タグ:2013年 ( 52 ) タグの人気記事


開運印鑑オーダー@兄弟冶印

今回の台湾(2014年3月)でもほとんど買い物はなし・・・。お洋服2着ぐらい+お茶ぐらい??
で、前回の台湾(2013年11月)で紹介していなかったものなどをちょこっと紹介したいと思います。

実は私、子供のころに「守り印だ」と作ってもらった柘植のハンコを大事に使っていたのですが、持ち歩いているうちになんと!!!欠けた・・・・・!!!
それ以来、中国旅行でプレゼントとして作ってもらったメノウのハンコを使っていたのですが、やっぱりちゃんとした印鑑が欲しくて台湾でオーダーしてみました♡

せっかくですからここは姓名判断もしてもらいつつ、お守り代わりにもなる開運ハンコ、作るしかないでしょ~!!・・・ということであちこち調べた結果、評判のよかった&立地的にも行きやすそうな「兄弟冶印」さんに行ってみることに決定。

MRT雙連駅から徒歩で数分。迷うかな~、っと思ったのですが地図通りに進むとすぐ見つかりました!赤い看板が目印のお店です。

日本語ができる人がいることを祈りつつ、いなかったら英語で、最悪は漢字の筆談で・・・っと覚悟を決めていたのですが、日本語ができるお姉さんがいて助かりました♪

ハンコを作りたい旨を伝えると、まずは「実印」か「認印」かを聞かれます。そして用途や予算を伝えつつ、まずは印材選び。先に姓名判断から入る場合もあるようです。
d0133225_22163796.jpg

印鑑の材質は水牛の角やメノウ、タイガーアイ、ローズクォーツなど。色味もいろいろあるので違いのレクチャーもしてくれます。メノウは赤メノウもありますが比較的、人口的に色を入れやすい素材なのでピンクやラベンダーといったカラフルな色もあります。インドヒスイ(アベンチュリン)なんかも産地によって色味が違うので産地も教えてくれますよ。
私は予算もあんまりないし、最初はポピュラーな赤メノウでいいかな、っと思ってたんですが姓名判断と自分の希望をつたえていたらやっぱりローズクォーツがいいということになり、土壇場で材質変更(^^;)
お姉さんいわく、台湾産のローズクオーツは色味が淡いらしい。へ~、台湾でもローズクォーツ採れるんだ!せっかくなので予算若干オーバーですが台湾産のものを選んでいただきました♪

ハンコは姓のみ、名のみ、フルネームから選べるようなのですが、私の場合は名前だけのもので作成。
姓名判断は名前の総画数と印鑑周囲の交点の数で導きだします。なので、万が一、名前の総画数が少々わるくても、印鑑周囲の交点の数を調整することで、たりない箇所(運)を補ったり、理想的な画数を作り出します。これが開運印鑑のいわれなんですね~。私の場合は女性としてはちょっと運勢が強すぎる(男性だったらものすごく吉運らしいのですがwww)とのことで、バランスの良い画数に調整していただきます。
d0133225_22295365.jpg

職人の先生が白い紙にフリーハンドで開運画数にするべくデザインと文字の配置を書いてくれます。
材質とデザイン(書体)も決まりお支払、6600元(約2万3千円)。
出来上がりは翌日の夜とのことで、この時は東門近くのホテルに宿泊していたこともあり無料でフロントに届けていただけました♪
d0133225_22554458.jpg

中には綺麗に清書された自分の名前とつくった印鑑の字画数の説明書きも添えてありました。
大事に使おうと思います♪
[PR]

by magical_cat7 | 2014-05-13 00:00 | 台湾

美味しいヘルシーデザート 豆腐花@豆花荘

MRTの「雙連」駅を出て、ぶーらぶらお散歩。民生西路をディーホワジェに向かって歩いていくと、寧夏路夜市のエリアに差し掛かります。
今回の台湾ではちょっと体調を崩してしまってあんまり食欲がなかったので食事が楽しめなかったのですが、あっさりとした豆腐花なら大丈夫だろう、っと寄ってみました♪
d0133225_2112925.jpg

「豆腐花(タウフファ」は日本でもヘルシーデザートとして一時期は見かけたんですけど、定着しなかったみたいですね。
香港や台湾に行くと、必ず食べるほど私は好きですが、日本で売ってたのは確かに「似て非なるもの」って感じでしたからね(^^;)
d0133225_2115022.jpg

わ~、トッピングもいろいろある。
タロイモなども台湾っぽくて惹かれますけど、ここはタピオカでいってみましょー。
d0133225_2118115.jpg

デザート、とはいえ結構なボリュームです。これで35元(約120円)
冬なので暖かくしたものをいただきます。ほっとする甘さと滑らかなお豆腐が美味しいです。
何気なく、たまたまこちらのお店に入ってみたのですが、帰国して調べてみたら結構な有名店でした。
夏は冷たくしていただけるので台湾に行かれたらぜひ試してみてください♪
[PR]

by magical_cat7 | 2014-03-09 21:27 | 台湾

台湾でチャイナシューズのお買い物!@小格格鞋坊(シャオグーグーシェファン)

しかし・・・考えてみたら、今回の訪問で台湾は3回目でしたが、最後に行ったのはいつだったか・・・??たぶん、いまから15年以上前だったかと思われます(汗)よって、記憶に残っていた台北とはずいぶん様変わりした感じがしました。

女子旅で人気の台湾ではありますが、特に物欲はさく裂せず(笑)うーん、韓国とのこの違いはなんであろう??っと思うほどにお買い物はしませんでした。まあ、台湾の物価はそれほど安くはないし、何と言っても円安傾向の中では、海外旅行ショッピングのうまみはあんまりありませんわね。(・・・・といいつつ、羽田空港のフェラガモでコインケースを買いましたが・・・・汗。だって免税だし、いままで愛用していたヤツがボロくなったし。)

そんな中でも「チャイナシューズ」と「ハンコを作る!」という目的だけは持ってましたので、今回はこの2つに照準を絞って行きました!

目指すは西門にある、有名店「小格格鞋坊(シャオグーグーシェファン)」
出発前からいろいろみてましたが買い物に時間をかけたくなかったのでこちら1店に絞りました♪
d0133225_2165140.jpg

お店の場所がわからず、さんざんウロウロ、つたない中国語(うわー、大学でちょっとでも勉強しててよかった!!)でおっちゃんたちに道を尋ねようやく見つけた!!
地図が間違ってる(・・・てか、アバウト?)んだよ、「aruco 台北」!!!さすがというか、やっぱり「地球の歩き方」のノリだわ・・・。やはりガイドブックは昭文社に限るわ~。

そして有名店の割には、ずいぶんちっちゃなお店で拍子抜け。
でも壁にはこれまで紹介された数々の雑誌・ガイドブックの表紙が一面を飾っております。
d0133225_2193962.jpg

いや~ん、可愛いのがいっぱい♪
どれにしようか迷っちゃうー!!
d0133225_21101530.jpg

サイズは言えば出してくれますし、お店の隅っこにはセール品も積まれておりました。
やっぱり、ピンクに目がいきますねぇ・・・。
d0133225_2111319.jpg

「確かに可愛いけど・・・あんた、これ、どこで履くの?ルームシューズ??」
っとママンからのごもっともなご質問。いえいえ、ルームシューズにしてはがっちり過ぎるでしょー。会社の社内履きよ、社内履き♪いままで履いてたナースシューズがだいぶ劣化してきたのでね。ジミーな1色よりも、刺繍があって、かかとがあったほうが気分も上がるし、仕事もしやすいじゃなーい♪
d0133225_21135966.jpg

赤も可愛い・・。ピンクも可愛い・・・。
「社内履きにチャイナシューズを・・・???」っと娘のセンスに戸惑いの視線を投げてよこすママンを横目に、いろいろ試し履きをさせていただきます。ええ、私、シックなものより華やかなものが好き!

しかし!そう、用途はあくまでも社内履き。。。。あんまりド派手なものはどうかと思う・・・。
お店のおばあちゃん(おばあちゃんは日本語がちょっとできる)と話しながら、結局こちらの2足を購入しました。
d0133225_21202870.jpg

1足は黒をベースに刺繍がきれいなもの。
d0133225_2121489.jpg

冬は黒のボトム&黒のタイツがおおいので、やはり馴染のいい黒ベースの靴は外せないでしょう。加えてセーターやカットソーなどはピンクやブルー系なんかもよく着るし、まあスカートもダークグリーンや赤、ピンクなども着ることもあるので意外に刺繍の色がなじみます(笑・・・あ?自分でそう思うだけ??)
もちろん、現在、こちらの黒は毎日会社で活躍中ですわよ~。
d0133225_21254743.jpg

もう一足のは金色にブルーの小花が散っている、オープントウ。こちらは黒タイツからストッキングに履き替える頃に履く予定です♪
ちなみにお値段ですが、2足で1,350台湾ドル(=約4700円)でした。
まあ、2足かってしまったし、普通に外で履くことはないと思うのでしばらくは行かないと思いますけど、でも観てるだけでこういうのってウキウキしてくるんですよね~。

にほんブログ村 旅行ブログへ
にほんブログ村
[PR]

by magical_cat7 | 2014-03-02 20:00 | 台湾

散策@ディーホワジェ

馬車馬月間終了!
あとは人事異動の発令さえでれば、3月の有休消化に入ろうと思います♪
去年の今頃は「ゆかいな仲間たち」とともにナマステ☆インドの旅を楽しんでいたな~。
今年は「ゆかいな仲間たち」はバルセロナ・ビルバオ・パリ1週間という強硬日程で昨日から旅立っておりますが、ワタクシはお留守番・・・・。あうあうあう。来週・再来週と出張続きで泣く泣く同行をあきらめました(T T)
まあ、そんな強硬日程すべてには付き合わないけどさー、パリかバルセロナでジョインしたかった(涙)私は1都市1週間の滞在が希望だったので(笑)

私は今回はそんなに長く休めないので、3月末に日程が許せばちょろっと近場にお出かけかな~。

さて、台湾旅行の続きです。
先日ご紹介した素敵な茶館の周辺がどんなところかといいますと・・・乾物屋や漢方薬屋、お茶屋などが軒を連ねる下町エリアです。とはいえレトロな建物が立ち並び、台湾の古跡にも指定されているそう。なかなか雰囲気がある場所で、ひなびた感と地元の活気が何とも言えず、散策には魅力的なエリアでした。
d0133225_2037653.jpg

そぞろ歩きも楽しく♪
漢方薬は処方も良くわからないので、パスしましたがお土産用に茶梅やドライフルーツなども売っていますので味見しながら買い物するには楽しい場所でした。売り込みもそんなに激しくはなかったです。
このエリアにはもう一つ、観光地というか手芸大好き女子にはお勧めのお店がありまして・・・。
d0133225_20415936.jpg

「永楽布市場」という場所です。
見た目はコンクリート打ちっぱなしの建物ですが、ここは台湾最大級の布地市場でもあり、なかは布問屋でひしめきあっておりました♪仕立て屋さんもちゃんと入っているので、気に入った布を買って、仕立て屋さんが集まっているフロアに持ち込んでオーダーメードも可能です。
ただし、日本語が通じるかどうかは不明ですけどね。。。。
d0133225_20455517.jpg

ガイドブックやお土産モチーフにも人気の「台湾客家花布」もたくさんありましたよ!(私はイマイチ、キッチェな感じがして好きになれないのですけどね、この柄と色使い・・・)

布は特に買ったりしませんでしたけど、だいたい1ヤード単位の販売のようでした。チャイナドレスの生地はもちろんですが、ホントに用途・柄・種類が豊富だったので手芸が好きな方にはお勧めのスポットでした。
あ、ちなみに私は全くの不器用さんなので手芸は一切いたしません・・・・。学校の家庭科で十分でございます(笑)
[PR]

by magical_cat7 | 2014-03-01 20:53 | 台湾

レトロな茶館 民藝埕(ミンイーチェン)@迪化街(ディーホワジェ)

ようやく馬車馬月間もそろそろ終了~♡まだ気は抜けませんがそろそろピークは脱して落ち着いてまいりました。年をまたいでしまいましたがぼちぼち11月末~12月に行った台北母娘旅のことなどを記録していこうかと思っています。

さて、台北でもう1回行きたい、雑貨屋&ティーサロン「民藝埕(ミンイーチェン)」。
お土産探し&レトロな台北の雰囲気を味わおうとやってきたのは漢方薬屋や乾物屋でにぎわう、台北の古くからある問屋街、ディーホワジェ。喉もかわいたのでこちらのティーサロンに立ち寄ってみました。

1Fは雑貨屋さんということで茶器を中心に陶器を扱っています。ちょっとした展示会というかギャラリーみたいな雰囲気もありますよ。
d0133225_1413167.jpg

d0133225_1434942.jpg


お値段はそこそこしますが、素敵な器が多かったですよ。ちょうど行ったときは日本人作家の作品展をやっていました。

お店の奥にある階段を上がっていくと、2Fは広々としたティールーム。
d0133225_1453743.jpg


外は問屋街というだけあってなかなか雑然とした雰囲気なんですけど、このティールームはすごく静かでくつろげます。
d0133225_1482672.jpg

d0133225_1485115.jpg

なかなかレトロで素敵でしょう?
なんだか1920年ぐらいの上海映画に出てきそうな雰囲気です。
d0133225_14102447.jpg
d0133225_14103892.jpg

窓際に陣取ると、柔らかい冬の日差しとお茶の香りで、寛げます。
窓の外の風景もレトロで、初めて来た場所なのになぜか懐かしいような、記憶の中にあるような風景に不思議な気分になります。
d0133225_14131273.jpg

お茶の種類も豊富で、紙に書かれたメニューはもちろんあるのですが、そのほかにすべての茶葉に番号が振られていて、茶葉の詰まったガラスの小瓶がぎっしり詰まった籠を持ってきてくれます。お客様は実際に茶葉の香りを嗅いで、好みのお茶を選べるというシステムでした。
d0133225_14134442.jpg

ママンが台湾の代名詞のような「凍頂烏龍茶」を頼んだので私は「文山包種」を。爽やかな甘さが美味しい。
d0133225_14171039.jpg

d0133225_14172748.jpg

お茶請けにはドライフルーツや焼き菓子などが付いてきます。
お値段は少々高めですがゆったりとしたひと時を楽しむにはお勧めの場所でした。
喧騒をはなれて静かな時間を過ごされたいときにおすすめです。
[PR]

by magical_cat7 | 2014-02-11 14:19 | 台湾

2013年旅の記録&ご挨拶

ご無沙汰してます、マジカルです。
実は11月末から恒例のママンとの母娘旅行にタイペイに行っておりましたが、まさかのワタクシの体調不良により、ほとんど動けず(涙)ろくに写真も撮っていません。
そして恒例の馬車馬月間突入につき、いまだに1本のレポもあげておりませんwww。

さて、今年も残すところあと2日。
あんな、こんなの2013年。今年の旅の記録です。

1月・2月は馬車馬月間につき、どこにも旅立てず、せっせとお仕事しておりました。

3月。
2013年の初の海外旅行は「ゆかいな仲間たち IN INDIA」!!!!!
d0133225_2240767.jpg

1月&2月の馬車馬月間で稼いだ残業代を手に、ANA便に乗って向かった先はデリー・アグラ・ジャイプールのインド北部黄金のトライアングルルートです。高校時代に世界史の資料集でみていた「タージマハル」に、まさか実際に行ってみることができるなんてあの頃は思ってもみませんでしたよ。
特に気に入ったのはジャイプール。人々の纏うサリーの色鮮やかさや建築物の美しさなど、もっとゆっくり見ていたかった。
「インドの洗礼」も受けましたが、めちゃくちゃ楽しかったのでまたそのうち、ゆっくりと旅してみたいです♪

インドから帰った後は金沢に出張。

4月。
バリブログのブロガーさんたちと高知オフ会で1泊2日の高知の旅。朝市でのお買い物、お目当てのカツオの塩たたきなど高知の食を満喫♪

5月。
能登への出張。北陸はお魚も美味しく、風景も美しく♪ブナの森に癒され、羽咋では宇宙人のサンダー君とお友達になりました♪

6月の後半からはぼちぼちと仕事がまた忙しくなり、7・8月は夏の馬車馬月間に突入~!合間に「世界遺産検定」の2級をうけたりしてました。なんとか世界史の知識でのりきれて合格できたけど、使い道があるのか??この資格・・・・(汗)

8月。
月末はむりくり週末を絡めてお休みをもらって、大好きなパク・ヒョシンの出演するミュージカル「エリザベート」を観にソウルへ~!!舞台も素敵でした♡♡♡ 本人を間近に観て、おまけにサインまでしてもらって、今思い出しても顔がゆるみます(笑)
「エリザベート」でヨーゼフ役を演じた俳優さんとツーショットを撮ったり、写真館で韓服を着て写真をとったり、かなりテンションが上がった旅でした!「ゆかいな仲間たち」も途中から合流し、ミュージカルがはねた後は夜中にマッコリ片手に部屋のみ女子会。女子の話はつきませぬ。
d0133225_2315730.jpg


9月。
若干よれよれになりながら、北陸出張へ旅立ち、白山でのご来光トレッキングや白川郷&五箇山でネタ探しをし・・・。ようやく9月に遅い夏休みをいただき、バリ島へ旅立ち心身の充電を。やっぱ海はいいな~♡
d0133225_22563355.jpg


さすがに8月・9月とお出かけが多かったので、10月は出張以外はおとなしく東京におりました。今年はちゃんと韓国語の試験(TOPIK)も受けましたよ。とりあえず初級の2級に合格しました。(^^)V
10月末は人事異動で担当エリアが変わったので松江に出張。プライベートでも何度か遊びにいっておりますが、やっぱり松江や出雲周辺は空気も人も穏やかで癒されます。今年は出雲大社60年ぶりの遷宮ということで大いに盛り上がっておりました。

11月。
連休は徳島にいる友達を訪ねて1泊2日徳島の旅。大阪からの友達も合流で、楽しかったです♪
翌週には仕事で高知&高松出張。
そして最終週にはママンとの恒例の母娘旅。今年のリクエストは「故宮博物館と中華料理!」とのことで台北へ3泊4日で行きましたが・・・・。私の体調不良により、食事が…食事が・・・!!!満足な食事ができなかったー!!!
北京ダックのフルコースや、飲茶、フカヒレやヌーベルシノワなどあんなにレストランをチェックしたのに!!
かろうじて小龍包はたべましたけどね・・・(--;)
d0133225_23121886.jpg

そして3度目の台湾にも関わらず、またもや九份に行けなかった・・・・。
台湾レポは落ち着いたらおいおい・・・(^^;)

12月・・・弾丸ソウルに行こうともおもったけど先立つものもなければ時間もない。去年の今頃はヒョシンの美声に酔いしれてコンサートを満喫しておりましたが今年はヒョシン、アルバムだしてないからコンサートがない・・・・。来年の楽しみにとっておきます。

ここ3、4年は円高の恩恵を受けて海外旅行を満喫していましたが、じわじわ円が下がってきているので来年はどうなるかな~??

それでは皆様、今年もとりとめのない旅ブログにお付き合いいただき、ありがとうございました。
よい年をお迎えくださいね!

With a lots of Love♡
[PR]

by magical_cat7 | 2013-12-29 23:29 | ご挨拶

まだ使ってないけど・・・。こんなのも買ってみました!かっさプレート@エチュードハウス

d0133225_11492011.jpg

やっぱり、お顔もマッサージしたほうがいいんですよね。わかってるんです、わかってるんですが~!!
めんどくさくていつもしてません(--;)

とりあえず、道具から、っとおもい渡韓の際に買ってみました♪
お値段6000ウォン(約500円)と激安!小ぶりの陶器製で手の中にすっぽり入ります。

韓国語ではありますが、マッサージのやり方や使う部位についても図入りの説明書きがあって解りやすいです。韓国語がわからなくてもマッサージの図をみればたぶん大丈夫(^^)

小顔目指して・・・・今日からちょっと頑張ってみます・・・・。
[PR]

by magical_cat7 | 2013-11-14 00:00 | 韓国

使ってみました!V7レリーフビタドロップ@ドクタージャルト

久しぶりに韓国コスメの話題です。
以前、評判がよかったので使ってみた、ドクタージャルトのV7 ビタレーザー2.1.
しかし1本使い切ったところではなんら肌に変化は見られず、そのまま放置をしていたわけですが、夏の終わりとともに、美白ケアに力を入れねば・・・!っと今回は同じシリーズの「V7 レリーフビタドロップ」と併用して使ってみることにしました。
d0133225_11304863.jpg

「V7 レリーフビタドロップ」ですが、爽やかな柑橘系の香り。テクスチャーは、ぷるっとした感じの水分が多いクリーム、といった感じですが肌にのせると、水分に変わり化粧水のようになります。

効能としては、疲れた肌に溶け込むビタミン水玉 [美白+生気与え+肌の鎮静+細胞再活性]ってことらしいです。

使用方法は「セラム(乳液)の後、クリームの前」ということだったので、私の場合は夜だけ、化粧水+乳液+ビタドロップ+ビタレーザーで使っていますが、今使っている乳液との相性が悪いのでしょうか~?なんか肌になじまず、弾く気がします・・・・・(--;)試しに素肌(デコルテ)にそのまま載せたら、すぐ浸透しましたけどね~。

まあ立て続けに肌にのせるのが悪いのかな~、っとおもって、化粧水+乳液のあとは3分ほど放置、その後ビタドロップ、またちょっと置いてからビタレーザーを使っています。

使用後1か月強立ちますが、効果のほどは・・・・?うーん、わからん!!!!
もともと肌に弾力はあるほうなので生気と細胞活性はあまり効力がわからないのでしょうが、肝心の美白は・・・・???夏の日焼けは落ち着いてきたけど、目立つシミは薄くもならず・・・・。

とりあえず使い切ってみてからの様子見となりそうです(T T)
[PR]

by magical_cat7 | 2013-11-12 00:00 | 韓国

サムソン美術館 Leeum@漢江鎮

10月末から人間ドッグだの、出張だの、国内旅行だのでブログを開かず、すっかりご無沙汰しております。
現在はやってくる次の「馬車馬月間」に怯えつつ、毎年恒例のママンとの母娘旅行について計画中~☆

8月末のソウル旅行のメモもまだのこってましたので今週は予約投稿でソウルがらみのものをアップしていこうと思います。

8月末の一人行動期間中は前々から行ってみたかったサムソン美術館 Leeumへ行ってきました!最寄駅は6号線の漢江鎮ですが、梨泰院でぶらぶらしていたのでそのまま一駅歩いてみました♪大通りには結構カフェもあって、映画「建築学概論」のロケ地にもなった「TAKE OUT DRAWING」などもありました。

d0133225_10402250.jpg

高級住宅地っぽい大きなお家が並ぶなかにスタイリッシュな外観が。こちらが現代美術を展示している建物かな・・・っと思いきや家具のお店みたいです(笑)
d0133225_10404946.jpg

d0133225_10515960.jpg

美術館の入り口横には青い芝生も眩しい、広場があります。そこにもモダンアートが野外展示されてました。
美術館入り口。入り口までの通路にもアート。埋め込まれた数字が形を変えていろんな数字を点滅させます。これは直島の家プロジェクトに似てる気が・・・??
d0133225_10502778.jpg

d0133225_10523085.jpg

入場料が常設展示が大人1万ウォン。特別展が開催されている場合は常設展と共通のチケットもあれば、特別展だけのものもあるようで、展覧会の内容によって値段は変わるようでした。
荷物をクロークに預けられるので便利です。音声ガイドもちゃんと日本語版があって、2000ウォンぐらいで借りられるので、これは借りておいた方がいいですね。
館内は韓国の古美術を展示している館と現代アートを展示している館とにわかれ、まずは古美術展示をしているMUSIUM1の4Fからスタート。徐々に下の階へ降りてくるような順路になっていました。
音声ガイドに従ってみていると2時間以上はかかりそうでした(^^;)
私が個人的に好きだったのは2Fの古書画かな。昔の朝鮮の風俗画なんかもあって面白かったです。
ドラマ「風の絵師」に描かれている金 弘道(キム・ホドン)の作品も展示されていました。
金属工芸などの展示もなかなか興味深かったです。
現代アートのMUSIUM2については草間弥生さんなど日本のアーティストなど外国人の作品も多く展示されていました。ん~、面白い作品がいくつもあったけど、現代アートの抽象画は私にはまったく面白みが感じられないので(・・・というより、「コレ、なに?」って感覚しかない。。。)もっぱら立体的なものばかり見てました。
古美術についてはその造形や構図の美しさなり、書かれたビジュアルの美しさなりが解るのですが、どーも現代アートってやつは苦手です。一人よがりにしか見えず、かといってその世界観を他社が共有・共感できるまでの表現力があるとは思えない作品がほとんどなんではないでしょうか?
d0133225_11115740.jpg

こじんまりとしたミュージアムショップもあります。作家ものなどの工芸品のほか、ネクタイやスカーフ、文具などもあってなかなか楽しかったですよ。
[PR]

by magical_cat7 | 2013-11-10 12:00 | 韓国

ウブドのオーガニックカフェ@Down to Earth

私が最初にバリ島の土を踏んだのはいまから20年以上も前のコト・・・。
その頃は衛生状態もあまりよくなく野菜は必ず火が通ったもの、飲み物には氷を入れずに・・ってのが鉄則だったような気がします。それが今では、生野菜のサラダも安心して食べられるといったレベルではなく、ヘルシー志向の欧米人が大挙して(?)押し寄せてくるせいもあってかオーガニックなベジタリアンフードを出すレストランやカフェがウブドにはいくつもできて、安心かつヘルシーな野菜料理が食べられるようになりました。すごいね~。

私は肉食なので、ベジタリアンフードばかりでは生きていけませんが、旅行中はついつい食べ過ぎてしまうため、たまーに重くなった胃腸へのいたわりのためにベジタリアンフードをいただくことがあります。

・・・ということで、この日はボディーワークスセンターでマッサージを受けた帰りにたまたま見つけた「Down to Earth」というカフェに入ってみました♪場所はボディーワークスセンターからすぐのところです。ハノマン通りをちょっと脇道にそれたところにあり(ゴータマ通り)、1Fはオーガニック食材やその他健康食品などを扱うお店、2Fがカフェになっていました。

2Fは明るくてくつろげそうな雰囲気でしたよ。でもちょっと外の風にあたりたかったのでテラス席へ。
d0133225_22384489.jpg

メニューはベジタリアンフードではありますが、日本っぽいネーミングのもの(豆腐を使ったメニュー多数あり!)やメキシコ料理、インド料理、中近東料理など盛りだくさん!メニューは英語だったので読み込むのに結構な時間がかかってしまいました。

この日は蒸し暑かったのでガスパッチョとサンドイッチという軽めのメニューを選びました。
いや~、ビタミンはたっぷり取りたいしね~。夏野菜の冷製スープのガスパッチョ、好きだしね~♪
ええ、わたくし的には「軽め」と判断したんですよ。だって、肉とかじゃないしー!野菜だしー!
でもね、この手のレストランが欧米人向けだということをすっかり失念しておりました。。。。。
d0133225_22414944.jpg

なんですか~!!この大量な「ガスパッチョ」は!!ふつう、グラスでサーブされるものでない?せめてカフェボールぐらいの大きさとか??こちら、ほかに比較するものがないんで大きさをお伝えしにくいんですが、
ラーメンどんぶり・・・とまではいかないものの、お蕎麦やうどんが入るような大きさの器で出てきました。
d0133225_22454314.jpg

それとサンドイッチ。(名前わすれた・・・)これも結構な大きさでした。B5サイズのノートにぎりぎりおさまるぐらいの大きさ、とでも申しておきましょうか???

2品ともお味のほうは美味しゅうございました(笑)ガスパッチョはさっぱりした味でトマトの味も効いているし、そのほかセロリやパプリカなんかも入ってる味がしました。「あー、野菜たべてる~」って感じです。
サンドイッチも特に美味しいってわけではないですけど、「ベジタリアンフード」っと意識することもなく、普通に美味しかったです。

本当はこの後、デザートとお茶でもいただこうかと思ったんですが、予想外の量とボリュームにギブアップ。
ガスパッチョは飲みきれませんでした。「お美味しかったけど、私には量が多かったみたい」ってお姉さんにいったら「持って帰る?」と聞かれました。さすがブンクスのお土地柄。ビニール袋にいれてもらおうかともチラっと考えたんですけどもうお腹もはちきれそうだったので遠慮しました。

もちろん、ここからホテルまで腹ごなしに歩いて帰りました・・・・・。
[PR]

by magical_cat7 | 2013-10-31 00:00 | バリ島
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30