タグ:ホテル ( 62 ) タグの人気記事


2015年 パリ&ヴェネチア リド島のホテル ヘルベティア

リド島の船着き場から、一番の目抜き通りのサンタ・マリア・エリザベッタ通りにあるいて3分ほどのプチホテル、「ホテル ヘルベティア(HOTEL HEIVETIA)にチェックインしました。ここで4泊、ゆっくりと過ごす予定です。

ホテルの目の前が一応、島一番の目抜き通りにあたるのでホテルやカフェ、両替場所やレストランのほか、ジェラテリアなどもあってすごく便利でした!スーパーもこの通りに1軒あるので、お菓子やお惣菜なども買えます。さらにリド島は細長い島なので、この目抜き通り沿いに15分程度歩けば、夏は海水浴客であふれているであろう、ビーチにもでれます。ホテル内にはランドリールームはないものの、歩いて5~10分ほどのところにコインランドリーが併設されている洗濯屋さんがあり、これもポイント高し!4泊以上の旅行だと、例え冬であっても、どうしても洗濯が必要となってくるので助かります。滞在中1回利用しました♬
d0133225_22381654.jpg

外観はこんな感じです。こじんまりしているホテルですが、私が止まったののは2F(実際には3F)の角部屋でした。
お部屋はこんな感じです。
d0133225_22402914.jpg
こちら、入口から見た図。右奥のドアはバスルームのドアです。
d0133225_22461366.jpg
で、こちらがバスルーム側から見た図。結構広めで、何よりも窓が3つあって明るいのが気に入りました!!いや~、ここは部屋にいても圧迫感もなく、気持ちよく過ごせるぞwww。
一人だし、割とホテル内でくつろぐことが多いので、窓の開閉が自由にできるのと、とにかく部屋に日差しがはいって明るいのが一番うれしい。さすがに夜はヨーロピアンスタイルの照明なのでちょっと暗めですが、夜は本が読める読書灯があれば、一人だから全然かまいません。ベッドから真正面の鏡の上に薄型TVがありますが、チャンネルは少なかったような。。。
d0133225_22420684.jpg
室内は基本、飲食禁止の張り紙がエレベーターに貼ってありました。飲食は中庭のテラスでしてね、とのことで。
でも夜の中庭は結構寒かったので、部屋でスパークリングワインのみながらオリーブつまんでしまいました。飲食禁止とはいっても、ミネラルウォーターとチョコレートぐらいは問題ないかとおもいます。お部屋を綺麗に保つためのホテルのルールでしょうね。そんなわけで、当然、冷蔵庫もありませんし、ティーサーバーもありませんでした。
ホテルは古そうだったけど、どこもきちんと手入れがされていて、清潔・快適でした。カーペットにもシミやタバコの焼け焦げなどもありませんでしたよ。カーペットのシミって一つあるだけですごく印象が悪くなるから、ここはそういう意味でもちゃんと大事にされているホテルだな、っておもいます。
d0133225_22412124.jpg
バスルームもひろめ♬うれし~!写真には写っていませんが、左側にも窓があります。(鎧戸しめて入りますけどね。もちろん。)バスタブもゆったりサイズで長時間の移動時間の疲れをいやせました。

ホテルスタッフも最初は不愛想に見えましたが、必要なことはすべてやっていただけますし、英語も通じるし特に問題はありませんでした。(帰る頃にようやく打ち解けてきた感があった・・・)基本的に私は部屋を汚さない・散らかさない、と綺麗に使うので、お掃除のおばちゃんからも高評価だったはずだしwww

朝食は基本的には毎朝、パン(2~3種類)、ハム(3~4種類)、チーズ(3~4種類)、ケーキ(3~4種類)それにリンゴ、というバッフェスタイルです。ああ、あとシリアルとヨーグルト、ドライフルーツかな。飲み物はジュース、ミルクのほか、豊富でしたね。さすがに4回目は飽きましたけど、それなりに美味しかった。

唯一、不満だったのは写真はあえてとらなかったけど、ベッドボードの上に飾ってあった絵画。
なんか・・・皮膚の青白い、少年とも青年ともつかない年恰好の男の子の上半身がえがかれた絵なんですけど、怖かったです。
ま、夜金縛りにも合わなかったし、平和に惰眠をむさぼっていたので何かあるわけではなさそうでしたが、やはり人物がは落ち着かないですね・・・。せめて風景画とかにしてほしいもんです。(笑)

お値段もリーズナブルだし、なにしろお部屋が明るめだし、ロケーションも満足&便利。また泊まってみたいホテルです。

[PR]

by magical_cat7 | 2016-01-17 23:08 | イタリア | Trackback | Comments(0)

2015年 パリ&ヴェネチア パリ1泊目  イビス パリ シャルルドゴールエアポート

今回の旅は、日本からパリ往復の航空券+エクスペディアでパリ⇔ヴェネチア間の航空券+ホテルのパッケージを購入、パリのホテルは別途ホテル・コムで予約しました。

パリ到着の翌日の早朝便(朝7時20分!)のエールフランスでヴェネチアのマルコポーロ空港へ出発で組んでいたので、到着日は空港近くのホテル、イビス・パリ・シャルルドゴールエアポートに宿泊しました。シェラトンがターミナル直結なのですが、さすがにお高い。。。T3ターミナルの目の前という立地とお値段の手ごろさから選びました。実はイビスはドゴール周辺に3件ぐらいあります。空港ターミナルから巡回バスにのっていくイビスは安いのですが、やはり早朝便だと不慣れな土地では乗り遅れが怖かったので、徒歩圏内で移動できるという安心をお金で買いましたwww

ANAでパリ・シャルルドゴール空港に到着すると、T1ターミナルへ到着します。


d0133225_22292163.jpg
なが~いエスカレーターにのって、かなり距離を歩いてイミグレーションまで移動します。

余談ですが・・・・昨年(2014年)のパリ&ロンドンの時はロンドン・ヒースロー空港からの帰国だったので気が付かなかったのですが、このT1ターミナルって古くて、免税店がめちゃめちゃショボイです💦帰国をT1からされる方は免税品を空港で買おうとは思わずにパリ市内でご購入の上、空港で免税手続きをすることを強く勧めます!!ヨーロッパへ行ったので、せっかくだから家族へのお土産はヨーロッパブランドのものにしようとしたのですが、品数も取り扱いブランドも少なくて、びっくり!パリなのに!!
JALおよびエールフランスが離発着するT2ターミナルは素晴らしい品ぞろえでしたので落差にビビります。T1も免税店売り場が改修工事中だったので今後は期待できることを祈ります。

荷物をとって案内に従って、鉄道駅のほうへでます。


d0133225_22300149.jpg
第3ターミナルへは、空港ターミナル間をつなぐ無料電車CDGVALに乗って移動。駅を降りて地上階へでます。空港周辺のホテルへの巡回バスの乗り場にはこんな青い看板が出ているのですぐわかりますよ。空港ターミナル間をつなぐ電車CDGVALの駅とパリ市内へ入るRERの駅はここで乗り換えられます。同じ駅の構内だから移動は便利です。
今回わたくしの泊まるイビスホテルはバスには乗らずに、この青い看板のある出口とは反対側の出口をでた目の前にあるのでほんと、便利でした。ちょっとわかりにくいけど道順がでているのでそれに従って歩けばほんとすぐ。一般のバスターミナル方面にでれば目の前です。早朝・深夜の発着ならロケーションはサイコー。

さて、イビスのお部屋。





d0133225_22335207.jpg

なかなか広めで小奇麗ではありますが、一言でいうと「簡素」
最低限のアメニティしかありません。清潔感もほどほどですね。
バスルーム・・・せまっ!


d0133225_22361992.jpg

d0133225_22351077.jpg

まあ、1泊だけだからいいけど~。フロントの対応もお客さんがひっきりなしだったけど感じよかったし、コストパフォーマンスから言ったら悪くないかな。ただ、エビアンの500ml入りのペットボトルが3ユーロもした。。。そしてそれ以外に水の選択肢がなかった。。。ホテル近くに駅の売店みたいなミニスーパーらしきものがあったのですが、到着時刻が遅かったため(飛行機が4時間ディレイしました・・・)すでにクローズしていたのが痛かったな~。夕食は機内で日本時間の夕食と、到着前の機内食と2回食べたのでお腹いっぱいにつき特に食べたくなかったのでホテルのレストランも利用はしませんでした。ピザ屋みたいなレストランがはいってましたけどね。

EU域内だけど一応、国際線になるので2時間前のチェックインが必要なのかな?
朝4時半起きのため、この日はそうそうにベッドにもぐりこみました。


[PR]

by magical_cat7 | 2016-01-11 07:00 | フランス | Trackback | Comments(0)

泊まってみました!バビエンⅡ@ソウル 西大門

今回のお宿は世宗文化会館のある地下鉄5号線「光化門」のお隣にある駅、「西大門」のサービスアパートメント(レジデンス?)でもある「バビエンⅡ」に泊まってみました!

金浦空港から5号線に乗って1本でこれて、しかもホテル前には仁川空港行きのエアポートリムジンほか、各種市内バスのバス停もあるという、ナイスな立地!「西大門」の駅6番出口からまっすぐ30メートルほどにあります(^^)1Fはコンビニあるし~。

しかし、ホテルではないので、特にフロントは設けられておらず、3Fのオフィスに直接チェックインするようになっておりました。ちなみにエレベータは3Fまではどなたでもいけますが、それ以上の階はカードキーが必要になります。

サービスアパートメントなので、ベルボーイもいないし、特にお部屋の説明もしてくれません。。。
韓国語以外は英語と中国語が話せるスタッフがいましたが日本語の話せる人はいなさそうでした。

さて、お部屋に入ってみましょう!
d0133225_22491563.jpg

扉を開けると、そこは玄関。横には容量の大きいシュークローゼット&収納。
そして、お部屋はスタンダードダブルですが結構広い♪
乾燥機付きの洗濯機~。これが結構ポイント高いんです。この時期のソウルは梅雨。毎日雨ばかり、っというわけではないんですが時折スコールのような雷雨が降ったり、朝・夕は涼しかったんですけど、朝の11時ごろからは湿度が上がってとにかく汗をかく!!歩いては汗、参鶏湯たべては汗(笑)1日2~3回着替えてたら手持ちの服がなくなって結局お洗濯しましたwww洗剤はついておりませんので日本から持っていくことをお勧めします。
d0133225_22544343.jpg

ベッドはダブルなので広々~。窓も大きくて明るいのがいいですね。ちなみにビューはこんな感じ。
d0133225_22553498.jpg

左手には女子高ビュー(梨花大学の女子高)。そして右手には・・・
d0133225_2255279.jpg

このビルはなんだ???
d0133225_22554799.jpg

警察署です(笑)治安もよさそうですね。
d0133225_22562374.jpg

お部屋の中のクローゼット。ちゃんとセイフティボックスもあるある。
d0133225_22571719.jpg

その他にも収納たっぷり。長期滞在者にはよいですね。
キッチンも広々してました。
d0133225_225845.jpg

冷蔵庫には毎朝ペットボトルのお水が補充されます。今回は一人旅だったので、食事関係も「ペダル」(配達)を頼んでみようかな、とか、近くのカフェやパリバゲットでテイクアウトして朝ごはんは部屋でゆっくり食べようかな、なんて考えていたんですけど結局外で食べていたので、キッチンにある食器などを使ったのは部屋のみしたときぐらい。マッコリ飲んでたんですけどワイングラスしかなくて、なんか変な感じでした(笑)
ちなみにベッドに座って部屋をとるとこんな感じです。
d0133225_2323098.jpg

バスルームは、やっぱりちょっと残念です・・・・。
d0133225_233949.jpg

まあ、シャワーのみなのは最初から承知の上でしたけど。トイレは写真には写っていませんが、写真右側にあり、ウォシュレットではありません。清潔ではありますが、バスタオルやフェイスタオルがボロボロだったのが、かなり悲しかったです・・・・。
あと、日によってお掃除の担当が違うのかな?2日目のお部屋のお掃除はかなり甘かったです・・・。
口コミを読んでいたら「日曜日はお部屋のお掃除がないみたい」って書いてあったんですけど、ちゃんと「クリーニング・プリーズ」のライトを点灯させて部屋を出たらお掃除されてました。そしてこの日はキチンと隅々まで掃除されていました。
d0133225_2365346.jpg

お部屋にはインターフォン付き。そしてここに「Don't disuturb」と「クリーニング プリーズ」のボタンがあります。
お掃除のおばちゃん達も、フロント(?)のスタッフたちも感じよかったですけど、ホテルとしてのサービスを求める人には不向きですね。逆に気楽に過ごしたい人にとっては、コストパフォーマンスも良いし、立地が便利だしおすすめできます。特にハングルが読める方なら、バスを使えは地下鉄を乗り継いで遠回りすることなく、ソウル駅・南大門ほか、アヒョンやホンデのほうにもアクセスでき、カンナム方面にも移動できますのでかなり便利だと思いますよ~。
[PR]

by magical_cat7 | 2014-06-28 00:00 | 韓国 | Trackback | Comments(0)

台北のお宿 @パークシティホテル台北蘆洲

台北のホテル。前回は立地と広さとお値段で選んだ「ロイヤルビズ台北(金来商旅)」というホテルでした。MRTの東門駅近く、永康街にも徒歩で行けるし、スタッフもなかなか良かったんですけどいかんせん部屋が暗い・・・。窓の外はアパートビュー、しかも住人と目があってしまいそうな距離。

で、今回はいろいろ調べて、ちょっと遠いけど眺望はよく&お部屋が明るそうな「パークシティホテル台北 ルゾウ」に宿泊してみました♪

こちらはMRTのイエローライン、「徐匯中学駅」(セント・イグナチウスハイスクールSt。)の真上に位置し、B2から5Fまではちょっとしたショッピングセンター、6F以上がホテルとなっております。雨にぬれず、MRTがあるなら少々中心部から遠くてもよかろう、ということで選んでみました♪
d0133225_22132995.jpg

お部屋広ーい♪12Fの角部屋だったので明るい!!いいですね~、こういう解放感のある明るいお部屋♪
d0133225_22142111.jpg

窓に鍵がかかってて開かなかったけど、テラスもありました。
d0133225_22145461.jpg

お部屋からの眺めです。高層階はいいですね~。
ま、単なるシティビューなんで、アパート群を見下ろすだけなんですが、夜は夜景もちょっと楽しめます。
さらに駅名にもなっている徐匯中学(高校らしいんだけど・・・)を見下ろすような感じでして、昼間は学生たちが元気に校庭でスポーツしたり、廊下で語り合ってる姿が遠目に見えました。
d0133225_22205022.jpg

バスルームとトイレは一緒ですが、独立したシャワーブースとバスタブがあります。
でもってお風呂からベッドルームは丸見えwww。
d0133225_22214111.jpg

ふふん、ちゃんとブラインドが閉まりますからご心配なく♡
d0133225_22221723.jpg

アメニティはお茶・烏龍茶・コーヒーと毎日2本ずつ、ミネラルウォーターがコンプリメントでついてきます。
冷蔵庫はあるけど空です。1Fのホテル出たところにセブンイレブンもあるのでそこで飲み物買って冷やせます。
朝食は6Fのカフェでブッフェスタイル。味はまあまあかなー。でもソーセージはまずかった(笑)中華のお粥や点心もあるし、洋食もあるし、このクラスのホテルでは充実しているのではないでしょうか?あえて食べなくてもいいけど、ま、付いてるからゆっくり朝はホテルで過ごすか、ってぐらいの感覚ですかね。
d0133225_22261963.jpg

ちなみにジュースは100%ではないので美味しくないです。牛乳のほか、あたたかい豆乳が用意されているのが台湾らしいですね~。フルーツもたっぷりありました。
6Fのカフェは室内もいいでうすが、気候が良ければ外のテラス席も気持ち良いですよ。池?もありますww
d0133225_22285750.jpg

お値段はホテルズ・コムで手配して3泊・ツインルームで3万6千円ほど。コスパもいいし、割と便利だしリピート有り、のホテルです。
日本語メニューやディレクションは日本語がありましたが、あまり日本語は通じませんでした。
ホテル内には無料で使えるランドリールームがあり、洗剤も用意されているので重宝します。もちろん、ランドリー・乾燥機もありますが靴専用の乾燥機(靴をひっかけて乾かすドライヤー)もあるのでゲリラ豪雨で靴をびしょびしょにしてしまったときなども助かりますね(^^)
客層は中国系、韓国人、日本人といったアジア系を中心にちらほらヨーロピアンらしき人もいました。中国人の団体は・・・かなりやかましいです(--;)
[PR]

by magical_cat7 | 2014-04-08 00:00 | 台湾 | Trackback | Comments(0)

泊まってみました!カキアンバンガロー お食事編

はい、ではカキアンバンガローのお食事編スタート!

朝食は、前日の夜に希望のメニューにチェックしたシートを部屋の外のドアノブにかけておくと、注文したものが指定した時刻にお部屋に届くという形式でした。

朝食メニューはそれこそインドネシアスタイルの「お粥」や「ナシゴレン」から始まり、アメリカンブレックファスト、イングリッシュブレックファスト、パンケーキなどなどかなりの選択肢があるから長く滞在していても飽きないですね♪私の利用したプランは朝食はホテルに併設されている「カキアンベーカリー」で食べても良いし、お部屋で食べても良いというものでしたので、当然、お部屋でいただきました!着替えるのもめんどくさいんだもーん。休暇中はダラダラ過ごすのがモットーですから♪
d0133225_22135381.jpg

d0133225_22143189.jpg

インドネシアスタイルの朝食より、洋食が好きなもんで・・・。しょっぱなエッグベネディクト。ちょっと味が濃い気もしましたがなかなか美味しかったです。
d0133225_2215551.jpg

翌日はパンケーキ。付け合せのお肉(ベーコンなど)や卵料理(目玉焼き、オムレツ、ゆで卵など)も希望によってチョイスできるので組み合わせが可能です。
宿泊日数分のアフタヌーンティも付いているのですが、利用したのは1日だけでした。だってそんなに入らないよね~。お昼ご飯をぬいてちょうどいいぐらい??だって、こんなに量があるんですよ!!
d0133225_22193962.jpg
d0133225_2220761.jpg

しかも結構、ヘビーそうなケーキが・・・。でもブラウニーもチョコ濃厚で美味しいし、リンゴの入ったケーキもとっても美味しかったです。さすが、定評のある「カキアンベーカリー」だけあります!朝食より美味しかったよ。

今回、到着が朝早かったもので、チェックイン時間までカキアンバンガローのスパを利用して、食事つきのコースにしたのですが、このお昼ご飯が美味しかった!!こちらは綺麗に2F建てになったカキアンべーカリーでいただきました♪冷房の効いた中もいいですが、テラス席もあって喫煙者はこちらにどうぞ♪
食事つきのコースもパスタやらインドネシアスタイルやらサンドイッチやらえらべるんですが、この日は到着日の、バリでの第1食目ということもありインドネシアスタイルで~♪
d0133225_22231899.jpg

まずはアイスティ‐(飲み物も選べます)とサラダ。
いや~、かつてはバリ島で生野菜をたべるなんて恐ろしくてできませんでしたが、いまじゃすっかり生野菜もOKですもんね。衛生的になったというか、オーガニック野菜だ、スムージーだ、マクロビだ・・といった欧米のちょっと病的ともいえる健康志向の食事や考え方が入ってきたおかげというか・・・。
d0133225_22271684.jpg

d0133225_22275627.jpg

続いて出てきた暖かい前菜。これが美味しかった!!!
サモサみたいなものなんですけど、カレー風味のお野菜と肉を春巻きの皮みたいなので包んで揚げているんですが、ビールを注文したくなるぐらい、美味しかったー。ビールのあてにはぴったりだと思います!
d0133225_22292121.jpg

続いて、オムライス風に卵に包まれているナシゴレン。あー、インドネシアだね♪これも美味しい。
しかし・・・量がかなり多い。
d0133225_22301525.jpg

最後はミニ・ケーキがデザートについてきます。ケーキは美味しいんだよね~。でもこんなに食べられない・・・(といいつつ、ケーキは完食。ナシゴレンをちょっと残した・・・)

やはり、カキアンは「うまし!!!」
他に泊まっても、ここでランチかケーキは食べに来たいですわ~(^^)
[PR]

by magical_cat7 | 2013-10-24 00:00 | バリ島 | Trackback | Comments(0)

ウブドのお宿 泊まってみました!@カキアン・バンガロー プレミアルーム

今回もテガルサリに振られ~。ホテルはどこにしようかと考えあぐねいていましたが、日本人経営者の「カキアンバンガロー」に新しいお部屋ができたということでネットで直接予約をして泊まってみました!
こちらも3連泊とか5連泊だとお得なパッケージ料金がありますが、今回私は旅程の関係で2泊のみのため、ちょっと割高~。ロフト付きのスイートも心惹かれましたが、今回はもう一つのカテゴリーの「プレミア・ルーム」へ泊まってみました。

ロケーションはロビーのすぐ裏手、ということで出入りが楽でしたよ。
2012年7月に新しくできたプレミアルームとカキアンスイートは白い建物になります。
d0133225_21513451.jpg

ロビーから細く伸びる通路を歩いていくと、右手に通常客室が並び、スパがあり、プールに突き当たり・・・プールヴィラに突き当たる、という配置になっており敷地はそんなに広くないですね。奥に長く続くのでちょっと京都の町屋みたいwww
d0133225_21541346.jpg

d0133225_21545760.jpg

宿泊したのは「UMI」という1Fのお部屋です。
d0133225_2139468.jpg

じゃん♪お部屋広々~。明るくていい感じです♪結構好きだわ~。
d0133225_2140082.jpg

ネスプレッソマシーンも入ってます♪インターネット特典でアフタヌーンティのほかにもお部屋の冷蔵庫内のドリンク無料+クッキーやクルップのサービスなども付いていました。DVDもあり、IPONEがつなげるオーディオ設備もありなかなか快適に過ごせます。
d0133225_21431690.jpg

収納もバスルーム出入り口にあって、かなり荷物は入れられるかな。
d0133225_21441644.jpg

バスルームは奥行があります。
手前から、洗面台・トイレ・バスルームの順番。それぞれにちゃんと仕切りはついてますよー。
d0133225_2145773.jpg

d0133225_21452425.jpg

d0133225_21454488.jpg

バスタブは大きいですのでゆっくりお湯に入れます。さらにシャワーと洗い場があるのが日本人には嬉しいかも~♪
d0133225_21472055.jpg

お庭、というほどではありませんが、お部屋の外にはこんなスペースも。
d0133225_21555733.jpg

ここで朝食いただいたり、涼しい時間は読書したりしてたんですけど、やっぱり壁に囲まれてるから圧迫感は否めません・・・・(T T)
お部屋もよかったし、サービスもそこそこ快適だったんですけど、やっぱり「トコトコバンガロー」や「テガルサリ」の2Fのお部屋にあるデイベッドスペースや広めのラナイ、そこからライスフィールドを眺める気持ち良さや寛ぎ感が私は好きなので、やっぱりカキアンバンガローはファーストチョイスにはならないかな・・・。
たぶん、昼間の部屋での滞在時間が短く、外に行く人にはカキアンバンガローは良いと思いますが、ホテル内のお部屋・・・それも外の風を感じて寛いでいたい人にはちょっと解放感にかけるなー。

ホテル周辺には新たなスーパーマーケットもでき、すぐ近くには「ヨガ・バーン」もあり、モンキーフォレストやハノマン通りなども徒歩圏内なので観光にはお勧めですよ。
次はお食事編に続きます^^
[PR]

by magical_cat7 | 2013-10-22 00:00 | バリ島 | Trackback | Comments(2)

アメッドのお宿@アクアテラス 再び♪

さて、2013年9月のバリ島。
今回はホテルの関係で私としてはウブド→アメッド→クロボンガンっと短い日程で3か所をめぐるちょっと忙しい日程になってしまいました。
アメドでは「アンダ・アメド」に宿泊することが多かったのですが、日本人女性のエリコさんがご家族で経営されている「アクアテラス」に新しいお部屋ができたり、スパルームやプールができたとのことでぜひ泊まりに行きたかったのよね~♪
「アクアテラス」はわずか3部屋のこじんまりとしたB&Bですが、何しろ高台から海を臨めるロケーションと美味しいごはんが魅力のお宿です。
今回は1Fの新しいお部屋に3泊宿泊~♡
d0133225_20564285.jpg

ドアをあけると、ベッドがどどーん!この後ろ側がいろいろものを広げられるクローゼットスペースになっております。画像には映っていませんが、このベッドの足元側にはソファスペースがあり。
そしてここが素敵な広々としたテラス!
d0133225_20582136.jpg

d0133225_211229.jpg

朝ごはんやアフタヌーンティもこちらでのんびりと海を眺めながらいただけます。
とある日の、フルーツたっぷりの朝食ですwww
d0133225_2165618.jpg

2Fのほうがもっと景色はいいんですが、この1Fもなかなかですよ。
d0133225_2110647.jpg

テラスからはプールにすぐアクセスできます。プールサイドには白い天蓋付きの寛ぎエリアもできていてゆっくりできそうです。
d0133225_21103614.jpg

バスタブはありませんが、日差しがはいって明るいシャワールームはとても気持ち良かったです。
レインシャワーとハンディシャワーと2つあるのも使い勝手が良い(^^)これならバスタブなくても気持ちよく
お風呂を使えます。
d0133225_21123763.jpg

d0133225_21131227.jpg

窓からも海が見えますよ~♪(ロールスクリーンがあるのでちゃんと目隠しできます)
d0133225_21153382.jpg

トイレは別になってます。
洗面台も別にあって、こんな感じです。
d0133225_21143510.jpg

全体的に使いやすくなってて、快適に過ごさせていただきました♪
やっぱりここのホテルのテラスは、気持ちがよいです。風の入り方によってはホントに気持ちがよいですよ。

ちなみにご料金ですが、通常シーズンで朝食付き1泊59万ルピア(約5500円)ですが、3泊連泊パッケージだと送迎やアフタヌーンティ、夕食、マッサージなども付くのでかなりリーズナブルに滞在を楽しめます♪
[PR]

by magical_cat7 | 2013-10-17 00:00 | バリ島 | Trackback | Comments(4)

今回のホテルも・・・女子旅におすすめのPJホテル♪

今回の宿泊も、「PJホテル」♪
こちらのホテル、3号線の「忠武路」と2号線・5号線の「ウルチロ4街」と3路線が使える好立地。
「3号線と5号線の女」である私にはドンピシャなホテルなんですよ。
5号線の「ロッテシティホテル麻浦」も好きで何度も宿泊しているんですが、3名以上の女子旅なら、ましてやソウル初心者ということなら、断然PJホテルがおすすめです。

なぜかって~、3名1室利用時は正ベット3つがあり、なおかつ茶の間付きのホテルが便利で快適!
ホテルからは南大門市場・明洞への無料シャトルバスも、夜中の東大門市場への無料バスもあって使い勝手がとても良いんです。ホテルの1Fにはコンビニもあり、しかも各フロアごとにカードキーが必要なのでセキュリティもばっちり。

今回の旅は初日は私1名、翌日から「ゆかいな仲間たち」2名が参加ということだったので、1泊目をダブル、2泊目からはトリプルルームの利用と相成りました。

以前、トリプルルームのほうはレポ済みなので、今回はダブルのお部屋をご紹介します。

以前のレポはこちら ソウルのお宿@PJホテル
d0133225_2165273.jpg

ダブルのお部屋はちょっと狭い・・。ってかベッドが広すぎる(^^;)
水回りを見てみましょう。
d0133225_21101888.jpg

トリプル・ルームはバスタブのほかに独立したシャワーブースがありましたが、ダブルはバスタブのみですね。
でもこちらもジェットバス~。夜は一人でのんびり過ごさせていただきましたよ。^^
つづいてアメニティ。

d0133225_2113946.jpg

d0133225_2121536.jpg

石鹸も含め、AVEDA。ハーブの香りが気持ちいいです。
そしてシートパックがあるところが韓国らしいですね。
d0133225_2115828.jpg

さて、ベッドルームに戻ります。
液晶テレビの隣にはコンパクトにまとまったデスク。冷蔵庫にはミネラルウォーター、お茶のパックのほか、エスプレッソマシーンもありました。ちなみに各フロアとごに水・お湯・氷のサーバーが用意されているのでお茶を飲みたいときはそこからお湯を持ってきてもOK。
d0133225_2124676.jpg

お部屋でゆっくりくつろげますね。
[PR]

by magical_cat7 | 2013-09-12 23:00 | 韓国 | Trackback | Comments(0)

アグラのホテル@JPパレスホテル アグラ

インドのレポにもどりますww
インドのホテルは3都市にそれぞれ泊まってみたんですがあんまり画像がない・・・。
それぞれ「高級ホテル」のカテゴリーになるようですが、一番お部屋が広くて、「もうちょっと長居したい」と思ったのはアグラのJPパレスホテルでした。
d0133225_21395532.jpg

到着したのはもちろん夜ですが、翌朝の風景です。どのお部屋からもお庭が見えるようになっているつくりでした。
3月のアグラは昼間はかなり熱いのですが、朝夕は長袖を着ていても涼しく感じるぐらいのさわやかな天候でしたので、朝もお散歩するには気持ち良いですよ^^
d0133225_2143729.jpg

ホテルのお部屋はこんな感じです。バスルームの画像は取っていないのですが、バスルームも広めだったしお部屋も余裕の広さ。画像だとちとわかりにくいのですが。。。。やっぱり広い部屋が好きだー!
d0133225_21442012.jpg

d0133225_2144282.jpg

ホテル全体のつくりはこんな風になっています。
d0133225_21464986.jpg

廊下も明るくて広いです。豪華なお花やガネーシャ像が飾られていたり、インド風の絵画が飾られていて見て歩くのも楽しい♪
d0133225_21481792.jpg

d0133225_21483435.jpg

d0133225_21484850.jpg

これ、絵に見えますが・・・・
d0133225_21492489.jpg

近づいてよく見ると、絵具で色が付けられているわけではなくて、模様として宝石が飾られています。
d0133225_2149573.jpg


朝食・夕食は地下のフロアにある広いダイニングでのバイキング。こちらのホテルにはほかにも中華料理のダイニングがありました。バイキングはカレーのほかにも洋食もかなり品数が揃えてありましたしデザートコーナーもかなり充実していました・・・・が、デザートは美味しくなかった・・・(--;)
d0133225_21572346.jpg

生野菜は避けていましたけど、オープンキッチンでリクエストに応じて野菜炒めなどをつくってもらえたのでそこで注文してみました♪
d0133225_21575813.jpg

ちなみにインドではインドのビール、「キングフィッシャー」を飲んでました。ハチミツの香りがほのかにする、軽めのお味でしたよ~。
d0133225_21592091.jpg

[PR]

by magical_cat7 | 2013-05-07 07:00 | インド | Trackback | Comments(2)

今回のお宿「ソウルレジデンス」@2号線 宣陵(ソンルン)駅

買い物ネタばかりだと飽きてしまうので、今回宿泊したホテル(レジデンス)のご紹介。

今回はほんとに、どこに泊まろうかかなり悩みました。
だって私は、
3号線と5号線の女(笑)

羽田ー金浦線を使うことが多いので、空港からホテルへのアクセス、光化門、鐘路周辺で飲み食い&市場へ行く、東大門で買い物する、という導線は地下鉄5号線。北村&仁寺洞、三清洞でのお散歩をこよなく愛し、景福宮や昌徳宮のお庭でのんびりするのも好き♪、アックジョン、カロスキルへのお買いものに良く行くし・・・野塔駅もここが接続していけるしね。・・・となると3号線。私のソウルでの行動エリアはこの2つの地下鉄を中心にすれば、ほぼほぼ網羅されてしまうのですよ(^^)で、前にも書いたように5号線&6号線が交差する孔徳駅真上のロッテシティホテルが更に梨泰院行くのも、4号線にのって明洞界隈へ行くのも楽なのでよく利用するのですが、今回はなんてったって江南でのコンサート。しかも夜おそくなり、終電を逃すであろうことは想像に難くない。。。。コンサート会場への最寄駅は5号線上にはあるのだけれど・・・・。

地下鉄MAPを広げながら考えていると2号線沿線が浮上。2号線は明洞エリアに入るウルチロ入口やホンデ、梨花などを結び江北と江南をまたいで渡る環状線。大本命の蚕室の「ロッテホテル」が完全に予算オーバーで合わず・・・。2号線沿線には高級ホテルが多々あるんですけど、今回一人だし、部屋でくつろぐ時間もないだろうからホテルにお金をかけたくない!駅から近ければどこでもいいっ、て探してヒットしてきたのが
「ソウルレジデンス」でした。ホテルコムで、2泊で税込16000円ぐらい♪

2号線「宣陵」駅4番出口より徒歩2分。行ってみたらなんか雑居ビルみたいなところで、フロントも「え?フロント?」ってぐらい薄暗くて、小さくて、一瞬躊躇したんですが・・・。
鍵もらって古そうなエレベーターに乗り・・・到着したフロア。なんかカーペットも壁紙も古いな~。大丈夫かな~??かなり不安でした。
でも扉を開けたら、お部屋は思いのほか明るくてきれい!レジデンスなので玄関があり、靴を抜いで上がります。
d0133225_10484657.jpg

ダブルベッドのシングルユースです。窓が大きくとられていて、お部屋もつくりがシンプルなので思ったより広く感じます。
d0133225_10523861.jpg

窓側から見たところ。レジデンスなのでキッチンも完備。玄関横のシュークロゼットをあけると、ドラム式の洗濯機もありました。洗剤も完備されてます。
でもたった2晩の滞在だったし、部屋飲みする相手もいなければ、夜あまりにも遅すぎて夜食を食べる気にもならなかったのでキッチンでは結局、コーヒー入れただけ。
d0133225_11192086.jpg

キム・テヒ様、激しく甘いコーヒーでした・・・・(--;)
気になる水回り。。。。
d0133225_11173635.jpg

よかった~、こっちも明るくて清潔です。ゴムぞうりもついてる(笑)
シャワーブースのみでバスタブはありませんが、ちゃんとガラスの扉で仕切られているのでトイレが濡れる心配はなし。タオル類も綺麗で、古びた感なし。バスルームも収納スペースが多かったです。お湯の出もOK。ドライヤーも結構強力。シャワーは可動式。アメニティは石鹸とシャンプーだけでした。
ホテルの近くにオリーブヤングもあるし、ホテルの入り口にはコンビニもあるし・・・道路渡った反対側にはネイチャーリパブリックもあるので必要アメニティはそこで調達が可能です。
気になるのはバスルームの扉とトイレの位置が近すぎて、トイレの利用がかなり窮屈なこと・・・(笑)
d0133225_11214591.jpg

部屋の外の景色は全く期待できません。。。


ホテルの立地ですが、江南駅へも2駅、コエックスのある三成へ1駅・・と便利っちゃ、便利です。今のソウルを感じるには良いかもしれませんが、コテコテの、観光客がイメージする「韓国」である伝統家屋、市場などの観光スポット&買い物スポットは北に集中しているので初めてのソウル旅行にはあんまりお勧めしないかな。もちろん、日本語通じないところが多いし。あ、ここのホテルも日本語は使えませんでした。

ホテルのある4番出口付近はオフィス街っぽい感じでカフェもたくさんあります。ホテルの下にもカフェがあるし、駅出口付近にはパリ・バゲットも。大通りを挟んだ8番・9番出口のほうには飲み屋街もあり夜もにぎやかです。行かなかったけど、チムジルパンもありましたよ~。また、駅前には金浦空港へのリムジンバスの停留所もありました。

タクシーを使われる方はソウルは一方通行が多いので、駅で下してもらうのがいいですね。そうでないと車はちょっと遠回りされてしまいます。金浦を使う方には特に不便はないと思いますが、仁川の場合・・・・遠いです。隣の駅の、コエックスやルネッサンスホテルからは仁川空港行きリムジンがあるようですが場所の確認が面倒だったので今回チェックしてきませんでした。
2号線を使って弘大入口まで行き、そこで空港連絡線に乗り換えるパターンが良いかな。宣陵の4番出口ならエスカレーターついてるからスーツケースがあっても大丈夫ですし!でも2時間はかかりますので余裕をお持ちください。。。。
[PR]

by magical_cat7 | 2013-01-19 07:00 | 韓国 | Trackback | Comments(0)
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31