<   2012年 11月 ( 10 )   > この月の画像一覧


使ってみました!痩せるかな??Love Handler@Bliss

早くも忘年会シーズン突入です。(^^;)
12月は馬車馬月間になるにも関わらず、毎週のように木・金・土・・と忘年会予定が目白押し~。さすがに日曜日は安息日ってことで休むわよ!!!

「動けど 動けどなお 我スカート楽にならざり じっとを腹を見る・・・・。」(注:本歌取りにはなってません・・笑)

いや、最近、スポーツクラブでの筋トレはサボってるか・・。そして飲み食いのツケでスカートはキツくなるばかり~。

「クラランス」のリフトマンスールも使い切ったところで、夏のハワイ旅行で買ってきたこちらを使ってみることにしました。ブリスの「ラブ・ハンドラー」。

d0133225_2363245.jpg


あれ?買ってきたのって「ファットガール」じゃなかったっけ??

「ラブ・ハンドラー」??実は~、英語で「ラブ・ハンドル」とは、お腹まわりの脂肪のこと。ダイエットをしてもエクササイズをしてもなかなか落ちないこのお肉。。。

三枚肉のサムギョプサルなんて食べてる場合じゃないんだわ!!自分の三段バラ肉、何とかししなきゃ!!
ってことで、そのにっくき「ラブ・ハンドル」だけにターゲットを絞ったスリミング・ジェルらしいです。

水色のさらりとした感触のジェルでミントの香り。朝晩、シャワーの後にお腹周りをマッサージします。夏なら気持ち良いのかもしれませんが、急激に寒くなった今日この頃、お風呂上りはよいとしても、朝シャワーの後はひゃっこいです・・・。


ネットサイトでは1~2週間で効果を実感されている方もいらっしゃるようですが、使い始めて約2週間、私の場合はまだ一向に効果のほどは現れておりません。。。
やっぱりスリミングジェルに頼らず、運動とカロリーコントロールで痩せるしかないのでしょうか・・・・。
楽して痩せられないのね~。(^^;)
でもこの時期、忘年会は楽しまなきゃね~♪あ、来週は人間ドックだ・・・・・(--〆)
[PR]

by magical_cat7 | 2012-11-30 07:00 | ハワイ

たまにはリッチに韓国宮廷料理♪「ハンミリ」@光化門

さて~、韓国レポに戻ります。
この日は韓国でも有名な宮廷料理の「ハンミリ」にランチに行ってみました!
ちょっとリッチな韓国料理が食べたいね、っていうことで、超有名店&高級店の「石坡廊」と迷ったんですが、光化門の駅にもほど近く、ホテルからのアクセスもよいこちらに決めてみました。以前、こちらの三成にあるお店に行ったことがあるのね。その時、ここのお料理をたべて美味しかった記憶があるので、ここなら味は心配なかろう、ということでもありました。

ただね~、風情がね~。。。。
こちらの店舗はビジネス街にあるため接待やビジネスランチで使うことも多いとのことで、平日の昼は予約MUSTです。フロントから事前に予約は入れてもらっていたのだけれど、その時「窓際の席で」ってリクエストするのをわすれていたら、なんと、通されたのは個室・・・しかも外側ではなくて内側の窓がないほう・・・・。お部屋でメニューみてたら個室は別チャージがかかるみたいなんだけど(この時は個室指定ではなかったのでチャージはもちろんかかっていませんでしたが)、窓側ではないほうの個室って景色がまったく見えないんです。個室でなければ、ふつうのレストランみたいな感じで、ほかのお客様もたくさんいるけど、窓の外には木立と清渓川がみえてなかなかよさそうなのに。。

風情でえらぶならやっぱり昔の貴族のお屋敷をつかって、お庭も立派な「石坡廊」のほうが良かったかな~。

では、気を取り直して、お料理のご紹介♪前回(6年前)の反省を活かして、今回は朝食抜きで11時半からスタンバイしましたわよ。
まずはこんな風に、前菜に当たるものがずらっと並びます。
d0133225_23185867.jpg

日本の懐石料理のように順番にお料理が出てくるのですが、3~4品ぐらいが一気に出てくる感じです。
d0133225_23194459.jpg

d0133225_2320653.jpg

d0133225_23202298.jpg

d0133225_23203961.jpg

d0133225_23213495.jpg

d0133225_2322356.jpg

まずは黒ゴマのおかゆ、チャプチェ、緑豆のゼリーよせ(白い白滝みたいなのが緑豆です)、季節のサラダ(ドレッシング代わりにかけられた柚子のフルーツソースが甘酸っぱくて香りも良くて美味しかった!)、クラゲの和え物、水キムチ。
さらに宮廷料理といえばこれですね!素材の色も目を楽しませてくれるクジョルバン。具が細かく千切りにされているので食べながら、素材の味を確かめてみてくださいね。こちらはクレープみたいに具をくるくるまいていただきます。
d0133225_23392558.jpg

続きましては温かいお料理が来ます。
d0133225_23243740.jpg

d0133225_232441100.jpg

お肉と野菜、お餅の串焼き。それからジョンが3種類。卵と牡蠣、モチモチ感が美味しいジャガイモとニラ、ほんのり甘くてお菓子みたいな小豆です。
d0133225_23385025.jpg

こちら、「つくね」みたいなお肉の焼き物。・・・これってメニューに載ってたかな??味付けもあっさりしていて美味かったです。

メニューには載ってなかったような気がするけど、箸休めの一品。それとも「季節の特選」ってやつだったかな??
d0133225_23395817.jpg

かぼちゃと、サツマイモと、上に載っているのはプラムだったかな。スイーツとして、紅茶と一緒に出せちゃいそうな一品。こちらは「ほっこり」とした甘さでとっても美味しかったです。もっと食べたかった(笑)
d0133225_23422355.jpg

魚を期待していましたが、エビの焼き物でした。うーん、こちらはイマイチ・・。ちょっと身が固かった。
d0133225_23443351.jpg

キノコたっぷりの「椎茸神仙炉」マツタケもはいっていたような記憶が・・・。
ちょっと匂いに癖のある、クリーミーなスープです。しつこくはないんだけど、この時点でかなりお腹がいっぱい・・・。うううう。。。あと何品??
それにこれ、結構量があるんですよね~。あんまり食べられなかった。。。具だけでも食べたかったけど。。
だって、この後には…この後には・・・
カルビチム~♡
d0133225_23493572.jpg

骨付きカルビを醤油や砂糖をベースにした甘辛いタレで長時間蒸し煮にしたお料理です。味がよく染み込んでお肉は柔らか&ジューシー。うまし!!
d0133225_23522977.jpg

美味しそうでしょ?美味しいの~(^^)
ここまででもう満腹・・・。
「ではごはんとオカズをおもちしますね♪」
っと係りのお姉さんのダメだしにも等しい一言・・・。だってここは韓国。日本の和食の〆の「ごはん&味噌汁」ではなく、きっとご飯にテンジャンチゲ(韓国の味噌汁ね)、そして数々の小皿にまた佃煮だのキムチだのがもられてやってくるに違いない・・・・。
そしてドーン!!
d0133225_23554051.jpg

「ご飯とオカズ」ですわ♪
しかもさすが宮廷料理、テンジャンチゲはカニでダシとってます!
d0133225_23562820.jpg

ご飯は古代米みたいなお米です。
小皿のオカズはお上品に盛られてました。中身はこんな感じです。
d0133225_235812.jpg

d0133225_23581245.jpg

d0133225_23583879.jpg

d0133225_23584742.jpg

d0133225_23591150.jpg

そしてこちらを食べ終わると、デザートです。果物とお餅♪季節がら、この時は柿でした。
甘いものは別腹なんだよね。
d0133225_00893.jpg

d0133225_002667.jpg

最後はお茶ではなくて、お米で作られた甘い飲み物、「シッケ」が出ます。
d0133225_01322.jpg

今回いただいたのは一人あたり5万ウォン(税抜)のコースでした♪覚悟はしていたけど、相変わらず量が多い・・・・。もう少し品数の少ない、お安いコースでもよかったかもしれません(^^;)でもメニューにこれが「ハンミリベスト!」って書いてあったのでね~、やっぱりおすすめのコースをいただいておこうかと・・・(笑)

量はともかく、味は上品で素材の味を生かして作られているお料理でしたし、ゴマとかエゴマ、キノコ類など体にもよさそうな食材が多いので体にはすごくよさそう♪和食のようなさっぱり感があって、いろんなものがちょこちょこと食べられるのもいいですね。

味についてはどのお料理も美味しかったけど、普段、辛い韓国料理を食べている人にはちょっと物足りないかな?(笑)
[PR]

by magical_cat7 | 2012-11-27 07:00 | 韓国

真剣です?!縁結びロードIN出雲・松江路の旅 後編

宿泊は玉造温泉の長生閣さんに♪ホテルでの画像は宴会写真しかないので割愛します。(^^;)
こちらのホテルはメノウを敷き詰めた(玉造、って名前からも推測できるかと思いますが、こちらはメノウの産地で古代から勾玉も作られていたようです)大浴場が有名。最近では夜9時ごろからスタッフによって太鼓のショーも行われていますし、温泉街には足湯スポットもありますので美味しいお食事をいただいたあとはゆっくり夜を楽しみましょう。(私たちは飲んだくれてましたが・・・笑)

さて、旅行2日目はいよいよ
「縁結び祈願」の巡礼でございます♡
いや、縁結びに限らず煩悩だらけの神頼み巡礼・・・。

まずはホテル近くの「玉作湯神社」というかわいらしい神社へ。こちらは、近年、「願い石・叶い石」で女子を中心に大ブレイク中。神社で「叶い石」のお守り@600円を購入するとお守り袋小さな天然石、願い札が入っています。境内を上がって、自分の「かない石」を、願い事を心の中で唱えながら神社の「願い石」くっつけて「願い石」のパワーをもらいます。その後、複写式になっている願い札にお願い事を書き、参拝したあと、1枚は神社に備え付けの木箱の中へ。もう1枚は「願い石」と一緒にお守り袋の中へ~。これでお願いが叶うとか♪
d0133225_2158715.jpg

私のはこんなやつでした。石はベビーピンクのローズクオーツと思われます。

玉作湯神社でお願い事をした後は一路、出雲大社へ~!
d0133225_2211392.jpg

青空がまぶしいです!人も多いです!七五三や結婚式と思われる方々も大勢いらっしゃいました!
d0133225_2215746.jpg

神様も私たちを祝福してくれているみたいです!
d0133225_22489.jpg

・・・・というのもですね。参道で取った写真、どれも肉眼ではわからなかったんですけど画像だとモロに頭に光が差し込んでいるんですよね~。おまけにオーブとまでは言わないけれど、赤い光の玉とか写っています。ま、この神社の境内に一歩足を踏み入れるとガラリと雰囲気がかわって、清々しい気が充満していて「聖域」なんだな、ということを文字通り肌で感じますから不思議はないんですけどね。

ちなみに、参拝するときはちゃんとお作法がありますのでお気をつけくださいね(^^)大まかにいうと、参道の真ん中は歩かない(真ん中は神様の通る道)、ご挨拶をちゃんとする、二の鳥居を過ぎたところに「祓いの社」というのがありますから、ここで心身の穢れを祓いましょう…というところでしょうか?あとは出雲大社だけは「二礼・四拍手・一礼」となりますのでほかの神社と違うところです。

しっかり出雲の神様会議のアジェンダに入れていただくべく、「ゆかいな仲間たち」ともども深く頭を垂れてお祈りしました~♪「ゆかいな仲間たち」は「縁結びのお守り」を購入。私は今回は見送りましたが・・・。(過去、何度こちらのお守りを購入&いただいたことか・・・・涙。そして自宅のお守りをお返しするつもりで出雲までもってきたのに車のなかに忘れるという失態・・・)

参拝後は二ノ鳥居前の甘味屋さん「日本ぜんざい学会壱号店」で「ぜんざい」をいただきました♪そもそも「ぜんざい」は出雲が発祥の地らしく、「神在(じんざい)」が出雲弁になまって「ぜんざい」になり、京都に伝わったようです。
d0133225_2217574.jpg

「出雲ぜんざい」は紅白の白玉入り。ぜんざいといっても、こってりした「粒あん・ドロドロ系」ではなくて、甘い小豆を甘いスープにいれた、というようなサラサラしたものでした。甘さも上品。
d0133225_22204681.jpg

こちらは「縁結びぜんざい」白玉の代わりにお餅が入っています。
これでスイートな恋愛ができるとよいのですが(笑)

出雲大社をあとにして、そこから20分ぐらいの「日御碕神社」へ。こちらは海の近くに立つ、朱色が印象的な美しいお社です。私が出張でちょくちょく出雲地方を訪れていた時は、こちらの神社はまだ旅行者の間ではそんなに有名ではなかったけど、いまやガイドブックにも大きく掲載されているパワースポットなんですね。
すごく綺麗で独特な神社なんですが・・・・画像が1枚もない(汗)何度かきているところなのですっかり失念・・。
こちらでは「砂のお守り」を購入♪ これは社務所の方に「砂のお守りが欲しい」と言わないと出てこないお守りです。神社にはこの「砂のお守り」の縁起についても記されている石碑などがあります。身を守ってくれる・・・ということですが諸願成就に力を発揮してくれるとか。。。
d0133225_22471275.jpg

「頼っちゃダメです。ちゃんと努力してくださいね!」・・・・と宮司さんに釘を刺されたマジカルですが・・(笑)

実は、、、、、このお守り3色あるんですけどね。。。。
そもそもこのお守りのことを教えてくれた当時の取引先の男子3人がここへ行ってこのお守りを買ったところ、2人が1年以内に結婚し、そのことを教えてくれた男子も彼女ができた!!(もちろん、その彼もその時できた彼女と後日めでたく結婚したさ~。)

・・・ということでワタクシと友人達3名でここに来たことがあるんですよ。で、私以外は1年以内に結婚相手とめぐりあい、めでたくゴールイン!!

さて、私と、上記男子を含む5名との違いはなんでしょう・・・・???
なんと~、購入していたお守りの色が違っていたの・・・・。私は「赤」、上記5人は「白(・・てか黄金?)」ということが後程判明しました。
宮司さん曰く「色による違いはないです」ということですが、果たして・・・??ただ単に私の恋愛に対する真剣味がたりないだけ???(笑)今回はしっかり、「白」買ったぞ!!
でも今回5名中、やはり1人が「赤」を選んでましたので、1年後どうなることやら結果が待たれます。

一行は最後の目的地、松江の八重垣神社へ~。
ここはスサノウノミコトがヤマタノオロチを退治して、稲田姫と結婚した場所です。彼らの結婚が日本で一番最初の結婚といわれています。そしてこちらの神社にある「鏡が池」は「恋占いの池」として女性に人気がある場所なんです。紙に10円玉か100円玉をのせて池に浮かべ、早く沈めば結婚が近く、15分以上たっても沈まなければまだまだ先のことになる・・・と言われています。

アラフォー組は「え?じゃ、500円玉でやっとく??」っと経済力にものを言わせようとしましたが、最終的にはちゃんと10円玉で。

ここでもアラ、不思議。
先客の高校生?大学生?と思われる女子のみなさんはいつまでも池のまわりに張り付いているんですよ。。。順番待ちをしていて覗き込むと、彼女たちの紙はなかなか沈んでいかないんですね~。。。
まだ若いもんね。。。。

私ですか??これも不思議なんですけど、来るたびに沈む速度は速くなってます!
うーん、ってことは、結婚に近づいているってことなんですかね~???
こうご期待♡
こちらのブログでそんな幸せ報告ができるといいな。皆様、生暖かく見守っていてくださいませ~。
[PR]

by magical_cat7 | 2012-11-25 07:00 | 山陰・山陽

真剣です?!縁結びロードIN出雲・松江路の旅 前編

ここのところ予約投稿で着々とブログをアップしておりましが、先週は和倉&金沢出張に加えて飲み会、そのまま週末は会社のゆかいな仲間たちと山陰へ旅に出ておりました♪ほとんどPCに触ってないのよ~。
ちょこっと韓国話は置いておいて、今が旬な出雲の旅をご紹介。

なんてったって独女の私&ゆかいな仲間たち・・・・。日本各地では「神無月」(かんなづき)と呼ばれる旧暦の10月は、縁結びで名高い出雲大社には神様が日本中から集まり「縁結び」会議を行うってことで、それをめがけていきました♪なんてったって神様が集まるので、出雲地域では「神無月」ではなくて「神在月」(かみありづき)って呼ぶんですよ。知ってました??ここでしっかりお願いしておかなくてはね(^^)

しかしツメが甘いからいまだにみんな独身なのか・・・???なんと、神様をお迎えする「神迎えの神事」は今週末の11月24日だったということが現地入りしてから判明・・・!!まだ神様、いないじゃん!!切実な(笑)お願い聴いてもらえないじゃん!!!・・・ってあせった私たちですが、大根島のEさんに「大丈夫です!神様会議中のときに来ても、その案件は会議のテーブルには乗りません。でも、今ならまだ間に合う」っと言われ、俄然やる気になった私たちなのでしたwww


島根県は神様がたくさんいる県  
鳥取県は妖怪がたくさんいる県


1泊2日の旅のスタートは米子空港から。この空港、「鬼太郎 米子空港」ってのが正式名称でして、空港でもしっかり馴染の面々がお出迎え~。
d0133225_23494358.jpg

d0133225_003975.jpg


レンタカーを借りて一路むかうは境港。「なかうら」にもカニをかかえた鬼太郎がお出迎えしてくれます。
d0133225_23581734.jpg


こちらでは海産市場で買い物しながら、近くのお寿司屋さんでお昼ご飯を食べました。お寿司屋さん・・・「お魚天国」というキャッチフレーズに惹かれてはいったものの、あたりでした!!オーダー式の回転ずしだったんですけど、お値段が安くて美味しい♪カニ汁たのんでおなか一杯食べても1人1000円しなかったです。
夢中でたべてて画像が1枚もありません。。。。

続いては私が大好きな「水木しげるロード」♪
ここはいろんな妖怪のブロンズ像が並び、左右には妖怪グッズを売る店があり、妖怪神社があり・・・・。
妖怪郵便局もありますからね~。お茶目なのはちゃんとした銀行ATMにも「妖怪に暗証番号を聞かれても答えないでください」っと真面目に書いてあったりして~。
d0133225_0726100.jpg

d0133225_085496.jpg

d0133225_085589.jpg

お約束のこんなのもありますよ。
これ、お見せしたいぐらいナイスなヘン顔して映ってるんですけどさすがに顔みせは~ってことで失礼します。
d0133225_0103696.jpg

途中、お茶しにはいったお店ではこんなパンも売ってます。「ねずみおとこ」はイモ餡で美味しかったです。「こなきじじパン」とか「猫娘パン」もありますよ。
d0133225_012351.jpg


ひとしきり遊んだあとは、大根島をとおって今夜のお宿、玉造温泉へ。
その途中に昔からお仕事でもお世話になっている方にお会いしに、「由志園」へ立ち寄りました♪
「大根島」はその名前の通りの島ではなくて、高麗人参と牡丹を栽培している島なんです。「由志園」は美しい日本庭園と1年中見られる美しい牡丹を楽しめる場所で、おすすめの場所です♪庭園を見ながら食事もできますしね。
ちょうど伺った時は紅葉もいい感じに色づいていました。
d0133225_0155224.jpg

d0133225_0165092.jpg

この日は能舞台があるとのことでライトアップを試験的にされてましたが、11月23日からは本格的にライトアップされますので夜もぜひ♪
d0133225_0181431.jpg

今の時期はお庭に牡丹の花は咲いていませんけど、牡丹館で楽しめます♪冬は藁の屋根をかぶった「寒牡丹」を庭でも楽しめます。真っ白な雪を藁の傘にかぶって、真紅やピンクの大輪の牡丹は目にも鮮やかです。
今回は牡丹館で大輪の牡丹を愛でました。
d0133225_0211423.jpg

美しい女性を花に例えることは多いですよね?日本で花といえば「桜」、トルコでは「薔薇」、中国では「牡丹」。なんだか花に対する美意識がそのまま女性の美意識のように思えなくもないですね。
こちらでは高麗人参のお茶もいただけます。苦味はなくて、ほんのり甘く、良い香りがしてお勧めですよ。あと高麗人参配合の基礎化粧品もあるので女性にはこちらも♪何度か私も高麗人参入りの石鹸を使いましたが肌が綺麗になります(^^)そうか、韓国コスメに触れる前に、私の肌は日本産の高麗人参コスメにお世話になっていたのだわ・・・。

さてさて、それでは宿へ向かうとしましょうか~。
ちなみに今回の写真はすべて私の撮影ではなく、PHOTO BY ちんくま先輩 です。
[PR]

by magical_cat7 | 2012-11-23 07:00 | 山陰・山陽

冷麺屋でサムギョプサル??@北村平壌冷麺

韓国ではウマいものは専門店に限る・・・っと思っていますが、そうでないこともあるようです(笑)
いや、でも絶対、専門店のほうがハズレナシだと思うけど・・・。でもここは美味しかった。

チャンドックン観光の後にランチをする店を探していたら、某ガイドブックに「あの一皿の名店はココだ!」というコーナーがありまして、そこに掲載されていた「北村平壌冷麺」なるお店に行ってみました。
お店の名前は冷麺なのに、サムギョプサルが美味しいそうです~。

いや~、見落としそうな場所にあります。ふつーの「食堂(シクタン)」という感じの店構え。
d0133225_23413364.jpg

めっちゃ庶民派でしょ?
こちら、冷麺やビビンバのほかにもサムギョプサルやカルビなんかのメニューがありました!店の前には写真と日本語入りのメニューが張ってありますがお店の中には韓国語のメニューだけでした。
ガイドブックお勧めの、生サムギョプサルを2人前。お肉はもちろん、韓国産です。
昔はハングルが読めなかったので気が付かなかったのかもしれないけど、今回やたらとどこへ行っても産地表示が目につくんですよね。国内産か外国産か・・・・。なんか事件でもあったのかな??無論、たいていの場合、国内産のものがちょっとお高いです。

生サムギョプサル~。1人前で1万2千ウォン。約850円ぐらいでしょうかね~?
d0133225_2349126.jpg

いや~♪ジューシーで美味しいお肉でした♡お肉だけ、塩とごま油だけつけていただいても美味しいし、野菜に巻いてもおいしい♪ばら肉の脂とお肉の甘味、ちょっと酸っぱくなったキムチのハーモニーは絶妙だわね~。
肉だけじゃなくて、野菜もたっぷり取れるからサムギョプサルは大好き。
d0133225_23513225.jpg

もちろん、パンチャ(おかず)だってこんなについてますよ。お肉を巻き巻きする野菜はもちろん無料で追加注文できます。

こちらのお店は地元でも人気店のようでして、、、
テーブルは3つぐらいしかなくて、そこは常に満席状態なんだけど、奥の板の間も、日曜日だったせいもあり家族連れがいっぱい!2Fにも食事スペースがあるようでお客様がひっきりなしでした。

庶民的なおばちゃんが切り盛りしていましたが、「オンニ~、ご飯ここから出すわね~」(っと厨房から手が伸びてきました)とか「オンニ~、テンジャンチゲよー。熱いから気を付けてね~」と容赦なく韓国語。しかも「オンニ~」(韓国語で女性が年上の女性を「お姉さん」と呼ぶときに使います。)って呼ぶんだけどこれは私に対してじゃなくて、ママンに対してよね???

こういうところでご飯を食べると、ちょっと旅行者から長期滞在者ぐらいの気持ちになりますね^^
[PR]

by magical_cat7 | 2012-11-14 07:00 | 韓国

今日は在来市場でお買い物!!お目当ては干し鱈とゴマ油~

お料理教室のあとは手芸好きなママンのために東大門総合市場をご案内。ボタンだのバッグの持ち手だの、はたまたハワイアンのリボン・レイの作成が趣味なお友達へのお土産にリボンを買いたいだのでいってみたものの、あまりのお店の多さと商品の多さにどこをどう探してよいやらわからず(^^;)
まあ、それでも迷路のように、密集したお店の間を歩いていくのはかなり楽しいです。手芸女子の聖地、と呼ばれるのがわかる品揃え~!!あまりの物量に圧倒されて、ほとんど写真はございません・・・。
バッグの持ち手コーナーと、全体の雰囲気ぐらいだ・・・。
d0133225_22561352.jpg

これでもスペースがあるほう・・・。布売り場とか、リボン売り場とかもっと密集してます。
d0133225_22565619.jpg



店も量もおおいんだけど、そこは卸問屋。小売りもしてくれるお店も多数あり、お値段は激安。ただし日本語は通じないので韓国語でやり取りです。たまに、日本人で言葉がわからないとみるや、いきなり席をたってどこかへ行ってしまう人も・・・。おいおい、いいんかい??客だけ残して、売る気あるのかー!!!

そしてもう一つは、こんだけ店があっても、やぱり「流行りのもの」しか置いてないんだよね~。品揃えはそれほど変わらない気がしました。

雨も上がってきたところで今度は東大門総合市場から中部市場へ食材のお買いものです。
d0133225_22575924.jpg

ピンデトッかとおもったら緑豆で作ったホットックだった、買い食いもお約束ですね~。ママン、ご満悦??
こちらの市場ではママンは松の実だの、イカだの、干し鱈だの、おもに乾物を購入。アミの塩辛は瓶づめで重そうなのでちょっと断念。干しエビもおいしかったですけどこれはパスしてたな。。。
g単位で買えて、100gづつとかで小分けにてパックにもしてくれます。

戦利品はこちらです。
d0133225_2313852.jpg

この厳重にくるんであるもの、なんだと思います????
d0133225_2354569.jpg

じゃーん。
d0133225_236209.jpg

韓国産のごま油なんです~。これが美味しいの~!!カドヤのごま油を使ってたんですけど、それに比べると味が濃厚で香りもいい!!日本だとごま油って香りづけに使う程度ですけど韓国のごま油はしっかり味もつけられるぐらい濃厚です。
中部市場では何軒かごま油屋さんがあって、お店で絞ったものを販売してくれます。
お友達のhiyokoさんに教えていただいた(お店の写真を写メしておくってもらった)お店で買ったんですが、残念ながら場所がわからず・・・。しかし、マジカル母娘、市場を歩きながら鼻をヒクヒクさせて、「あ!ごま油の香りがかすかにする!!」「こっちの方角から、かすかに香ってくる!!」っと匂いを頼りに無事たどり着けたのでした(笑)
たぶん、普通の人ではわからないと思う。。。だって乾物屋さんがおおいから、そっちの匂いのほうが強いんだもん(笑)
お店の外には中国産が1本7000ウォン程度で売っています。あれれ?聞いてた値段と違う~って話していたら、お店のご主人が出てきて、「ごま油あります。1本7000ウォン」と日本語で書かれたパウチされた紙を私たちに見せるではありませんか(笑)こんな時のために、韓国語を習っているのよ~。
「おじさん、これ国産?韓国産のごま油が欲しいんだけど、これ安いから違うよね?」っといったところ、表に出ているのは中国産で韓国産は表に出していないそう。注文に応じて瓶詰してくれるんだそうです。

1本2万ウォン(約1400円)で友達の分も含め3本ゲット!!お店のなかから1リットル瓶?に入った油を300mlぐらいの瓶に詰めてくれます。それがつめ終わるとキャップをしめて、ラベルを張ってくれるんですよ。
d0133225_2319477.jpg

賞味期限はもちろん手書き(笑)
d0133225_23164264.jpg

韓国産、という文字も手書き。
d0133225_23172138.jpg

買う時に、「味見をさせてくれ」といったら心良くさせてくれたんだけど、せっかくなら中国産とも比べてみたかったな。。。
おじさんが梱包している間、ヤクルトをいただきました。
目の前にある機械は動いてなかったんだけど、写真をとっていいか聞いてみたら、ちょっとまって、っと動かしてくれました!これは中国産のゴマを絞っています。

d0133225_2319489.jpg

d0133225_23203345.jpg

たらーりと黄金色の油とともにかぐわしい香り~♪泡も立つもんなんですね~。
感じの良い店主に見送られて、ごま油屋さんを後にしました。

日本に持って帰りたいんだけど、っといったら上記のようにかなり頑丈に梱包してくれます。
一応、不安だったのでこれを衣類にくるんで、さらにそのままジップロックにいれてスーツケースに詰めて帰ってきましたが1滴も漏れることなく持ち帰れました。よかった、よかった♡

ナムルやプゴックをつくるのにはもちろん、豚バラを焼いたものをごま油と塩をつけて、キムチや野菜とサンチェにくるんで韓国風に食べるのも美味!いや~、美味しいっていいですね(^^)
[PR]

by magical_cat7 | 2012-11-12 07:00 | 韓国

やっぱりお家でも作って食べたい!ソウルでレッツ・クッキング!@オンゴフード・コミニケーションズ

んふふふ~、ブログにも食べ物ネタが多いように食べることは大好きです!
韓国料理も大好きだけど、なかなか作る機会もなく、あってもクックパドみながら、テキトーにかなり我流。
今回は旅行者でも楽しめるクッキングコースがあるというのをネットで見つけ、申し込んでみました♪

仁寺洞近くにあるオンゴフード・コミニケーションズさんです♪
d0133225_2242482.jpg

こんなビルの3Fにあります。この日は雨の月曜日・・・。月曜日って美術館もお休みだし、観光施設もお休みのところが多くて、意外に時間を持て余しちゃうのよね(^^)
d0133225_2253822.jpg

さ、中に入っていきましょう。受付でお茶をいただき、しばし待つこと10分ぐらい。お教室の準備が整ったということでお部屋に入ると、うわ~、なんだか学校の家庭科室をほうふつさせます!
d0133225_2275614.jpg

本日の学生はトータル5名。・・・といっても私たち母娘は日本語の講座で、メニューも「ビューティーコース」と銘打ったお献立内容。ほか3名は英語圏の方々らしく、どうやらメニューもスタンダードなキムチ&プルコギらしい。
d0133225_229432.jpg

材料とレシピ、それにエプロンが各人分用意されていて、キム先生につく日本語チームともう一人の先生につく英語チームにテーブルが分かれて、お料理講座が始まります。
私たちのメニューは「ポッサム&ポッサムキムチ」、美肌&2日酔いによく聞く干し鱈のスープの「プゴック」、そしてデザートには雑穀と豆乳のパンナコッタの三品をつくります♡
なんてったって肉食の私ですから、豚さんの三枚肉は大好き♪そして、酒飲み&何度となくお肌の曲がり角を迎えた妙齢の女子としては美肌スープはマメに飲みたい一品でございます。
先生に料理のレクチャーと手順の説明を受け、クッキング開始。
まずは先生のデモンストレーションを見ながら材料を切ったり混ぜたりしていきます。

d0133225_2216138.jpg

まずはポッサム用の豚バラの煮込みからスタート。1ブロックが1人前でこれは3人前の分量です。煮込むのも肉のにおいけし&美味しく煮込むために味噌や味付けの材料を入れて煮込みますよ~。
d0133225_22154424.jpg

続いては冷やす時間が必要なのでまずはパンナコッタから作っていきます。こちらで使う雑穀はこの学校オリジナルのものなのですが、韓国のスーパーには雑穀コーナーがあって自分の好みでいろいろな雑穀を混ぜて、挽いてもらって混ぜることができるし、ミスカルを代用してよいらしいです。

次に時間がかかる浅漬けキムチのための、白菜やダイコンを短時間でしんなりさせるため塩をもみこみます。
d0133225_22201117.jpg

そしてその間にはスープのもととなるだし汁を作成。韓国のダシの素「ダシダ」で代用することが多いですが、こちらはお料理教室なので化学調味料には一切頼らず、干し鱈の頭、シイタケ、昆布などでダシを取ります。
d0133225_22415194.jpg


d0133225_22222593.jpg

ダイコンで浅漬けキムチ作成中~。韓国料理は手で混ぜ混ぜが多いです。美味しくなぁれ~。
d0133225_22235622.jpg

ダイコンをごま油で炒め、プゴックも作りますよ~。
d0133225_22245331.jpg

肉が茹で上がりました!美味しそうな匂い~♪
これをトングを使って切っていきます。
d0133225_22253597.jpg

三品完成~♪先生盛り付け。
d0133225_22255999.jpg

こちらマジカル盛り付け・・・。ありゃりゃ、ダイコンをちょっと太く切りすぎたみたいで、ボリューミー。
d0133225_22271721.jpg

お待ちかねの試食タイムです。
d0133225_2227391.jpg

d0133225_22281434.jpg

これに古代米のごはんが付き、さらに隣のテーブルからのおすそ分けってことでキムチのチジミもいただき・・・正直、一人分の量、って言ってたけど完食するにはかなりの量です!!
本当はこの後、市場での食材お買い物ミニツアー10分や記念品として雑穀パックがもらえたようなのですが、雨も降っていたし、そんなオプションがあることを先生もワタクシたちも忘れておりました(^^;)
まあ、良しとしよう・・・・。あ、でも気が付いていたら、その場でちゃんと言ったほうがよいですよ!

料理は文句なく、おいしゅうございました♡調理途中で、時間がない時の時間短縮ワザや材料がない時の代用品、それから味の調節の仕方などのコツもいろいろ教えていただけます。
キム先生は日本の服部栄養学校を卒業されたとのことで日本語も堪能ですから、料理についてなんでも聞けますよ(^^)
レシピはもらえますので、これで日本でも美味しい韓国料理が作れます~(^^)
こちらのコースはコネストさんから申し込みができますので、韓国料理好きの方、旅の楽しみの一つに加えてみてはいかがでしょうか??
コネスト:http://www.konest.com/contents/spot_mise_detail.html?no=4552
[PR]

by magical_cat7 | 2012-11-10 07:00 | 韓国

パク・ヒョシンくんのお店「 전 Jon」@カロスキル

2010年にオープンしたヒョシン君のマッコリのお店「ジョン」に初めて行ってきました♪
正確にいうとお母さんが経営されているお店のようで、OPEN当初はヒョシナ自身も厨房に立ったり、お料理を運んだり手伝いに来てたらしいです。夢のようだ~(笑)
d0133225_129789.jpg

月曜日の夕方早い時間に行ってみました。お店の中は広くて、お店の奥にはこんなテントみたいな場所も
あるようです。こっちのほうが照明が抑えられていて雰囲気がよく、人気があるようでしたよ。
お店に入ったときはまだお客さんも少な目でしたが、帰るころにはほぼ店内満席。写真を早めにとっておいてよかった。
d0133225_12102983.jpg

私たちは奥のほうではなくて、入り口近くの照明の明るい場所に陣取りました。
店内、会社帰りのサラリーマンやOLが次々入ってきてなかなか繁盛している様子。そしてスターのサインも
たくさんあります。
d0133225_12145856.jpg

d0133225_1215258.jpg

私たちが座った席は「トンイ」や「華麗なる遺産」でおなじみのハン・ヒョジュちゃんのサイン。
d0133225_12165566.jpg

「マッコリのお店」といってもマッコリはそれほど種類があるわけではありませんでした。むしろ、名前の通り(?)「ジョン」(簡単にいうとチヂミ)のお店ですね。いろんな種類があります!メニューは英語・日本語はなくて
韓国語オンリー!!むろん、店員さんもハングルオンリーです。
メニューもメニューっていうものではなく、伝票のようなものに印字してあるだけで写真もありません。ほら、中華料理の飲茶屋などで、全部メニューが印字されてて、そこに注文したものをチェックしていく伝票、あるじゃないですか。あんな感じです。(^^;)
なんかメニューみたらお値段が高い・・・これはもしや・・・。
とりあえずマッコリと海鮮パジョンを1枚注文。
「1つで足りるの??」と、さらにメニューを読ませて追加しようとするママンを制してとりあえず注文。
d0133225_12213920.jpg

d0133225_12222949.jpg

すぐにマッコリとキムチが運ばれてきました♪
マッコリはママン、初体験だしそれほどお酒は飲むほうではないのでとりあえず1本で。もちろん、「やかん」にたっぷり注がれてくるスタイルもありましたよ。
グラスはなくて、昔懐かし、学校給食に出てきたような金属のお椀~。
こちらのマッコリは微発泡の生マッコリ。すっきりした甘味で美味しかったです。くいくい飲めてしまうのが危険ですよね~。
そしてメインディッシュの海鮮パジョン。
d0133225_12251562.jpg

どーです、大きいでしょ??予想通りの大きさでした!
基本、日本のように「個食」ではなく大勢で食事をするのが韓国のスタイル。お酒を飲むお店となればなおのことです。お店の雰囲気とお値段をみて、「これは、とんでもなく量が多いに違いない・・・」という予想は見事的中しました。
d0133225_12272361.jpg

大きさ、わかります???
イカ、牡蠣、エビなどなどたっぷりの海鮮が入っていて美味しゅうございました。
2人がかりで何とか完食・・・・なるかと思いきや、ちょっと残してしまいました。ごめんなさい。。。。
隣のテーブルの女子3名はジョンの盛り合わせ+同じぐらいのサイズのジョン1枚、さらに1名があとから加わり盛り合わせを追加注文、ボトルならぬヤカンがいくつも空き、ジョンをぺろりと平らげておりました。すごい食欲~。私も良く食べるほうだけど、そこまで食べられません!!
大人女子は2~3名で1枚ぐらいが美味しく食べられる適量かと思います。3人で盛り合わせが一番いいのかな~。

場所は3号線の「新沙」駅6番出口をでてそのまま直進、タッパル屋とセブンイレブンの間の路を右折、カロスキルに向かって歩いていくと右側にあります。路がわかっていれば駅から3分ぐらいで到着します。
日曜日の夜に行ったらお休みのようでしたので、営業時間にはお気をつけてくださいね~。

オープン当初の画像をこちらからお借りしました。
양지원 기자[jiwon221@joongang.co.kr
ヒョシナがお料理を運んでくれてる♡
ほんと、こんなことがあったら緊張してパジョンもマッコリも喉をとおらない・・・・(笑)
d0133225_12491651.jpg

[PR]

by magical_cat7 | 2012-11-07 07:00 | 韓国

今回も買ってきました韓国コスメ♪使ってみました「美人園」@FACE SHOP

今回もいろいろ買ってみましたが、路面店へはほとんど行かず、ほぼ免税店でまとめ買いです。
d0133225_11193568.jpg

パック類はいつも使っているものばかりですね。
各コスメショップのシートパックは百花繚乱の趣きがあり、もはや何を選んでよいのかわかりません。。。
よって過去使ってよかったものを必然的にまとめ買いして、新しいものには手を出さなくなってきました(笑)
新しいものはおまけのサンプルで十分です。

そうそう、最近、明洞のコスメショップではおまけは少なくなっています。サンプルがいっぱい欲しい人は、地下鉄の駅の中のショップやほかのエリアのショップがおすすめかも。でも明洞や仁寺洞など観光地以外のお店だと日本語が通じないから気を付けてくださいね。

免税店のほうが大量買いすると値段はお得かな。サンプルはあんまりもらえないと思ってたんだけど、ネイチャーリパブリックはなんかいろいろくれました。今回のサンプル品、いろいろ~。チムジルパン行くときや出張の時にまた活用させていただきます。
d0133225_1126854.jpg


そうそう、東和免税店ではいつものネイチャーリパブリックのアロエジェルも買ったけど、1個買いはできず、3個パックでしたわ。
d0133225_11272884.jpg

3つで約1キロ・・重いぜ。
今回、うっかりクレンジングを忘れてしまったので新しいものを試してみました。普段は日本のメナードのものを使ってますが、FACE SHOPのお姉さんに「クレンジング忘れちゃったから、おすすめのクレンジングクリームはなあに?」と聞いたところ勧められたのがこちらの「美人図」シリーズ。
d0133225_11293685.jpg

美人図シリーズは人気がありますね^^ 高級ラインの「ファンセンゴ」のシリーズとは別のリーズナブルライン、「蓮」のシリーズです。調べたところによると、『“名韓 美人図 蓮”シリーズはにごった池の水を澄んだ水に変える蓮の浄化作用に目をつけて開発された商品シリーズ。蓮の花をはちみつにつけて熟成させ抽出したエキス“蓮花自浄水”入り。韓国内で栽培された韓方原料に、韓国で昔から伝えられる熱乾燥過程を9回経る秘伝の製法“九蒸九曝”を使っている。』とのことです。
d0133225_11373692.jpg

使い方は手はぬらさずにそのまま顔へつけてマッサージ。その後、シッシュオフして洗顔・・・・ってことです。

色はちょっと茶色。漢方臭、なし。香りはついてますが強くありません。すごくクリーミーなテクスチャーです。
洗いあがりはしっとり系ですね。ちょっとメイクがちゃんと落ちているのかどうか不安になるような洗いあがりですが、洗顔後にイオンクレンジングの美容器(?)でチェックしたところコットンに汚れがついていなかったので、きっちりメイクは落ちてました。

お値段は1万3千ウォンぐらいだったかしら??1000円ぐらいだったと思います。200ml入りなのでたっぷり使えますね(^^)

4日間の旅行中ではとても使い切れませんでしたので、このまま使い切ろうと思います。
[PR]

by magical_cat7 | 2012-11-05 07:00 | 韓国

韓流ドラマのロケに遭遇@仁寺洞・・・・これはだあれ??

仁寺洞をふらついていると、ドラマロケに遭遇。
周りの人たちが写真をとっていたので、一緒になってとってみた(笑)
d0133225_10553656.jpg

江南エリアならともかく、このあたりでこんなにおしゃれな服きて歩いている人いませんもーん。
どうやらメインストリートの仁寺洞キルから、韓屋風の食堂に入っている様子を撮影されていました。
d0133225_1059426.jpg

監督さんと打ち合わせ中かな?かなり間近で見ることができました。
ママン曰く、「どっかで見たことある・・・あの俳優さん」っといっていましたが、私はわからず・・・。

そういや、以前、羽田で「イケメンですね」ブレイク直後のグンちゃんに遭遇した時も、誰かわからんかった・・・(「イケメンですね」を見る前だったので。。。^^;)そして、K-popは聴くけど、ダンスミュージックやボーイズグループに興味がないワタクシは、ZE:Aの面々と羽田空港の待合室で一緒だった時も気が付かなかった・・・。
(全然知らない、周りにいた日本人のおねーさんが教えてくれた 笑)



・・・で、いったいこちらのお二方はどなたなんでしょう???なんのドラマなんでしょう??

ご存じの方がいらっしゃったらご一報を~♪
[PR]

by magical_cat7 | 2012-11-03 11:12 | 韓国
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30