レトロな茶館 民藝埕(ミンイーチェン)@迪化街(ディーホワジェ)

ようやく馬車馬月間もそろそろ終了~♡まだ気は抜けませんがそろそろピークは脱して落ち着いてまいりました。年をまたいでしまいましたがぼちぼち11月末~12月に行った台北母娘旅のことなどを記録していこうかと思っています。

さて、台北でもう1回行きたい、雑貨屋&ティーサロン「民藝埕(ミンイーチェン)」。
お土産探し&レトロな台北の雰囲気を味わおうとやってきたのは漢方薬屋や乾物屋でにぎわう、台北の古くからある問屋街、ディーホワジェ。喉もかわいたのでこちらのティーサロンに立ち寄ってみました。

1Fは雑貨屋さんということで茶器を中心に陶器を扱っています。ちょっとした展示会というかギャラリーみたいな雰囲気もありますよ。
d0133225_1413167.jpg

d0133225_1434942.jpg


お値段はそこそこしますが、素敵な器が多かったですよ。ちょうど行ったときは日本人作家の作品展をやっていました。

お店の奥にある階段を上がっていくと、2Fは広々としたティールーム。
d0133225_1453743.jpg


外は問屋街というだけあってなかなか雑然とした雰囲気なんですけど、このティールームはすごく静かでくつろげます。
d0133225_1482672.jpg

d0133225_1485115.jpg

なかなかレトロで素敵でしょう?
なんだか1920年ぐらいの上海映画に出てきそうな雰囲気です。
d0133225_14102447.jpg
d0133225_14103892.jpg

窓際に陣取ると、柔らかい冬の日差しとお茶の香りで、寛げます。
窓の外の風景もレトロで、初めて来た場所なのになぜか懐かしいような、記憶の中にあるような風景に不思議な気分になります。
d0133225_14131273.jpg

お茶の種類も豊富で、紙に書かれたメニューはもちろんあるのですが、そのほかにすべての茶葉に番号が振られていて、茶葉の詰まったガラスの小瓶がぎっしり詰まった籠を持ってきてくれます。お客様は実際に茶葉の香りを嗅いで、好みのお茶を選べるというシステムでした。
d0133225_14134442.jpg

ママンが台湾の代名詞のような「凍頂烏龍茶」を頼んだので私は「文山包種」を。爽やかな甘さが美味しい。
d0133225_14171039.jpg

d0133225_14172748.jpg

お茶請けにはドライフルーツや焼き菓子などが付いてきます。
お値段は少々高めですがゆったりとしたひと時を楽しむにはお勧めの場所でした。
喧騒をはなれて静かな時間を過ごされたいときにおすすめです。
[PR]

by magical_cat7 | 2014-02-11 14:19 | 台湾
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31