夏の風物詩 大洲 肱川の鵜飼

ここのところは特にお外(海外)へのお出かけもなく、国内出張もなく。仕事も忙しいシーズンにはいったのでブログ更新はのんびりやってます。
でもね・・・・!!6月からはヨンハの全国コンサートツアーと共に私の全国ツアーも始まり(笑。ええ、全てではないですけど地方遠征もしますわよ~♪)、合間を縫って夏休みにも突入☆6月後半~9月アタマにかけてはちょこちょこ出歩くことが増えそうです053.gifあ~楽しみ♪(^^)夏の旅行は今回は珍しくバリではなくてちょっと遠出する予定。ただ今情報収集にいそしんでいます。

とはいえ、日本の夏もいいものですよね!
08年になりますが、鵜飼のシーズンに宇和島・大洲への出張があったので、鵜飼も見物してきました♪
d0133225_13405842.jpg

夕暮れ時、ようやく強烈な日差しもやわらいで涼しくなってきた頃、屋形船に乗り込みのんびりと肱川を下ります。お弁当を食べながら川面にそよそよと吹く風が気持ちよく、ゆったりした気分が最高。暑かった日の夏の夕暮れ時のこの時間ってなんでこんなに気持ちがよいのかしら?ビール片手だとなお最高かもしれない(笑)

辺りが夜の闇に包まれる頃、気がつけば自分達以外の屋形船がいくつも川に浮いています。やがて、鵜匠の乗った鵜飼船が夜目にも鮮やかなオレンジ色の松明を灯して登場。
d0133225_13482360.jpg

鵜匠が巧みな綱捌きで鵜を操り、鮎を飲み込んだ鵜を船に揚げては魚を取りだし、また川へ戻していく。。。肱川の鵜飼見物は鵜飼船と見物客を乗せた屋形船が併走して川を下っていくので、間近に鵜匠の姿や鵜の様子が見れるのが一番の特徴ですね。それに船頭さんの解説がつき、鵜飼船に近づいた時は、鵜がとった鮎をこちらの船に投げて見せてくれたり、鵜が飲み込んだ鮎取り出して見せたり、にご褒美として魚を与えるところもしっかり見れるところかな。鵜だってせっかく捕まえた魚を自分が一匹も食べられないのではかわいそうですものね~。
d0133225_13564766.jpg

鵜のほうも自分の役割をちゃんとわかっているようで、鵜匠との連携プレーはバッチリでした。
ちなみにこちらの肱川の鵜飼は日本三大鵜飼に数えられ(あと2つは岐阜県の長良川、大分県の三隈川ね)ており、シーズンは6月ー9月になりますので道後温泉辺りにご旅行される方は大洲までちょっと足を伸ばしてみてはいかがでしょう?松山からJRの特急で30分~40分、車で1時間ぐらいの場所です。
[PR]

by magical_cat7 | 2010-05-16 14:03 | 四国
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31