いつかはここでのんびりと♪@オーベルジュ土佐山

高知レポも最後になります。
今回泊まったお宿・・・・ではなく、温泉&お昼ご飯をいただいたホテル「オーベルジュ土佐山」です♪
こちらの同じグループホテルの「オリエントホテル高知」に宿泊したのですが、翌日はせっかくだからとこちらのホテルに遊びがてら見学させていただきました!お仕事上で何度か伺っているのですが、残念ながらいつも客室の稼働率がよく、なかなかお泊りできないのが残念です。

場所は高知市内から車で30分程度。緑豊かな山の中のホテルです。
d0133225_2332736.jpg

こちらのホテルは「オーベルジュ」というだけあってお食事はとっても美味しい~♪宿泊客でなくてもホテル内レストランでのお食事やバーの利用、温泉の利用が可能です。
お昼の時間まで間があったので、まずはひとっ風呂。
d0133225_23385985.jpg

ガラス戸の向こうが、日がさんさんとふりそそぎ、緑が目に眩しい露天風呂です。
d0133225_23413872.jpg

レストランは以前は板の間に机という和のつくりでしたが掘りごたつ式やテーブル席も増えて快適です。
お昼はいくつかのコース料理から選べます。ミニコースから本格的な懐石まで季節によってメニューはもちろん変わりますし、地物が提供されるので食材は日によっても変わるそう♪
d0133225_23423659.jpg

今回は私はアメゴがメインのお魚のコースで♪ボリュームもたっぷりです。あれ?肝心のアメゴが写ってませんね。山菜シーズんだったので、山菜のてんぷらも初夏の香りぷんぷんでおいしゅうございました~♪芽吹く命のパワーをいたいている感じです。
「オーベルジュ」というとフランス語の響きからフランス料理のコースしかないように感じるのだけれどしっかり和食が提供されます。(笑)本場のオーベルジュを体験されている方(あるいは想像している方)にとっては「あれっ??なんか違う~??」って思うでしょうね。
デザートは2品から1つチョイスできます。今回戴いたのは苺のムース♪わーい、苺大好き~。
この辺では美味しいと評判の農家「門田」さん作、「モンちゃんのいちご」で作っているとのことです。
d0133225_23444082.jpg

コーヒーを戴いたあと、次はバーカウンターへ。常連らしきオジサマがいらしゃったので写真は遠慮してしまいましたが、テーブル席でいただいたのがこちら♪
d0133225_2346278.jpg

ストロベリーレッドも鮮やかに美しい、「苺のスムージー」(ノン・アルコールです!)こちらも「もんちゃんの苺」で作っていただいてます!こんなに幸せでよいのでしょうか?
d0133225_23472640.jpg

すっかりご満悦です。
さて、パブリックスペースを経て、客室棟へ。
ここはロビーへのアプローチと客室へ続く廊下を歩く時、常に水の流れているせせらぎが聞こえて、とってもリラックスできるのですよ。
d0133225_23491871.jpg

ホテル棟の客室はこの廊下に面しています。(ただいま客室清掃中につき~)
ホテル棟の客室も居心地が良いのですが、なんといっても私が狙っているのは4棟しかないヴィラ棟。ホテル棟の裏手にあり、ちいさな赤い吊り橋を渡っていきます。
d0133225_23512278.jpg

ヴィラ棟側からメインビルディングをみるとこんな感じ。
じっさいのお部屋はこんな感じです!
d0133225_2352950.jpg

大きなダブルベッドと
d0133225_23523311.jpg

静かな休日を過ごすにはぴったりのテラス。
d0133225_2353884.jpg

時計も、テレビもありません。その代わり、オーディオセットはいいものがおいてあります。ここができたばかりの頃(10年ぐらい前?)は携帯電話の電波もはいらなかったのにいまは入るようになったのが便利なような、残念なような。
お風呂にも本を持ち込んでのんびり半身浴したいかな。
d0133225_032815.jpg

実際にステイしてみないとわからない部分は多々あるけれど、そのうち泊まりに来たいホテルです。
[PR]

by magical_cat7 | 2009-05-15 00:08 | 四国
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30