるいはまったり滞在されたい方はむっちゃんのところをおすすめしまーす。
なんてたって日本語通じるのが嬉しいよね♪旦那様のマンクーさんも日本語・英語OKで陽気な方だし、スタッフの女の子も男の子もいいコたちばかりでした~。
MAMA DIVE &CAFE と ガランカンギン・バンガローはこちらです♪
[PR]

by magical_cat7 | 2009-07-25 16:08 | バリ島

アクアテラスのレストラン♪

d0133225_032859.jpg

カーテン開けっ放しで眠るので日の出とどもに目が覚めます。東京ではここ1年ほどすっかり夜型生活になってしまいましたがもともと体質的には朝型人間なのよね。朝陽を浴びて充電完了したら朝ごはんです♪
d0133225_0345811.jpg

d0133225_0352772.jpg

お天気には恵まれて、毎日、海が青くてキラキラです。この景色もご馳走のひとつ♪
朝食はいくつかのパターンから選べます。朝食は軽めでフルーツたっぷり・・・というのが好みなので(特にダイビングする時は)滞在中はフルーツプラッター&パンケーキの組み合わせか、フルーツジュース&ブブール・アヤム(鶏肉入りのお粥)のパターンでいただいておりました。
d0133225_0391781.jpg

フルーツパンケーキは見た目ほど甘くありません。
d0133225_0393548.jpg

d0133225_0395444.jpg

これにたっぷりの紅茶をいただきます。
朝食は注文してから作ってくれるのでのんびり待ちましょう。
こちらがブブール・アヤム。
d0133225_0415151.jpg

ひょっとしてこのお粥は以前、Pさんがブログで紹介していたものかしらね??

夕食は1回、こちらでいただきました~♪
辛いのはあんまり得意じゃないのだけれど、バリでは絶対食べたくなる「ペペス・イカン」(魚といろいろなスパイスをバナナの葉っぱで蒸したもの)、それからお魚のサテや、以前「食べたい~!」といっていたのを覚えていてくださったのか、タコのサテも♪これが、ビンタンビールに合うんだ~♪♪♪完全に、酒のアテとしていただいておりましたわ~。美味!
d0133225_0454314.jpg

d0133225_0461531.jpg

今回は「お料理上手!」と巷でも評判のオーナーPさんが日本帰国中だったのでローカルのスタッフが作ってくれました~(^^)
夕暮れ時のレストランもこんな感じでロマンティックです。
d0133225_0493172.jpg

[PR]

by magical_cat7 | 2009-07-20 00:56 | バリ島

この風景を独占したくて!@アクアテラス アメド

d0133225_13394065.jpg

    ***この風景を独占したくて!テラスからの眺めが最高!アクア・テラス****

今日も暑いですね。乾季のバリのほうが涼しかったな~。(^^)
さて、旅はアメド編へと移ります。昨年のアメド滞在でこの地がいたく気に入ってしまいました(笑)
なんてったって南部リゾートからバリ東部でダイビングしようとすると移動に片道2時間はザラ。それに比べれば車で10分、20分のところ、上手くすればホテルの目の前にダイビングスポットが広がるここであれば本当にのんびりダイビングも楽しめるのです!
しかも田舎の良さで、全員が親戚とか、村のコミュニティがガッチリしているので非常に安全。物価はそこそこですがでも南部よりも安いし。お洒落スポットも増えてきてるし。食事する場所も困らないし!人ものんびりしていて適度なユルさがいい感じです。

アメドもお宿が雨後の筍のように増殖中でちょっとびっくりしましたが、今回、とまったのは↑の「B&Bアクアテラス」です♪はい、ブログでもお友達の通称「Pちゃんのとこ」、「peices of Bali」のPさんがオーナーをしている、B&Bです。2Fのお部屋のテラスからの眺めの写真に胸を打ちぬかれ、今回の滞在と相成りました☆

チェックインも夕方、そして昼間はダイビング&むっちゃんところのカフェでだらだら・のんびりすごしていたので実際にお部屋の写真って朝と夕方しかないんだけど(笑)いや~、バリでは朝は日の出と共に目覚め、夜は10時ごろには就寝というなんとも健康的な生活をしてました。
d0133225_13564012.jpg

テラスからの眺めは全面海~♪テラスからの風景、最高です。
朝早くには、この海には多くのジュクン(漁船)が漁からかえってくるのが見えます。
テラスに出ないで、客室から眺めるとこんな感じ。
d0133225_13591383.jpg

テラスではいつも朝(朝食前)・晩(夕方&夜)、ここで寛いでました♪
d0133225_1495843.jpg

広々としたデイベッドから海をながめてまったりする時間は最高のリラックスです。
またアメドは風が強い地域らしく、よく風が吹きます。だから風の抜ける2Fのデイベッドはホントに風が気持ちよくて、寛げます。(ただし昼間はモロに直射日光あびますのでちょとムリ。^^;)
夜はテラスの電気をつけて波の音を聞きながらビンタンビール片手にこのデイベッドで読書三昧。電気を消して、満天の星空を眺めていることもありました。またアメドは星空がきれいなんですよ!東京とは比べ物にならないぐらいの星が空にぎっしり広がっていてなんともロマンティック。
ハワイのマウイ島ハレアカラへのドライブ途中に車のライトを消して見上げた夜空も「星が降る」とはこういうことか、というぐらい見事だったけど、アメドの星空もなかなかのものです。
ちなみに夕暮れ時のお部屋も光と影のコントラストがキレイでしたよ。
d0133225_14115042.jpg

参考までにテラスからみたお部屋です。
d0133225_1416285.jpg

一人滞在だったので快適に過ごさせていただきました~♪2人だとちょっと手狭になっちゃうのかな?
ベッドの後ろがクローゼットになっていて、収納力はかなりあります。写っている右手のドアの向こうがバスルーム。バスルームもビューバスになっていて、窓から海が全面に見えます。
今回はこちらに3泊ということでお得なパッケージがありました♪詳しくはこちらをご参考にいただきたいのですがウェルカムドリンクも美味しかったし、
d0133225_14204950.jpg

毎日のアフタヌーンティも美味しくいただけました☆
d0133225_14213542.jpg

次回はレストランをご紹介します。
[PR]

by magical_cat7 | 2009-07-18 14:23 | バリ島

田んぼのど真ん中!サリ・オーガニックで夕食を

午後から所用のため、平日に有休とっちゃいました~。最近、うちの会社も「ワークライフ・バランス」ということで有休を取れ取れ煩いぐらいなんですが(^^;)でもどうせ取るなら、チマチマとではなくて、どーん!と一気に2週間ぐらいのお休みを取りたいわ♪

今日はバリ島リピーターさんにも人気の高いレストラン「サリ・オーガニック」のレポです。
夜はジェゴクを聞きにいきたかったのでここで早めの夕食を♪
06年オープンの自家栽培・オーガニック野菜を使った料理で有名な「サリ・オーガニック」。
いや~、ホントに田んぼのど真ん中にあるんですね~。
d0133225_10345973.jpg

JLラヤ・ウブドからちょこっと入ったところにこんな看板があります。ここから延々、田んぼのあぜ道を歩いていくわけですが、お電話をしてバイクで迎えに来てもらうことも可能です。車はここまでしか入りませんのでタクシー利用の場合はお気をつけください。
d0133225_10363232.jpg

d0133225_10372373.jpg

到着~。想像してたのとちょっと違う外観。屋根はありますが半オープンエアーという感じ。
d0133225_10595793.jpg
店内では白人の皆様がなにやら太鼓のワークショップ開催中。昼下がり・・・といっても夕方4時過ぎぐらいですが、ドンドコ、ドンドコと太鼓の音が響きます。最初は「うるちゃい・・」と思いましたがこんな田んぼの真ん中で聞いていると最後はのどかな気分になるから不思議だ。
d0133225_10402665.jpg

メニューもなんだか可愛い。
d0133225_1041138.jpg

インドネシア料理もあるけれど、今日は別のものをチョイス。
d0133225_1043379.jpg

まずはオレンジジュースを飲みながら、のんびりオーダーしたピザを待ちます。ピザは出てくるまでに結構な時間がかかりました。持ってきてた本を読みながらジュースを飲み終わってもまだ来ない(涙)
ようやく来たピザは・・・・
d0133225_10445994.jpg

すっごいグ沢山!!\(・0・)/見てください~この厚み!そしてピザの上に乗ってるお野菜の数々!ピザとはいえなんかすごくヘルシーな感じがしますよね!大きさは20センチ程度なのでペロッと完食できるかと思いきや、かなりのボリュームで完食ならず。2切れほど、ピザの土台だけ残しました。(具は全部食べたww)美味しかったです!次回はサラダ系やパン&ジャムも試したいです♪
追加オーダーでマンゴージュースも。乾季でマンゴーはないかな、と思ったんですがこちらもありました!
d0133225_10511592.jpg

美味しい~。マンゴー大好き~。ここのストローはすべて竹でできてるせいかちょっと飲みにくいけど、これも環境に配慮している結果なんでしょうね。プラスティックは捨てても土に返らないけどこれだと土にちゃんと返るもの。
満腹になったところで帰りはぷらぷらと大通りのJLラヤ・ウブドまで歩いて帰ることに。丁度いい腹ごなしになるかな。
d0133225_10543493.jpg

延々、こういう風景の中をテクテク歩きます。途中バイクがとおったり、子供達のチャリがとおったり。
農作業をおえて一息ついている人も。そしてこれからレストランへ向かう、旅行者にも。意外に人どおりはあるので一人でも大丈夫です。
d0133225_10572268.jpg

d0133225_10574045.jpg


こちらは「芭里想」のはるららさんも詳しくレポされているのでリンク&TBいただきますから♪さらにはるららさんの以前のブログのこちらもリンク!
[PR]

by magical_cat7 | 2009-07-10 10:58 | バリ島

ウブドのナシチャン

d0133225_23131898.jpg

ある日の午後、待ち合わせたPIPIちゃんが連れて行ってくれたデルタ・デワタのそばにあるナシチャンプル屋さん。正確にいうとアンドンの警察署側をテガララン方面にまっすぐいって、スパハティを越えたところぐらい?名前が覚えられないから看板の写真を撮ろうと思ったのにすっかり忘れてしまった・・・・。
d0133225_23162373.jpg

好きな飲み物を冷蔵庫から選んで、座ってれば自動的に出てきます。なぜってメニューはおそらくこれ1つのみだからww。
飲み物の値段表はあるのにナシチャンの値段わわからない。地元の人に混じって、とりあえず2人あわせて3万Rpを渡すとお釣りが返ってきました。どうやら逆算するとナシチャン1万Rpなり。
量も辛さも丁度いい感じ。ちょっとピリからだけでど、テ・ボトルを飲みながらだと不思議と美味しくて食がすすむのよね。ウットリ・レストランも好きだけど、屋台とかこういう小さなワルンのご飯も美味しくて侮れないのがアジアの凄いところでやめられまへんわ~。
うふふ。美味しいぞ~♪
[PR]

by magical_cat7 | 2009-07-06 23:21 | バリ島

ウブドでのお買い物 インドネシアン・ボディーケア商品

買い物スポットは多々あれど、結局はスーパーが一番、楽しかったりする(^^)最近まわりの友達には「肌が弱い」とか「敏感肌」という人が多いのでスーパーでのボディケア類はお土産にするのをためらうのだが自分用にはいろいろゲット~♪ええ、身体を張って、ためさせていただきます!
d0133225_17195397.jpg

ウブドといえばやっぱりブラットワンギ石鹸♪東部のセンサティアでも石鹸を購入済みでしたがウブドでもやっぱり購入。週末に引っかかっていたので工場には直接いけず、「デルタデワタ」スーパーにいったところ丁度し商品補充後だったらしく、10種類以上のフレーバーがいっぱいありました!ここはない時はほんとにブラットワンギのコーナーだけ石鹸がなくて、あってもあんまりいい匂いのものじゃなかったりして(オートミールとか)アタリ・ハズレがあるのだけれど今回はラッキーでした。この夏に活躍してくれそうな、さっぱり&さわやか系のミントやオレンジ、シトロネラなどと秋を見越して甘い匂いのヴァニラなど。さっそく写真撮る前に使ってすが泡がふわふわで香りも良くて気持ちいいです。
d0133225_17243267.jpg

そして「しんずい」(笑)@100円ぐらい。前々からずーっと気になっていたものの、このインパクトある日本語と女の人の顔半分の肌色が違うというビジュアルにちょっと恐れをなしていままで買わなかったんだけれど今回思い切って使ってみます!香りは全部で5種類ぐらいありましたが「HANA」とかかれたものをチョイスしてみました。甘くてとっても良い香りがします。いかにも石鹸の香りです。日本語で「ひふあんぜんてすとごうかく」(全部平仮名)だの「健康で真っ白なお肌のために」との表記がありますがもちろん日本製はありません。いま使っている「高麗ニンジン入り石鹸」を使い切ったらこれに切り替える予定。ええ、もちろん洗顔用ですがなにか?ホントに白くなるのかなぁ~??
d0133225_17292946.jpg

こちらはインドネシアのみならず、東南アジアには広く進出しているらしい「Citra」(お試しサイズの60mlなので@3万RPぐらいだっとおもう。)とVIWAのミルククレンザー。(これも@3万8千Rp?)両方とも小ぶりサイズを購入したのでたぶん、日本円で30円~40円ぐらいだったと思います。
「Citra」はテレビをみているとコマーシャルで1日1回は目にしたな~。ハンド&ボディーローションのほかにもいろいろあるみたいです。こちらのローションはいま4種類でてるのかな?緑のボトル(グリーンティー)と茶色、ピンク、そしてこの、ブンコアン(美白効果があるとされている植物)配合の白。香りは結構きついですので塗ったあともほのかに肌が香ります。これを全身に使ったら香水はつけないほうが良いでしょう。香りはシャンプーみたいな香りですね。んんー、使用感はしっとり・さらっと、でべたつきません。夏はいいけど冬は物足りないかも。ちなみにCMみてると紫外線防止効果もあるようなんですが、SPFの記載はないな~。
ミルク・クレンザーはこのほかにきゅうり・レモン・ミルク・グリーンティなどがあるようでです。買ってきたのはやはりここでも美白のブンコアン。ふき取り用の化粧落としなんですけど、クレンジングは洗い流し派の私はやっぱりふき取りだとなんか油分が気になって落ち着かない。マッサージクリーム代わりに使ってみたところ(もちろんふき取りはしますよー)、肌はもっちりした感じがします。夏場は出番がなさそうです。(笑)きゅうりバージョンだったらさっぱりしているのかな~??

最後はJLハノマンにある最近OPENしたといわれる「butter cap」というお店にいってみた。残念ながら店舗&店内写真はNGといわれてしまったので購入したものだけご紹介。
d0133225_1713572.jpg

日本人がオーナーのお店で自然派化粧品のお店らしいのでここでちょっとプチ土産を物色。店内にはアロマオイル、石鹸類はもちろん、歯磨き粉・ボディーパウダー・リップバームなども販売しています。今回はボディパウダーを購入してみました。香りは確か4種類あったと思うけど、ジャスミングリーンティー、ローズ、ラベンダーをチョイス。粉を入れるケースとパフが打ってなかったのが残念。お値段はやや高めかな~。
自分用には購入しなかったので使用感はわかりませんが、テスターを使った限りだと特に問題なさそうでした。
[PR]

by magical_cat7 | 2009-07-05 18:41 | バリ島

ヌーリズ・ワルンで うまうまスペアリブ♪

思いのほかSPAでまったり時間を過ごしてしまったのでお腹が空いてきた!
前回の渡バリでいきそびれたオーガニックレストラン、「サリ・オーガニック」へ行こうと思っていたのだがとてもとても、もう歩けない。お腹空いて・・・(笑)しかもお財布はちょっと心もとない。どこでご飯たべよう?
通りかかったスペアリブのお店、そうだ!ヌーリーズがあるじゃないか!!
d0133225_1133236.jpg

お客さんの注文に応じて、イブがお店の前でお肉にたっぷりタレをつけて焼いてくれます♪
d0133225_1135765.jpg

もう1時をまわるころなのでお客様もすくないかな・・・??と思いきや、食べ終わる頃には満席に。
地元の人もいたけれどツーリストがおおいなぁ。バリ人のドライバーを連れた東洋人や、ジャワから来たと思われる家族連れ、西洋人ツーリストなどなど。
スペアリブ、65000RPとレモネードを注文。トータル7万ちょっとぐらい。(約700円)ナシチャンプル屋でナシチャンとテ・ボトルをたのんだら12000RP(約120円)って考えるとやっぱり高いのね。
d0133225_11383588.jpg

来た~♪肉う~♪
このお店の名物、スペアリブ!近年、量が少なくなったとか、味がおちたとかいろいろ言われているけど昔を知らないからわからない。充分美味しい!!美味しい♪お肉ジューシーだし!タレの甘さも好み~。
d0133225_11421523.jpg

レモンをぎゅっと絞って、いただきまーす!!
[PR]

by magical_cat7 | 2009-07-04 11:43 | バリ島

緑の中の街スパ ブリス・スパ @ウブド

今回はサンギンガンの滞在ということでプルテニンボディーワークススパ・ハティは遠いので新規のSPAと開拓。

ホテルからネカ美術館方面にあるいていくと。。。ありました!ネカ美術館をさらに越えた先に、「渡バリ病棟」のコパさん&パウさんも紹介されていたブリス・スパ。
d0133225_2244767.jpg

看板はおおきく駐車場になってますが、スパまでの入り口はかなり小さく・狭い。こんなところを通っていきます。
d0133225_2254980.jpg

緑が綺麗ですね♪ちょっとお天気が曇り空だったのだので暗いのですが、晴れていたらもっと綺麗!
d0133225_2271249.jpg

スパ棟を右手に見ながらすすむと、半オープンエアーのレセプションがあります。
d0133225_2282647.jpg

女性マネージャーがにこやかに出迎えてくれます。予約もなんにもしてなかったのでとりあえずメニューを見せていただいたのですが。
実はこの時、お財布のなかにはルピアは10万ルピアのみ。(笑)ルピアの所持金がなかったので、両替屋さんを探しながらココまで来たのですが、こっちのエリアは両替屋がないみたい(^^;)レート表をぜんぜん見かけなかったもの。。。ホテルの近くに1軒だけあったのでそこで変えておけばよかった。。。。
とはいえ街スパの平均は1時間のバリマッサージで8万~10万ルピア程度と記憶していたので、10万あればなんとかなるかなーっと思っていたけど、メニューをみたらここは門構えが立派なだけにちょっとお高い。
でもご安心を♪ちゃんとカードが使えます~♪
ダイビング後で足もかちかちだったし、ボディスクラブとペディキュアをチョイスしたら、女性マネージャー、「パッケージのほうがお徳よ~。」と盛んに薦めてきました。
お絞りで手を拭き拭きしながら、メニューの説明を受け、こちらの意図も速やかに伝え、結局メニューはボディスクラブ(1時間のマッサージ&バス付き/24万RP)とペディキュア(もちろんフットケアとポリッシュ付き/14万RP)さらに日焼け後の肌に良いものということで追加オプションを選びました。
選んだオプションはこちら。15万RPです。
d0133225_2220510.jpg

通常のスクラブだと3~4種類のなかから素材を選べて、なおかつフラワーバスが付いているようなのですが、こちらのオプションを選ぶとすべて天然素材をつかうということで、緑茶のボディスクラブに加えて、アボガド・チョコレート・蜂蜜を混ぜたボディパックをしてくれます。お風呂も「チョコレートミルクバス」でした。
甘~い香りがなんともいえませんが(笑)生暖かいカフェモカに浸かっているようでなんだかなぁ~。
こちらがシングルルーム。実際にマッサージを受けたお部屋になります。
d0133225_22235828.jpg

d0133225_22242430.jpg

シャワーを浴びて着替えると今度はペディキュア。マッサージしてくれたのと同じお姉さんがしてくれました。
マッサージは実際ベッドで下向いているしせっかくの風景を楽しむことはないのですが、ペディキュアは部屋の外のウッドデッキでしてもらえます。こんなところです。
d0133225_22275348.jpg

d0133225_22282336.jpg

この椅子にすわってるとこんな風景を楽しみめます。
d0133225_22291825.jpg

これぞウブドのスパの醍醐味ですかね~♪マッサージ&お風呂で程よく疲れたのかフットケア中はついウトウト眠ってしまいましたわ。ペディキュアの色選びのときに起こされました(笑)
ちなみにここでもネイルポリッシュはやはりレブロン。南部リゾートエリアのようにOPIは望めない。
どうもスパで使うポリッシュにレブロンが多いのは値段もさることながらその速乾性に理由があるらしいです。真偽のほどは定かではありませんが。
d0133225_22322125.jpg

お姉さん、マッサージは上手かったのに、ちょっと手先がブッキーっとみた。一生懸命丁寧にやってくれたんですけどね。私が自分で塗ったほうがきれいかなぁ(苦笑)でもここはそれなりのお値段ということもあり、フットケアもスクラブで丁寧に足を洗ってくれますし、ちゃんとベースコートもトップコートも塗ってくれるのでもちはいいみたい。

終わった後は乾くまでの時間、こちらに座ってジンジャーティーをいただきながらのんびりしてました。
その後、オージーとおもわれるオバちゃんたちが4~5名、はしゃぎながら登場。お茶を飲み終えた頃にはまたまたオージーと思われる男性2名がレセプションへ。予約もしないですんなり入れたけど結構流行っているらしいです。

ではこちらも是非参考にされてください☆
「渡バリ病棟」のパウさん・コパさん、リンク&TBいきまーす♪

BLISS SPA
Jl.Raya Sanggingan,Lungssssiakan,Ubud
Tel:0361-8527139
9:00~21:00 (無休)

[PR]

by magical_cat7 | 2009-07-03 22:02 | バリ島

トコトコバンガロー③ @ウブド

今日は引き続きバスルームの紹介です。
・・・・といっても、ゴージャス・・・とか、TSみたいに「かわいい!」ってのはありません。でも、広い!左右(前後?)にお部屋と同じような網戸になった窓もあるので風も抜ける。ただしバスタブはありません。
ベッドルームから扉をあけると左手に洗面台。清潔で、モノを置くスペースも充分。アメニティはちっこい石鹸のみ。でもお花はさりげなく飾ってある♪
d0133225_22343826.jpg

そして振り返ると、ちょい斜めにトイレ。トイレットペーパーは完備。
d0133225_22354536.jpg

トイレを背にしてみると、こんな感じです。
d0133225_22382924.jpg

ちょっとした目隠しになっているスペースがあるのがわかりますでしょうか?
洗面台の奥とシャワースペースの間がちょっとしたスペースになっていてタオルなどをおく台や洋服などをしまえる棚があります。その棚を挟んで壁があるのでここが着替えスペースですね♪ここにはいればもちろん、洗面台からは見えません~。
d0133225_22373812.jpg

意外にホテルのバスルームって友人&家族なんかでいくと着替えるスペースがなくって嫌じゃないですか?
狭いバスルームで湯気がこもっているのに着替えたりとか、ボディーローションぬったりとか(^^;)
たまに気の利いたホテルだとシティホテルでも着替えができるよう部屋から目隠しされたスペースがあったり、もっと気が利いているところだとクローゼットが部屋側からも、バスルーム側からも開ける用になっててちゃんとバスルームに着替えスペースがあったりとか♪そういう意味ではここのバスルームのこのスペース、私にとってはポイント高いんですわ~♪ええ、基本一人旅なんですけどね。バスローブもなく、そのまま部屋で着替えるのって嫌なんです。
d0133225_22461275.jpg

で、ここがシャワースペース。
アメニティは一切ありません!アメニティを置くラックはあるけど、ここには石鹸もなかったしシャンプーもリンスもありません。(石鹸は洗面台のところだけ~)すべて持参してください。あるのはタオルだけ!!シャワーは可動式ですので使いやすいです。水量も問題なしですが2名以上が続けて入った場合は不明。意外に一人目はセーフでも次の人は水圧弱い、とか水しかでない、とかいう話はバリではよく聞くのでね。あ、ドライヤーももちろんないです。

こちらの宿ですが私としてはちょっとベッドの枕の湿り気がきになったものの、総じてOK。コストパフォーマンスもよろしいし、私好みのポイントはマル。
ただし、空港からはおろか、ウブド中心部への送迎サービスなどは一切ない。ウブドの夜の観光につきもののレゴンダンスやケチャックなどの会場インフォメーションもそれの送迎ももちろんない。②でも書いたように日本語は通じないし、内線電話も置いていない。また客室の使い方なども口頭説明のみ。・・・というバリおよびウブド初心者の方にはかなり使い勝手が悪いです。ここがフロントに1本電話さえすれば何でもやってくれる、なんでも教えてくれるホテルとは違うところです。あとエアコンもないので今回は乾季だからなんの問題もなかったけど雨季だったら不都合があるかもしれません。虫とかね~。なんせ自然がいっぱいなので。

滞在中の足は自分で確保。空港への送迎は代理店の送迎サービスを依頼する。現地での足回りは自分でバイクを運転するか、ベモをつかうか、「トランスポ~♪」っと声をかけてくるバイクタクシーまたはタクシーと料金交渉しつつ動くしかないです。とはいえ、徒歩圏内にビンタンスーパーマーケットがあり、街スパも何件かあり、レストランもピンきりであるので「モンフォレでお買い物~」とか「いっぱい観光~」とかいうのでなければ問題ないかな。

ホテル選びはもっともその人の主観が入るもの。旅のスタイルや自分の好みに合わせて楽しい旅をしてくださいね~☆
[PR]

by magical_cat7 | 2009-07-01 23:05 | バリ島
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31