カテゴリ:マカオ・香港( 20 )


香港での戦利品 やはりゴールド(^^;)

中華圏といえば、「ゴールド」!!という変な刷り込みを持ってます(笑)
22Kや24Kがそれはもうキラキラ✨と~。ゴールド、大好物です°˖✧◝(⁰▿⁰)◜✧˖°

ネイザンロードをあるけば、あちらこちらに「周先生」や「周大福」の文字(いづれも中華圏で大々的に展開している宝飾店。周大福は銀座にも店舗があるよ。)が踊り、ショーケースは見事なヒスイの製品とともにキンキラキンの金製品やアクセサリー。最近はキティちゃんやスヌーピーなどともコラボしていて、、それらをかたどったアクセサリーや置物なども売ってます。

ペンダントヘッドを通す、金のチェーンが欲しかったし、興味もあったので「周大福」に突入~。
「ネックレスが欲しい」といって見せてもらうけど、ちょっと太目・・。「ベネチアンじゃなくてボールチェーンはありませんか?」といって出していただいたのは18Kのとても繊細な(・・・てか細い)チェーンに飾りのようにボールが付いているやつでした。細いので先ほどみたチェーンよりお値段も半額以下。でもお店の照明の下でキラキラ輝いてキレイなんです。そして、この細さならペンダントヘッドに通してもバランス良しなんだろうけど、ボールが付いているので残念ながらペンダントヘッドは通らないのね~。。。
どうしようかなーと迷っていると、お兄さん、どこからかビーズ状のチャームを持ってきて(1個ずつ彫られている柄が違う)「これと併せてはいかがですか~?」とセールストーク。1個つけて鏡に映してみたら、うん、悪くない。

「うーん。。。可愛いな」と考えていると、「こうしてみては~(^-^)?」とさらに2つを継ぎ足して、渡してくれる。
可愛い・・・。いいかもしれん!
「先ほどご覧になられていたチェーンと同じぐらいの予算ですよー」とのセールストークに乗せられ、まんまと購入しました。
d0133225_22394880.jpg
箱にいれると可愛くないな(笑)
肌の上にそのまま載せてもいいし、タートルネックとかの上にしても可愛いかも。
中国圏のゴールドって日本のものに比べて黄味が強いゴールドなんですが、肌馴染みは悪くなかったです。
18Kだから安心してつけられるしね。




[PR]

by magical_cat7 | 2018-07-14 20:55 | マカオ・香港

香港での戦利品 懐かしの香港映画たち♪

1泊2日の弾丸香港。ほとんど食べることが目的だったのでお買い物はあんまりしていません。
ぶらぶらネイザンロードのショッピングセンターを歩いていたら、CD&DVDショップがあったので覗いてみたら、みつけちゃった!
d0133225_22394587.jpg
懐かしの、香港映画!!!チョウ・ユンファにアンディ・ラウ~!「ゴッドギャンブラー」や「男たちの挽歌」など大好きだったな~、と懐かしい気分で物色してしまいました。人のよさそうなお店のおじちゃんは英語が話せたのであれこれ聞いてくれて、「チョウ・ユンファとアンディ・ラウのファンなの~」というと「これもおすすめ!」といろいろ進めてくれました。まだ見たことのない、「江湖情」と「精装追女仔之了 狼之一族」の2つと「ゴッドギャンブラー」と「英雄好漢」も一緒に購入。古い映画のDVDは3枚で99HK$(約1400円)って安かった。ん?でもまてよ??「江湖情」ってなんか見たことある映画かもって帰国してから気が付いた。日本語タイトルだと「愛と復習の挽歌」・・・・絶対見てるなwww。チョウ・ユンファとアンディラウカリーナ・ラウ、アラン・タムなど懐かしすぎるメンツです♪

香港から帰国してはや1か月になるのに、週末も忙しくてなかなかDVDを見る時間がありません。
今週末は3連休だから今週末こそゆっくり夜更かししながら見ようっと。

[PR]

by magical_cat7 | 2018-07-12 22:54 | マカオ・香港

大人な夜はホテルのバーで

d0133225_22443104.jpg
香港といえば百万ドルの夜景。スターフェリーのって眺める夜景はやっぱり綺麗。香港だなぁ~と感じさせてくれます。私は海が身近に感じられる都市が好きです。海が見える風景が生活の中にある都市というか。。。イスタンブールしかり、ヴェネチアしかり、そしてここ香港も。いい年の大人になった今だから、時間の使い方も余裕が出てきたのかもしれません。夜景が見えるおすすめのバーということで、九龍側のインターコンチネンタルホテルのロビーラウンジへ。
d0133225_22472462.jpg
のんびりお酒を楽しみながら窓からの夜景を眺めている時間、贅沢な気分です。
d0133225_22443417.jpg
d0133225_22443812.jpg
次回はこちらのホテルに泊まって、お部屋からもハーバーの夜景を楽しみたいですね。
[PR]

by magical_cat7 | 2018-07-07 22:38 | マカオ・香港

金山海鮮酒家で海鮮ディナー@佐敦

香港弾丸旅行は何といっても食が目的♪
香港に駐在していた同僚に美味しい&リーズナブルなお店を紹介していただき、早速行ってきました!
地下鉄の佐敦駅の近くということでグーグルマップをセットしたら、尖沙咀からぶらぶらとネイザンロードを北上。
途中の「紗紗」や「ジョルダーノ」などを冷やかしつつ、お店に到着。レストランが集まるビルの7Fにありました。
まだ夜も始まる前の6時ぐらいのせいか、お店は予約なしでも入れましたが、帰るころには満席になっていたので7時ぐらいに
行く方は予約したほうがベターですね。
事前情報では「広東語しか通じない」とのことだったのでしっかりおすすめメニューを漢字で教えてもらっていたのですが
片言の日本語話すおじさんもおり、店内には水槽もあって指さしもOK。(ただ調理方法は筆談かマンダリンじゃないと厳しいな。。)
早速、青島ビールと浅利のピリ辛炒めでカンパーイ!
d0133225_21571105.jpg
身が取れちゃってますけどww。美味。ビールにあいますね~。
d0133225_21571366.jpg
これが食べたかったの!時価となるシャコ。大きくて、身も厚くてぷりぷり~💛ガーリックとともに素揚げされているのですがめちゃくちゃ好みの味でした!
d0133225_21571996.jpg
春雨とホタテのお料理。これも時価。別のものを想像していたのですが、美味しかったです。貝のお皿に溜ったスープも美味しい。
d0133225_21571630.jpg
そしてスペアリブのサワーソース掛け。海鮮料理屋さんなのにやっぱり肉を頼んでしまいました(笑)
中華料理で食べる豚肉ってなんでこんなに美味しいんでしょうね~。
ご飯ものがなくてもすでにお腹いっぱいでした。ここはまた行きたいなー。

[PR]

by magical_cat7 | 2018-07-05 21:00 | マカオ・香港

重慶マンションが・・・

香港・・・悪の巣窟「九龍城(ガオルンセン)」・・そして重慶マンション。
悪名高き??なのかイメージ先行??なのかわからないけど、まあ不法移民や人身売買、麻薬などなど、香港マフィアが跋扈しており、都市伝説も多くて観光客が足を踏み入れたら二度と出てこれないといわれていたスラム街・九龍城も今や昔。1990年代には取りこわされて今じゃ公園になっています。それと同じぐらい、まだ10代だった私を魅了していた、香港随一の繁華街、尖沙咀の一等地にある「重慶マンション」。なんでもあり、の香港のなかでもひと際、異彩を放っていたビルです。「深夜特急」を読み、その後実際に訪れ、そのカオス感に圧倒されました。

d0133225_21564094.jpg
で、今回、10年ぶりの尖沙咀。香港返還前はなんども通っていた香港ですが、中国に返還されてからは1度来たキリで「重慶マンション」なんて1994年ぶりですよww。たまたま並びにあるシェラトンに宿泊していることもあり、ちょっと欲しいインドコスメもあったので両替&お買い物に行ってみました。
いや~両替所のレートは相変わらず良かった。でも、なんか全然いかがわしさがないわー!!
なんなの、この明るさとスカスカさは!!


d0133225_21565256.jpg
記憶の中の重慶マンションはもっとビル内の廊下も狭くて、お店がひしめき合って、品物が溢れてて・・・。インドポップスが流れててスパイシーな香りが漂い、呼び込みのお兄さんも多かったまさにカオスだったのに。。。パンジャピースーツやカセットテープ屋さんとか多かったよなぁ。それでもって、エスカレータのところには上層階(?)の安宿の張り紙とかおおかったよなぁ・・・。
泊らなかったけど、ちょっと見せてもらったゲストハウスの入り口は鉄格子だったしなぁ・・・。
怖いもの見たさ(?)で2Fに上がってみたら、安宿や海外AIRチケットを扱っているような小さな旅行会社と(この辺は昔と変わらない)電子製品ばっかり!!人も閑散としていて、人がいるのはインド料理を出しているお店ぐらい。。。
d0133225_21564660.jpg
なんか、全然面白くなかったわ。。。。
ようやくビル内にコンビニのようなお店を見つけて、インドコスメの「ヒマラヤハーバル」をゲット。(インドの庶民派コスメです。お値段の割には良いですよ~。)フェイスウォッシュとアンチエイジングクリームで78HK$。ここには値段もない。(たぶん)定価もない。
まあ、日本円にして1,092円と格安なのでおばちゃんの言い値でディールしました。インドよりは高いのは当たり前だし。

あのカオスな雰囲気だったらまた来たいけど、もう両替目的以外で来ることはなさそうだ。。

[PR]

by magical_cat7 | 2018-07-03 21:45 | マカオ・香港

ペニンシュラ香港でアフタヌーンティを♪

6月の某日、お休みをいただいて1泊2日で香港へ行ってきました♪約10年ぶりぐらいの香港!今回はバリ島へ行く途中に香港に立ち寄っている、仲良しのSちゃんと香港合流です(^^)Sちゃんがペニンシュラ香港にご宿泊~っということでアフタヌーンティを予約していただき、念願のペニンシュラ香港でのアフタヌーンティーを楽しめました💛なにが念願って、憧れのホテルの一つでもあるペニンシュラ香港というのもありますが、ここのアフタヌーンティーは人気で宿泊者しか予約ができないの・・・。過去、何度かトライしようと思ったこともあるのですけど、限られた観光時間のなか、「ザ・ロビー」で立って、いつになるわからないぐらいの長蛇の列に並ぶのは悲しすぎるので、いつも断念していました。(・・・で、過去2回はそのままスルーして2Fの中華レストランへ行った・・・笑)今回は「2時に予約してる●●です~」っというだけでお席に通していただけて、気分も上がります!
d0133225_21154216.jpg
ロビーなので多少ざわついて落ち着かないかなーと思っていたのですが、奥のほうの席に通していただけたのでゆっくり過ごせました。メニューからアフタヌーンティを選んで、紅茶を選んで♪
d0133225_21153882.jpg
きゃー!来ましたよ、3段トレイのアフタヌーンティ・セット。食器類はすべて銀製、ティファニー社のものだそうです。3段目は定番のスコーン。クロテッドクリームとジャムをたっぷりつけていただきます。2段目は正統派英国式のキュウカンバーサンド、キッシュなど。1段目は彩もきれいなケーキたち。初夏の季節に合わせたラインナップ&お味なのかな?
d0133225_21184245.jpg
ブルーのマカロンはブルベリー風味。イエローはレモンケーキ。チョコレートケーキにピンクはストロベリークリームのケーキと可愛くていろいろな味も楽しめます。この時点でかなり気分は上がる。
d0133225_21184412.jpg
紅茶も香り豊かで、美味しかった。普段、会社では紅茶をがぶ飲みしてますが、こういうところで味わう紅茶は特別感があっていいですね。今回はランチ代わりにアフタヌーンティだったので、このぐらいの量ならペロリと食べられるだろうと思っておりましたが、なかなかボリューミー。もちろん、お味も美味しかったです。コロニアルな雰囲気のなか、美味しいお料理とスイーツをいただき、Sちゃんとの女子トークも楽しすぎて止まらない(笑)大満足です~。Sちゃん、ありがとう~。私も次はペニンシュラに泊まれるように仕事も頑張ろうww
[PR]

by magical_cat7 | 2018-07-01 21:42 | マカオ・香港

香港お買物メモ ~徳友さんのペンダント~

香港ネタを書いていたら、香港からエアメールが届きました。
d0133225_12171922.jpg

香港のチムツァーチョイにある「徳友」というジュエリーショップ屋さんなのですが、毎年2回ほど、東京のヒルトンとと大阪のリッツカルトンで展示会をしているのでそれの招待状でした。
「徳友」はガイドブックにも掲載されていることが多い日本人顧客が多いお店で、ネットでみつけて一昨年香港へ遊びに行った時に実際に訪れてみました!色石もさることながら心奪われたのが白蝶貝をつかったラブリーなシリーズです(^^)
d0133225_12213923.jpg

可愛いでしょ?10代~20代の女の子がつけるのはもちろんですが、コロンとしていてわりとボリュームもあるので大人の女性でも似合いますよ。
お店に伺った時はお値段&デザインチェックぐらいで軽い気持ちで行ったのですが、ずきゅん!とやられてしまい、結局お買い上げ(笑)
d0133225_12262832.jpg

ピンクゴールドをベースにした、ぷっくりしたハートのペンダント。
表に薄くスライスしたハート型の白い白蝶貝と同じく淡いピンクに染められた白蝶貝がピンクゴールドにはめこまれていてなんとも優しげ&可愛らしい♪イエローゴールドよりもピンクゴールドのほうが私の肌味には断然合うし一発で気に入ってしまいました。ボールチェーンのアジャスタも自在に長さが変えられるのでセーターの上にポンっと乗せてもかわいいし、素肌の上に直接でも可愛い。
正面からみるとこんな感じです。
d0133225_12305452.jpg

ちなみに裏はすべて白。リバーシブルで使えます。
d0133225_12313290.jpg

コレ買ったときはまだここまで円高がすすんでなかったからそれなりのお値段でしたけど、いまなら為替相場の関係でもうちょっとお安く買えるかしら~??この前、寝不足で日本酒飲んでたらおもいのほか酔っ払っちゃって、気が付いたら方耳からピアスが飛んでたので、新しいのが欲しいんだけど~(笑)

とはいえこちらのセール、次回の海外逃亡中期間につき、残念ながらお伺いできず。そして今年はボーナスもキビシイし、夏はコンサート月間なので先立つものもございません~(笑)

私が伺った時はチムツアーチョイのインターコンチネンタルのショッピングアーケード内にショップがあったのですが現在は移転して、チムツアーチョイ駅近く、ネイザンロード沿いのホリデイ・インのとなりのショッピングビルに移ったようなので香港にいかれるアクセサリー好きの方はのぞいてみてね!

徳友HP http://www.tokuyu.com/index.html
[PR]

by magical_cat7 | 2010-06-12 12:49 | マカオ・香港

香港ノスタルジー② 調景嶺

d0133225_22402111.jpg

今は亡き英国領香港の面影。中国返還ともに失われた村。
「調景嶺」と言う名の村をご存知でしょうか?
英国のユニオンジャックではなくて、台湾の晴天白日旗がいたるところにはためく村。
もうタイトルはすっかり忘れてしまったのだけれど、1980年代後半~90年始めごろのアンディ・ラウの映画の舞台になっていて、どうしてもそこへ行きたくて。もちろん、ロケ地めぐりとかそんなものではなく、この頃、香港という国とも地域ともいえぬ不思議な土地と空間に凄く興味があって、私、香港社会学を学んでおりました。香港に存在しながらも香港ではない、といわれる土地に興味があったの。そしてそんな場所がある、っと知ったのがその映画だったわけですよ。

中国内線時代に敗れた国民党の主力は台湾へ行き、中華民国をたちあげるわけだけれど、香港には国民党の軍隊がのこっていて、その残党が落人の村として形成したコミュニティがここ、「調景嶺」なのです。1960年以前までは台湾政府のバックアップをうけた治外法権エリアでもありましたが、その後、治外法権はなくなり、英国領香港の一部となりました。

今、2010年版の香港の地下鉄路線図を見るとたしかにここにも「調景嶺」という地下鉄の駅ができているのだけれど、93年にはそんなものなどなくて、不便な、ちょっと隔離された感じのする場所でした。

香港人の友人に聞いても「場所すら知らん。」と言われるし、ガイドブックにはもちろんないし。地図でみても場所だけは確認できるけれどたどり着く術が記載されていない(^^;)

この場所の記載があった英語文献(これもさー、漢字表記があれば一発でわかるのに、普通話の発音で英語表記だからこれを広東語に当てはめるのが大変だった・・・てか見当つかなかった・・^^)を手がかりに、道行く人にききながら路線バスのりついてたどりついた記憶があります。

d0133225_23579.jpg


本当に小さな村で、香港の中心部からくると歴史に取り残されてしまったような村でした。
平日の昼下がりにたどりついたのだけれど、香港なのか?とおもうほど時間の流れもゆるやかで静か。喧騒とは無縁です。
家々の軒先には年老いた老婆や翁が座り、交わされる言葉は広東語とは違う、北京語(普通話)。開け放たれたドアの奥ではマージャンに興じているらしく麻雀パイを混ぜるじゃらじゃらと言う音が微かに響いてきます。暖かい冬の陽射しに、廟でたいているのか、自宅のお供えなのか、お線香の香りと杏のような香油の香りが漂ってきます。

この頃の香港はもちろん、通常話される言葉は広東語でしたが、かなりの人に英語が通じたものです。ですがこの村では英語はまったく通じず、普通話が通じました。台湾政府のバックアップはなくなっていたといっても元・国民党関係者がおおかったようですね。

既に返還は決まっていたので、この村の行く先は再開発と言う名の取り壊しがきまっていたのですが。。。
d0133225_23135290.jpg

現代史の一端というのか、ひとつの歴史の終わりというのか、傍観者として見ている自分にいたたまれなさを感じてしまいました。
d0133225_2319749.jpg

帰りは思いのほかスムーズに。
「香港島にかえりたいんだけど、帰り道がわからない・・・」と歩いているおばちゃんに声をかけたところ、「丁度行くから一緒にいきましょう」と連れて行ってもらいました(^^;)港からフェリーにのって、たしか西湾河あたりに出たんだと思う。でもって港の目の前には地下鉄の入り口・・・。
港からフェリーにのれば、案外簡単に中心地へ帰れたのね・・・。ミニバス乗り継いだ往路はいったいなんだったんだ・・・。

その後、この場所へは訪れていませんが、今はどんな風にかわったのか・・・?
↑の湾も埋め立てられ、あの香港特有の高層アパート群に変っているのでしょうか・・・・・?
[PR]

by magical_cat7 | 2010-05-30 23:28 | マカオ・香港

香港ノスタルジー①

ヨンハの主演ドラマが決まりました~♪なんと、1990年代の香港映画の名作、「甜蜜蜜(日本語タイトル:ラブソング)」のリメイク版のドラマを韓国で作るそうな♪「冬ソナ」の脚本家&PDってことなので画像の美しさや音楽の使い方はきっと素敵なハズ。久々のメロドラマも、20代の演技とちがった演技&色気で素敵なヨンハが見れるはず・・・!!・・・と思っているのだけど、実はこの映画では男性の主役のレオン・ライよりも、女性の主役のマギー・チャンがすごく良かったのと、ヤクザ役のエリック・ツァンがちょっとお茶目で懐の広い男を好演していたので、正直レオンライのやってた役の印象があんまりない・・・(笑)婚約者と同じブレスレットをマギー・チャン演じる女性にプレゼントしたりと無神経&不器用この上ない役だったような気が・・・(笑)まあ、今見直せば違う見方もあるのかもしれませんが、この映画みたの、まだ20代前半の時期だったのでね。男の人への見方が厳しかったのよ、たぶん。そんでもってこの時、テレサ・テンのあまりに美しい歌声にハートをわしづかみにされました☆日本語で歌うより、数倍、声がいい。北京語(普通話)の響きも・・・。

てなわけで前置きが長くなりましたが、90年代、香港映画にはまっていた自分の青春を振り返りつつ、懐かしさに浸っていたらアルバムからでてきました。
d0133225_2120511.jpg

いまもこの風景は見ることができるのでしょうか?

1993年の香港仔(アバディーン)ですが、もうこの頃にはだいぶ、香港の水上生活者(蛋民)は減っていました。

80年代までは油麻地、銅鑼湾あたりにもいたようですが、香港の中国返還が決まり、本格的な水上生活者の陸地への移住政策を香港政府が決めてから、油麻地、銅鑼湾はもちろん、一番数がおおいとされている香港仔でも水上生活者が激減したと聞いています。
もちろん、香港社会のなかで彼らの社会的地位は低く・・・。自由やお金をもとめて中国から国境を越えてきた中国人と結婚をした人もかなりおり、陸上に上がってしまうと不法滞在がばれてしまうとのことで陸上移住政策への反対派も多かったそうです。
d0133225_2140068.jpg

あれから既に15年以上の月日が流れていますが、この子供たちはどんなふうに成長したのでしょう?海の上でまだ生活しているかな。。。
[PR]

by magical_cat7 | 2010-05-29 21:43 | マカオ・香港

らんかいふぉんのアイスバー

アイスバーといってもアイスクリームのバーじゃなくってよ♪
ディナーのあと、明日も仕事というAちゃんとお別れし、休暇中(・・・っていってもこの日は土曜日)の私&同僚は駐在員Uちゃんに「どっか飲みにつれてけ~♪」とおねだりし、向かった先は蘭桂坊(らんかいふぉん)。
d0133225_2211126.jpg

おお~、さすが週末の蘭桂坊!混んでますな~。このエリア、初めて来たのですが、いつも週末はこんななの??だってこの時10時は軽くまわっている時間でしたが、香港人も在香港の異国人も観光客もごった返し状態で、店の窓から見下ろしたらこんなに人・人・人なんですよ!!
d0133225_2214082.jpg
d0133225_22142072.jpg

ハロウィンの翌日だったわけだけれども、街中も人も、土曜日はそのままハロウィンのノリだったみたい・・・。
d0133225_22152412.jpg

ウサギの耳とか、へんなマスクを売り歩いている人はいたけど、あんまり仮装している人はみかけなかったな~。10月末とはいってもなんだか蒸し暑くてじっとり汗をかいてくる。そんな私たちにお薦め~♪ということでやってきましたアイスバー・「バラライカ」。アイスバーとはいうものの、ロシア人がオーナーのロシア料理屋のお店です。ウォッカバーというのが正しいのかな?混んでたけど席も見つかって乾杯!
d0133225_22181511.jpg

で、どこがアイスバーかって・・・??このお店。店内に「マイナス20度」の冷凍室があるのですよ☆ウォッカの保存倉庫って訳ではないですぜ。真夏の香港であればこれは貴重に違いない!!
お酒を飲んでほろ酔い気分になったらこちらで酔いを醒まします(笑)
d0133225_22193438.jpg

d0133225_22194833.jpg

なんせ、気温は27度程度のところから一気にマイナス20度の世界!フェイクの毛皮は入り口で貸してくれます。ひょ~!!!涼しい・・いや、さぶい!!半そで・短パンの西洋人のお兄ちゃんは果敢にそのまま入りましたが、30秒後には「出してくれ~!!」と仲間に訴えてました(笑)
氷のブロックに囲まれ、涼しげなブルーのライトで演出された空間はちょっと幻想的ですらありますが、だいたいからして、みんな酔っ払った状態でハイになってここに入ってくるからね~。
美しい氷像のペア・チェアで記念撮影もできます♪
d0133225_22221666.jpg

[PR]

by magical_cat7 | 2009-06-13 22:25 | マカオ・香港
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30