ある日の朝ごはん@南大門市場

なんだか、B級グルメに徹していた感のある今回のソウル4日間。。。「この親にして、この娘アリ」という親子関係を再認識した日々でございました。趣味のいい、素敵な場所で美味しいお食事をいただくのももちろん好きですが、買い食いB級グルメも大好き♪食に対する興味は親子ともども貪欲です。

最終日の朝も、「最後にやっぱり市場に行きたい」ということになり、南大門で立ち食い朝ごはん(笑)
日本では、特にママンたちの世代では絶対できないことのひとつですものね。彼女達の世代からすると、「立って物を食べる、ましてや歩きながら食べるなんて言語道断」ですから。。。外国の文化の中だからできることの一つなのでしょう。

朝、9時半ぐらいに行ってもお店は既に開店してますが、屋台の類は朝はほとんどオープンしていません。
お昼ぐらいからおやつ系屋台(この時期だとホットクとか、プンオパンとか)が出てきて、夕方以降には路上に椅子やテーブルも並び本格的な食事系屋台が連なっていますが、どうやら韓国は香港などの中華圏とはち
ょっと屋台文化も異なり、朝から出勤前に屋台で朝ごはん、という感じではなさそうです。

d0133225_1137415.jpg

食堂は朝からオープン、こういったスタンド形式で食べるような屋台(?)なら朝もちらほら見かけました。
d0133225_11412011.jpg

まだ食べたことのなかった「てんぷら」(ティギム)をつまむことにしました。ママン、ここでもオデンを一串つまんでました(笑)ちなみにここではオデンは串のまま、スープは小さな紙コップに入れてくれます。
ティギムはいろいろ具をえらべて1人前2500ウォン(175円)。ケースの中のものを選ぶと、目の前で揚げてくれます。衣もサクサク、アツアツです。サツマイモ、海苔巻き(ご飯の代わりに春雨のようなものが巻かれてました)、イカなどなど。コレに甘辛いトッポキのソースだけかけてもらって食べるのが韓国流らしいです。でも、正直、トッポキソースよりフツーに塩を振って食べたほうが美味しいような気がします。

ここで小腹を満たした後は、マンドゥ屋へ移動。
d0133225_11491435.jpg

お~、蒸しあがってる♪アツアツの湯気がたまりません~。食堂で食べれるらしいですが、お持ち帰りのお客様も多いようで、なかなか繁盛してました。皆さん、10個とか12個とか箱にいれてテイクアウトしていきます。
d0133225_1151651.jpg

私達は2個ちょーだい、ってことでビニール袋に入れてくれます。ニラとお肉がタップリ~♪美味い~♪
1個500ウォン(35円)です。そんなに大きくはないんですが、中味がぎっしり詰まっているのと、饅頭の皮も弾力があってフカフカしているので1個でもけっこうきますよ。^^

南大門も横道にそれると食材系のお店があり、料理好きな母はそこでも目が釘付け。
d0133225_11554277.jpg

香辛料や乾物を扱うお店では「松の実」を購入。日本で買うより安いらしいです。干し鱈も沢山あったけど、こちらの干し鱈は塩に漬けてはいないのでママンの思っていたものとちょっと違ったようです。
「イシモチ~。」
d0133225_11581083.jpg

いや、今日帰国ですから!ナマモノ、機内に持ち込めませんから!!
とはいえ、このイシモチという魚、韓国ドラマをみてるとよく食卓風景に出てくるのも確か。普通に塩焼きにしているようですが。。。最近だと「内助の女王(日本語タイトルだと「僕の妻はスーパーウーマン」)でもエリートサラリーマンの夫が夫婦喧嘩の最中に「俺はイシモチが食べたいんだ!!」と言ったり、仲直りの食卓では「うわ~イシモチだ!」と涙を流して喜んでいたシーンが印象に残ってます(笑)

それにしても料理好きなママンと市場を歩くと、いろんな魚や食材を教えてくれるので楽しいですね♪もうちょっと私の韓国語能力があれば、お店の人にこちらの調理方法を聞くこともできるのですが。。。。
今回はソウル初級者コースということで、もっとディープな「京東市場」には行かなかったのですが、次回は市場で食材購入して、ホテルではなくキッチンのしっかりしたレジデンスに泊って料理するのも楽しいかも知れません。
[PR]

by magical_cat7 | 2011-11-05 12:07 | 韓国
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31