人気ブログランキング |

<   2008年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧


桜、さくら~♪

この週末は桜の花も満開で、春らんまん♪
30日の日曜日、みんなでお花見に行きました!
土曜日はお天気がよくて絶好のお花見日和だったんだけど、今日は朝からうす曇。う~ん、お天気が心配・・・と思いながらもお酒とつまみをもって隅田川公園へ!
d0133225_0402618.jpg

d0133225_0404019.jpg

ソメイヨシノももちろん今が盛りとばかりに咲いていて綺麗なのだけれど、ちょっと濃いめのピンクの枝垂桜も可愛くて♪
一通り、飲み食いした後はLet’s dance ええ、そうなんです。本日のお花見はサルサ仲間との花見だったんです!通行人&お花見客のなか、みんなで酔っ払いながら戸外でのダンスを楽しみました~。
d0133225_049984.jpg

d0133225_050765.jpg

通行人の視線やカメラ(・・・私らをとってどうするんだろう・・・?)も気になりましたが、まぁ、こっちは酔っ払いですからぁ~♪途中、4,5歳の女の子がじっと私達をみていて、それに気がついたお父さんがその女の子をダンスさせてあげてたのが可愛かったな(笑)こっちに女の子を誘ってあげたかったんだけど、きっとお父さんに止められるよねぇ、って話してました。

踊ってる時もパラパラ雨が降ってきたのだけれど、とうとう本降りになってきたので、残念ながら撤収。そしてそのまま、両国のラキアへ♪2月にOPENしたサルサクラブでオーナーの方も以前何度か銀座のリサスでご一緒したのでぜひぜひ行きたかったのがようやく叶いました☆
フロアも広くて、踊りやすい!
d0133225_0562977.jpg


ちゃんこを食べて、Kリン&Iさんとお茶して家路に着き、大満足でとっても楽しい一日でした♪
Iさん、Rちゃん朝早くから場所取りありがとう♪そして、BB、場所取り&主催もさることながら、ゴザではなく絨毯(カーペット?)、女子にはホカロン、雨が降ってきたら靴やお荷物もビニールシートでくるんでくれるという至れり・つくせりの細やかなお気遣い、本当にありがとうございました♪

by magical_cat7 | 2008-03-31 01:05 | サルサ

ありがとう駅 ~土佐5 FNL~

ふと気がつけば10日以上、ブログを放置プレイしておりました。。。。
先週・今週は送別会&残業の日々でした。いい加減、肝臓大事にしないとマズイ。そうでなくても最近酔っ払いやすくて(^^;)

高知編も最後です。ホントはこの日にお泊りした城西館での美味しい夕食の数々(・・・酒飲みの私どものために、素敵なアテの数々をありがとう!料理長~♪)&飲み友Yちゃんがリクエストしておいてくれた日本酒「南」(めちゃうま~♪私もファンになりましたー☆)のご紹介をしようかとおもったのですが、私のつたない写真(・・・・というよりお料理に夢中で撮ってない☆)よりはお料理をいただきましたこちらの割烹「城西館 思季亭」のブログがあるのでこちらの旬の情報をお楽しみくださいませ♪

ブログにはお名前が出せませんが、高知滞在中にお付き合いいただきました皆様、あれこれ気を配ってくださった皆様、本当にどうもありがとうございました♪

ちょうど「後免駅」の隣、「後免町駅」は別名「ありがとう駅」。
d0133225_1154188.jpg


高知、いいとこですわ~♪また来まーす♪今度は鯨ウォッチングか、カヌーの時期、あるいは柏島で潜りたいなぁ~♪

by magical_cat7 | 2008-03-27 01:30 | 四国

テツコ・・ではないですが(^^;)なにか? ~土佐 その4~

午後は電車にのって、ふらっと旅。目的は赤岡の「絵金蔵」。でもうまい具合に展望列車にのれたら、海を見ながら電車にゆられてそのまま奈半利駅へ行ってみようかなー。帰り道に赤岡によればいいや~(^^)・・・と思いきや、がびーん!( ̄Д ̄;) 1時間に1本の列車に乗り遅れてしまった・・・・。次の「ごめん・なはり線」直通列車は1時間後。あ、30分後に途中まで行く電車があるから乗ってみよう。
d0133225_1347620.jpg

・・・・でも結局、JRと「ごめん・なはり線」の分岐点、「ごめん駅」で次の電車を待つこと30分。お天気よかったからぽけっとしてたけど、待っている間もなかなか楽しいものが見れました!
まず、後免駅。高知はアンパンマンのやなせ・たかし氏の故郷ということもあり、土佐くろしお鉄道の「ごめん・なはり線」の各駅にはキャラクターがおります。
d0133225_13525894.jpg

そして駅にはやっぱり、アンパンマン!
d0133225_13543126.jpg

ちなみに「後免駅」のとなりの「後免町駅」は「ごめん駅」にたいして「ありがとう駅」の愛称があります。
後免駅にて接続電車をまっていると、くるわ来るわ、いろんな電車が!これは、鉄っちゃんたちにはたまらんかもしれません(笑)
d0133225_1357440.jpg



d0133225_13572059.jpg


トラキチにはたまりませんなぁ~(笑)そういえばいつも、タイガースは安芸でキャンプインしてましたからねぇ。


d0133225_13585624.jpg


d0133225_1359131.jpg


アンパンマン列車でーす♪
d0133225_1401327.jpg

ああっ!( ̄Д ̄;)これは私が乗ろうと目論んでいたオープンデッキ列車!!・・・さらに1時間待ちはキビシイので、今回は見送ることに・・・・。
d0133225_1423387.jpg

そしてようやく、江戸の絵師、絵金の美術館がある赤岡にたどり着きました・・・・。(^^;)

結局帰りも時間を調べずに、絵金蔵で異端の絵師、絵金の作品や歴史などみたあと、ぼけっと海などながめていたら(赤岡は漁港もあります)またしても高知駅直通列車に乗り遅れ、しばしあたりを散策しつつ、帰りは後免町から路面電車にのって、高知県立美術館(シャガールのコレクションで有名)まで移動をしたのでした。

by magical_cat7 | 2008-03-15 14:14 | 四国

あさんぽは日曜市 ~土佐その3~

土佐への上陸は初めてではないのですが(出張でよく行った♪)、プライベートでは初めて。週末はもちろん、はじめてなので噂に名高い、朝市をあさんぽ!
d0133225_23365355.jpg

まだ、朝の10時半ぐらいですが地元・観光客入り乱れての大盛況。買出しに来る人も「いつものお店」が決まっているようで、お店の人との親しげな会話が土佐弁で聞こえてきます。こういうのってなんかいいですね~001.gif。地に足つけた生活があるって感じがします。
d0133225_23404786.jpgd0133225_2341937.jpg

高知の柑橘類といえば小夏や文旦!文旦は今がシーズンで今月末ぐらいには終わってしまうのかな?
d0133225_23425036.jpgd0133225_23431910.jpg


d0133225_23434927.jpgd0133225_234455.jpg
私の好きな田舎寿司もある~♪八百屋さん、骨董屋さん、お花屋さんなどなどなんでもある!夏は冷やし飴も好いかと思うけど、ちょっと肌寒かったので生姜湯を。あったまります♪
d0133225_2346049.jpg

「市」といえば、買い食いもね♪おうどん、てんぷら、焼き鳥などの屋台も出ていましたが、ちょっと珍しい緑色のたい焼き。「ねぎたい焼き」というそうな。生地にねぎが練りこんでありますが中にはしっかり餡子が入ってます。香りはかすかに葱の香りがするものの美味しいです。@100円なりでしたー。

by magical_cat7 | 2008-03-13 23:52 | 四国

皿鉢料理は豪快じゃきー!~土佐その2~

さてさて、宴会の翌日。「土佐のおきゃく」はまだまだ続きます。本日は単独行動日ということでまずは、今年で40回目を迎える「皿鉢祭り」へ!今年は商店街が会場です。
オープニングは和太鼓で迎えます。
d0133225_23271912.jpgd0133225_23275342.jpg

d0133225_23231163.jpg

こちら、「城西館」の作品!いや~、さすが土佐!豪快ー♪♪
「皿鉢料理」とは土佐の代表料理で、おもに婚礼とか宴会の時に出される料理です。高知の女性いわく、高知は酒処。宴会では男女が席を同じにして楽しむため、女性が台所に引っ込んでいちいち料理を作ったり・運んだりしなくてすむように考案されたとかしないとか(笑)ちなみにそう教えてくれた彼女の旦那様は九州男児なので、旦那様のご実家に行った時に男性だけで宴を囲む図に唖然とした、とおっしゃってました(笑)
d0133225_23455364.jpgd0133225_23461061.jpg


d0133225_23465452.jpgd0133225_23471257.jpg


d0133225_23473240.jpgマンボウの活け造り?っていうかマンボウ食べられるの?ちょっと怖い。(^^;)これ、写真だから小さいけど実物結構おおきいんですよー。可愛い竜馬、竜宮城のような盛り付け、思わず箸としょうゆをもって歩きたくなるような作品ばかりです。でも、見るだけ!食べられません(笑)和食がメインですが、中華や洋食部門の展示もあります。各ホテルや飲食店の料理人さんたちの力作ぞろい♪洋食部門は色彩も鮮やかで春らしい作品が並びました!中華も皿がキャンバス、絵画のように食材で絵がえがかれておりました。
d0133225_2350574.jpgd0133225_23511552.jpg

by magical_cat7 | 2008-03-13 00:02 | 四国

酔って候、浮かれて候 ~土佐 その1~

こんばんは!
3/8-10の週末を利用して、「東京四国会」の面々と四国に行ってました~♪昨年の松山&道後温泉につづき、今年は高知。ちょうど3月は約1ヶ月にわたり、「土佐のおきゃく」というイベントをあちこちでやっていることもあり、楽しみにしておりました♪ふふさんのところに紹介されていた「フードライブ」もこのイベントの一環です。
d0133225_2232369.jpg

機内からは富士山も綺麗。お天気もよく、楽しい飲み会、旅行になりそうです。
まずは高知空港。四国は八十八箇所の霊場をめぐる「お遍路さん」でも有名。旅人への「お接待」があり、空港内にもちゃんと、お遍路さん用の着替えルームとお茶のサービスがありました。
d0133225_22101148.jpg

ホテルにチェックイン後はチャリをかりて、「帯ブラ」をしつつ(帯屋町通りというショッピングアーケード)最初の目的地、「土佐のおきゃく広場」へ。ここでは舞台でのイベントのほか、高知県内の「うまいもん」が屋台スタイルで出店。・・・が、到着した時はすでに4時ちかかったため、ほとんどのお店で完売・・あうう。それでもめげずにキリンビールを片手に、「はちきん地鶏」の炭火焼と、「土佐ジロー」の卵焼きで乾杯!
d0133225_22165077.jpg

これがですよ、めちゃうま016.gif!卵焼きのダシがきいてて、ふんわりしてて美味しい~。あとから地元の方に伺ったら、高知市内の方でもコレをわざわざ買いに須崎まで行くとか・・・。
その後はぷらぷらと、チャリで「ひろめ市場」へ。土曜日の午後とあって、地元・観光客いりみだれての大盛況。高知に行くなら、ここはおすすめですよん!
d0133225_22215799.jpg
d0133225_22222135.jpg

d0133225_22224938.jpg

伊勢海老も美味しそうじゃき~。が、私たちには18:00スタートの宴会が待っている!ここで下手にお腹にものを入れてはなりませぬ。つづいて、商店街を練り歩く、「よさこい早春の舞」がスタート!本家はもちろん「夏」ですが、踊り手さんたちも生き生きしてて、華やかだったぁ。ちびっ子の連も可愛かった♪
d0133225_22322313.jpg
d0133225_2232478.jpg


d0133225_22331062.jpg
d0133225_22332863.jpg


踊りがおわれば、そろそろ宴会のお時間。「オリエントホテル高知」の「しばてん」での宴会は年末の忘年会以来のかた、1ヶ月ぶりぐらいの方、半年振りぐらいの方・・・と久々に皆様にお会い&お話できて嬉しゅうございました~053.gif会いたかった皆さんと、カツオのタタキ、なれそれなどなど高知の美味しい食材と、お気に入りの栗焼酎「ダバダ火振り」でご機嫌です。高知といえばやっぱり日本酒が美味しいんだけど、四万十川流域にある「無手無冠」のダバダは焼酎だけど癖がなくて和食にもぴったり!香りがほのかに甘くてノド越しもグー。水割りもいいけど、ロックもおいしいよ!(でもロゼはイマイチ・・。色は綺麗だけど)
宴会のあと、お友達(?)がDJをやっている昔なつかしの「ディスコ」(マジカルは一応、クラブ世代・・・だと思う)へ行き、屋台で念願の「まっちゃんの餃子」を食べ、高知の夜は更けていくのでした♪まさに「土佐のおきゃく」キャッチフレーズの酔って候・浮かれて候のまんまやね☆
d0133225_22382610.jpg


by magical_cat7 | 2008-03-10 22:45 | 四国

ニュピ前夜 オゴオゴの夜

2008年の3月7日はバリ島ではニュピ(旧正月)。1日中、労働を禁じられ、火を使うことも禁じられ、外出もできない、飛行機の離発着すら止まる静かな1日です。
昨年、ニュピをバリで経験しましたが、観光客が楽しめるのはニュピの前夜祭、オゴオゴでしょう!!バリ島全土がお祭りムード。ホテルのスタッフも心なしか浮き立っているようです。
実はマジカル、2005年・2006年とニュピを避けたために、オゴオゴの日に帰国という悲しい目にあい、2007年こそ!と心に決めて、渡バリしました~☆

昨年はウブドでオゴオゴを迎えました。夕方になると、ウブドのサッカー場には、近隣の村々から、地元で作り上げられたオゴオゴが運び込まれます。どの鬼(?)も力作!!ちなみにオゴオゴとは鬼とか精霊という意味だそうです。
d0133225_22252071.jpg

d0133225_22253989.jpg

日が暮れるころから、正装をした人々、観光客があつまってきます。女の子たちや子供達もちゃんと正装。カワイイ♪
d0133225_22303984.jpg

d0133225_22311977.jpg

陽が完全に落ちると、市長(?)らしきオジサマのスピーチの後、松明がともされ、各村の子供や若者達がオゴオゴを担いで村を練り歩きます。
d0133225_2232554.jpg

d0133225_22331579.jpg

サッカー場を埋め尽くしていた何十対ものオゴオゴは1チームずつ外にはこばれ、あちこちを練り歩き、最後はここに戻ってきてすべて火に焼かれて、セレモニーは終了するそう。夕方5時ぐらいから徐々にスタンバイして、終わるのは夜中だそうな。ビール片手に、2回のレストランからしばらく見てたけど、さすがに夜中までは付き合えず、私は撤収。
でもね、バリ島ってやっぱり不思議。神と精霊の島、などと呼ばれるけれど、この日それを体感した。え?なんでかって・・・??


見る・・?ホントに見ちゃう??

by magical_cat7 | 2008-03-07 22:53 | バリ島

眺めの良いレストラン ~インダス INDUS~

こんばんは!残業ご飯に食べたラーメンがまだ胃の中でもたれている感じです。

でも☆今日はウブドのお気に入りのレストランのうちの1つをご紹介~。
チャプアン渓谷の高台にある、「INDUS」です☆
「ネカ美術館」からの帰り道、王宮方面にずーっと続いている一本道をテクテク歩くと丁度、ノドが乾いた頃に到着します(笑)ちなみにネカ美術館は好きな絵が何点かあるのでウブドへ滞在するたびに1回は訪れる場所。必然的に「INDUS」でのランチかお茶も1回はある♪
d0133225_23591868.jpg

この日はランチを食べましたが、写真に収めたのはどうやらこちらのダダール(お米の粉で作ったクレープでバナナやココナッツをくるみ、黒砂糖のソースがかかっている)だけだったようです。(笑)この甘さと紅茶が歩き回った身体にはとっても嬉しいのだ!

このレストランはインドネシア料理だけでなく、西洋料理も食べられてお味も良いのですが(お値段もそこそこ良いです。)、なんといっても食事をさらに美味しくしてくれるのはこの景色!
d0133225_23524575.jpg

絶景でしょ??晴れた日の緑の美しさと、広がる青空のコントラストといったら♪さらに夕暮れ時は、トレッキングから帰ると思われる旅行者とか、畑仕事から帰るバリの人と椰子の木々がシルエットとして浮かび上がり、まるで一幅の絵画のような美しさ053.gif

オープンエアーのテラス席が一番眺めが良いのですが、昼間にいくと日差しがとてもキツイのであんまりテラスはお奨めできません。(乾季なら涼しいのかな?)
でもとっても眺めが素敵なのでぜひゆっくりと寛いでお茶や食事を楽しみたいレストランのひとつです☆

by magical_cat7 | 2008-03-05 00:05 | バリ島

ザ・ヴァイスロイ・バリ ~お部屋編~

皆様こんばんは!今日は雛祭りでしたね♪仕事が早く終われば女の子同士でピンクのシャンパンでも開けながら楽しく夜を過ごしたいところですが、残念ながら、今週は残業ウィーク。そして今日は月曜日。・・・・3月のカレンダーみてちょっとブルー。だめだ~、3月は毎年恒例の高飛びの季節ではありますが、今回あきらめたぁぁぁ。( ̄Д ̄;)

さて、「今日は満室で空いてるのが1部屋だけなの。あいにく清掃中なんだけど・・・。」とマネージャー女史に案内されてはいりました!まー、11部屋しかないしね、このヴィラ。
d0133225_23421845.jpg

1ベッドルームヴィラ。お部屋の中央にどどーんとダブルベッドが置かれ、ベッドの足元にソファだったかデイベッドがありました、画面奥の椅子と机の脇に、写ってないけど薄型液晶テレビ&DVDがあったと記憶しています。(ソフトの貸し出しがあるかは未確認☆)。さらにベッドの背後にはバスルーム。・・・・・・バスルーム???囲いがなんにもないじゃん!!
d0133225_23452079.jpg

ベッドの背後にはデデン、とバスタブが置いてあるだけ、以上!!って感じ。↑の写真の左側に写ってるトイレは辛うじて扉があるものの、お風呂・・・まー、開放的といいましょうか、なんと言いましょうか・・・・。広いバスルームは好きだけど、ガラス張りのバスルームもまあ許せるけど、コレだけはいただけないわ。しばし、ボー然としている私に、
マネージャー女史:「(にこやかに)次回はハネムーンでいらっしゃるのかしら?その下見?」
マジカル:「いえ、あの・・・母を連れてくるつもりだったんだけど・・・。」
マネージャー女史:「・・・・・。2ベッドルームもありますから・・・。」
・・・・ハネムーンだって嫌だよ、このお風呂。(T T)アジア人の感覚じゃな~い。ま、一人旅ならいいけど♪
気を取り直してテラスをみると、これは好い♪すんごくいい♪
d0133225_23525996.jpg

プールがあって、私の好きなバレがある♪しかも半分水の上、景色は絶景とくれば、たまりません♪
d0133225_23534257.jpg

いいな♪いいな♪ここでひがな一日ウダウダしていたい☆お天気よかったら最高だなぁ。水の流れる音も気持ちいいし。
・・・・そりゃ、こういうヴィラだったらパブリックスペースに人などでてこないわねー。こういうところで人の目も気にせずくつろげるんですもの。

ヴァイスロイはすべてのお部屋が異なる造りになっているとのことでこのお部屋以外にもいろいろあるようです☆ホテル側も予約の時点で配慮してくれるとは思いますが、今回は親子旅行を考えていてこちらを覗いてみたので、ちょっと、チョットチョットな感じでした。(^0^)しかもお値段も正規レートではありますが1泊600ドルぐらいって言ってたし!!・・・泊まれません(笑)。ちなみに冷蔵庫の中はドリンクフリーで毎朝補充されるようです。ビンタンまでは無料とか☆

by magical_cat7 | 2008-03-04 00:02 | バリ島

ザ・ヴァイスロイ・バリ ~パブリック編~

バリには素敵なホテルやヴィラが多いので、ちょっと目をつけていたホテルにホテル見学に行きました。ウブドから車で10分程度の「ザ・ヴァイスロイ・バリ」です。バリのホテルは、造りやインテリアをみているだけでも楽しい(^^)。ほとんどヴィラめぐりは観光の域です。気軽に電話して、「次回の旅行の参考に、館内みせていただけますか?」って言えば大丈夫。ちゃんとレセプションで英語の話せる方が一緒についてくれてホテル内を見学できます。
d0133225_15262322.jpg

こじんまりしたロビーの向こうは、すぐフレンチで有名なレストラン「カスケード」と、その脇のメインプールが広がります。メインプールには人は誰もいなかった・・・・。
d0133225_1531361.jpg

このとき、「カスケード」でアフタヌーンティー(11万ルピアぐらい?)をいただきました。ボリュームは結構ありましたのでほとんどランチ感覚。カウンター席からの眺めがこちらです。お天気悪くてイマイチですが、晴れてたらもっと素敵なんだろうな。
d0133225_15321054.jpg

レストランマネージャーをご紹介いただき、ディナーメニューやワインリストも拝見させていただきましたが、た、高い・・・・・!こちらでまともにディナーをいただきワインをあけたら軽く一人1万円はいきそうです!その代わりワインリストはものすごーく分厚く、いろんな国のワインが楽しめます。料理長はヨーロッパの方でした。
さて、カスケードを後にしてヴィラのほうへ。勾配があるので歩いてでも大丈夫ですが、カートも走ってます。上からみた、ヴィラ群。
d0133225_1537433.jpg

おっと、お部屋に行く前に、「ルンバスパ」も見なくては!こちらスパ入り口。
d0133225_154435.jpg

マネージャー女史の一生懸命な解説を聞いていて、写真とるのわすれた。オサレかつ、高級感と開放感があり、かなりいい雰囲気♪リゾートホテルのスパはこうじゃなくっちゃ!お値段もリンパドレナージューが50分で44ドルぐらい、2時間のパッケージで100ドルしなかったのですが、これにガバメントタックスとサービスチャージが21%かかります。次回の渡バリではトライしてきまーす。

by magical_cat7 | 2008-03-02 15:47 | バリ島
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31