<   2010年 12月 ( 11 )   > この月の画像一覧


2010年旅の記録&今年もありがとうございました☆

ただただ、愛おしい。
d0133225_22314931.jpg


2010年最後のブログ更新です。今年もブログを通じていろいろ個性的な方と知り合うことができ、また一緒に楽しい時間を過ごすことができて幸せでした♪「旅日記」だったはずのブログが今年は脱線しまくりでしたがいつも仲良くしてくださるブログ仲間の皆様、そして訪問してくれる皆様どうもありがとう(^^)


今年もあと1日で終わりなのですね。今年は・・・・今年ほど、涙を流した年は人生になかったのではないか、と思うぐらいの年でした。感激の嬉し泣きも、怒りの悔し泣きも、どうしようもなく悲しくて泣くことも。
よく、「年をとると涙脆くなる」と言いますが、その言葉の意味がようやくわかってきました。感情の制御がきかないとか、身体的に涙腺がゆるくなるとか、そんなことではなくって、生きてきて、いろんな感情を直接味わったり、出くわしたりという直接経験はもちろん、本や映画、人の語りの中で自分が経験していないことも間接的に経験して、それが記憶や心に積もっていく。そうやって、単純に言葉で表せない感情も、頭ではなく心が反応していくのでしょう。

さて、2010年のスケジュール帳見ながら、恒例、今年の〆、旅の記録です。

2月
思い立って、ソウルへ!国内並みの距離感とはいえ、1泊2日の弾丸ツアーはかなり強硬でした(笑)
6月-7月
10年ぶりのトルコ&ギリシャ。懐かしい友人との再会、新しい出会い。イスタンブールの町は随分と様変わりしていたけれど人懐っこさとエキゾチックさは相変わらず。また暮らしてみたい街です。世界各地、恋した町はあるけれど、イスタンブールは愛してやまない街のひとつであることを改めて実感。
9月
再びソウルへ2泊3日でのんびり一人旅。今年からはじめた韓国語が随分役に経って、ハングルの看板もメニューも、もう怖くない!(←ウソです。ハングルは読めても意味がわからないものもいっぱいあります!!)
離陸直後にエンジンが煙を吹くというトラブルに見舞われつつも、コンサートもしっかり満喫しました☆ゆっくりとした時間も過ごしました。
11月
北朝鮮から砲撃を受けた直後に渡韓。そうそう簡単に戦争は起こるまい。。。遊びた倒した2泊3日のソウル。
12月
クリスマスに北陸は山中温泉の旅。「大雪のため条件付運航」にビビリましたが無事ほぼ定刻に小松空港へ到着。女子3名でしっぽり過ごす予定が誘われるままに過ごしていたら賑やかなクリスマスの夜になりました!

今年は1月のヨンハの舞台挨拶やヒョシン君の日本1STコンサートに始まり、夏はヨンハのコンサートツアーとともに私もツアー開始、12月はヨンハの新作ドラマで暮れていくはずでしたが叶いませんでしたね。クリスマス前にとどいた最後のコンサートのDVDも、これがホントに最後かと思うとまだパッケージも開けられませんわ。そのくせ未発表曲についてはCDあけてないくせに、着メロでしっかりダウンロードして聞いてしまいましたが(^^;)

2011年は・・・。
韓国語は面白くなり始めたのでコレからも続けていく予定です。韓国人のお友達もできたしね!あー、でもっ!ヨンハはお星様になっちゃうし、ヒョシンは先週、電撃入隊しちゃって2年はコンサートはないし、ママンともどもファンだったドンちゃん(カン・ドンウォン)も入隊しちゃうしイマイチ、モチベーションがぁ~!!
仕事は10月の人事異動で「ON/OFFのめちゃめちゃ激しい部署」に出戻ったので、この道のエキスパートとして仕事に精進しちゃおうかしら??そして残業代をがっぽり稼いでまた旅にでる~♪
恋愛は?・・・・ヨンハは永遠の恋人ですが、そろそろ私、次の恋をしたいと思っています♪え?理想?言ったらキリがないけれど、笑顔が素敵な人が好きだな~♪
旅は?「旅は道連れ、世は情け、渡る世間に鬼はない」をモットーに今年もあちこちでかけます♪まずは3月あたりのバリ島目指したいわ~!合間にまたソウルいくかもしれないけど!そして秋には韓国の慶州&仏国寺にも行きたいの。ママンの腰の調子もよくなったら、万里の長城に行きたいらしいので北京あたりで食い倒れもいいわね♪

さてさて、こんな状況ですが、2011年もどんな年になるのか、どんな年にするのかワクワクしながら待ってます☆

皆様にとっての新しい年が、素敵な笑顔で溢れる年になりますように。ラブ♪
d0133225_23285129.jpg

[PR]

by magical_cat7 | 2010-12-30 23:29 | ご挨拶 | Trackback | Comments(10)

サムギョプサル@タチェ 東大門

この日はNちゃんリクエストにより、「どーしても冷麺がたべたい」とのことで、Nちゃんが場所も調べてくれた東大門のピョンヤン冷麺でも有名な「トンチミ」に行く予定でした。

が、しかし・・・・。

雪は積もりそうな勢いで夜が更けるにつれ降ってくるわ、そんな中、よりによって野外コンサートだったNちゃん。。。。。(--;)

帰ってくるなり夕食の件を切り出す私に一言。「冷麺・・・やめよう。(--;)」

そりゃそうだよね~。とりあえず「トンチミ」にも冷麺以外のメニューはあるだろう、ということで夜の東大門へ繰り出しました。
d0133225_2102090.jpg

眠らない市場、東大門。寒かろうと、雪が降っていようと、日曜日の夜11時過ぎにもかかわらずファッションビル周辺は賑わい、横道・裏道にはいると業者と思われる人たちでも賑わっています。革製品で有名なクァンヒシジャン近くの雑居ビルの2Fへ。エレベーターを降りると、すぐ目の前にサムギョプサルのお店が。。。
その隣の奥に目指す「トンチミ」もあったのですが、ガラス張りの店内で、窓際の人が焼いているサムギョプサルに目が釘付けになったアラフォー肉食女子2名は迷わず、こちらのお店へ入ってみました☆「タチェ」というお店です♪
d0133225_2144786.jpg

流石にこの時間なので閑散としています。お客さんは私達のほかに2~3組ほどでした。
日本語メニューもありますが、迷わずサムギョプサル2人前!
d0133225_216428.jpg

ううう~、この時間まで夕食待ってた甲斐がありました~。ボリュームタップリで美味しそうだ~。
牛なら、美味しい肉は、限りなくレアで軽く火を通す程度で食べたい私ですが豚肉は流石にできませんよね。
いつも豚の焼き加減でしくじってしまう。。。
じっくり焼くより、頻繁にひっくり返して火を通したほうが肉が固くならずに、脂身も甘く、ジューシーに仕上げるのが美味しく食べるコツです。
味噌だれも良いですが、やはりお肉そのものの味がしっかりしているので塩&ゴマ油が私には最高です!
副菜もいろいろついてきますが、定食ではないので白いご飯は別注。
d0133225_2191879.jpg

このお店の面白いところは、お野菜(葉物)がセルフなところ♪
通常の焼肉やサムギョプサル屋さんにいくと、カゴに山盛りの葉物野菜がテーブルにだされて、それに肉と薬味・葱キムチなんかを巻いて食べるのですけど肉食女子はつい、肉にだけに気をとられ、野菜との配分がうまくいかず結局お野菜をたくさん残してしまうことに・・・・。(^^;)
ここは自分達の野菜を食べるペースにあわせて、カゴに好きな野菜をとってこれるのです。無駄もでなくて合理的。
d0133225_21114631.jpg

サラダバーみたいになってます。
全部お肉を包める葉物野菜なんだけど、名前もついてて面白い。一般的なサニーレタスやエゴマ、サンチェもあるけど他にもいろんな種類が20~30種類はあると思われます。チコリもあったな。
サムギョプサルはお値段1万ウォン。(=約750円)ご飯にソフトドリンクの飲み物をつけても1000円程度です。
24時間営業のお店なので東大門の夜通しショッピングに備えてもいかがでしょうか~?
ちなみにこちら、卸御者やバイヤーさんたちの利用も場所柄多いらしく、後ろの席には日本から買い付けにきたらしい女性の方もお食事されていました☆
[PR]

by magical_cat7 | 2010-12-29 21:21 | 韓国 | Trackback | Comments(6)

山中温泉なう

d0133225_320244.jpg

クリスマスイヴは夜遅くまで残業でしたが、今朝は初便で北陸に飛びました☆
女子会イン山中温泉。こちらはいっぱい雪が積もってるよ〜。文字通りホワイトクリスマスでしたo(^-^)o
[PR]

by magical_cat7 | 2010-12-26 03:20 | Trackback | Comments(6)

MERRY CHRISTMAS!

d0133225_1154224.jpg

家にかえってきたらとっくに日付がかわってたわ。。。。イブだってのに。
皆様、楽しいクリスマスを♪
[PR]

by magical_cat7 | 2010-12-25 01:16 | ご挨拶

寒すぎる・・・いや、気温だけじゃなくてね。@Nソウルタワー

d0133225_11251069.jpg

ソウル到着の夜、タッカンマリを食べた後は、久々にNソウルタワーへ行きました♪
初ソウル以降、なかなか行くことがなかったのだけれど冬は空気も澄んで夜景も綺麗だし、久々にケーブルカーにも乗りたいしね~、などときゃっきゃしながら明洞へ向かいます。

ガイドブックには「土曜日は24時まで展望台は開いている」と書いてあったので23時ごろ明洞からタクシーを捕まえて、「南山オルミへぷったかむにだ~!」といったところ、「なに?閉まってるよ」とつれないお返事。。。「じゃ、ケーブルカー乗り場」「それも終わってるよ。何時だとおもってるの?」「ソウルタワーは土曜日は24時まででしょ?」などと押し問答が続き、埒が明かない(そこまでの韓国語能力が私にはない・・・)ので庶民タクシーから高級タクシーへ乗り換えてみたところ同じお返事が。。。高級タクシーの運転手さんは比較的日本語が通じる率が高いのでどうにかこうにか、パスポートをもっているのでNソウルタワーへ直接乗り入れていただくよう伝えて行ってみました。


でも車でいくとかなり遠回りになるんですよね~。本来、ミョンドンから南山公園へ昇るエスカレータとかケーブルカー駅までは徒歩10-15分程度なんですけど、車道は南山をぐるぐるまわりながら上に登っていくので。
「帰りの足はどうするの?」という運転手さんの営業トークがけっこうしつこかったですが、その後もまだ行くところがあってホテルへは戻らない予定だったのでお断りをしてNタワーへ到着。
白い吐息をはきながら坂をのぼっていくと、見えてきました、八角堂。この横にチケットブースがあったはず!
d0133225_1139211.jpg


シンシンと冷え込むソウルの夜。お目当てのソウルタワーにつくと・・・あれ?チケットブースしまってる。。。まだ23時半なのに・・・。
既に来ていた地元カップル数組が「おじさーん、なんで閉まってるの~?いれてよ~」とかなんとか言ってて警備員のおっちゃんも「〇〇のため今日はもう入れない」(肝心の〇〇の単語がわからないって~)ってなことを言っていて結局、タワーに上れずじまいだったのよ~(涙)ガイドブックの情報を鵜呑みにしちゃいけないってことよね。。。

ふと見渡せば周りはカップルだらけ。しかも寒いから(?)密着度合いもかなりラブラブ。なかには1枚の毛布を二人で頭からかぶって仲むつまじそうな可愛らしいカップルも♪・・・・そんなところにアラフォー女子2名。。。
まあ、周りのカップルは完全に2人の世界だから他人は目に入らないと思いますが、ちょっと居心地の悪さを感じるアラフォー女子2名。。。(^^;)
d0133225_11451710.jpg

昇れないんじゃしょうがないから夜景をちょっと眺めながら帰ることに。
しかし・・・この時間は当然ながらバスもないし、タクシーだって呼ばなきゃこない。ケーブルカーはもちろん終わってる。そして帰り道がわからないアラフォー女子2名。。。とりあえず、先ほどの毛布カップルが動きはじめたので後をついて降りることになりました。ええ、徒歩で南山を下るのですよ。。。
ちゃんと歩道が整備されているのですがずーっと階段。それをいつもの格好、ミニスカ&ヒール8センチのブーツで歩幅のあわないランダムな幅の階段を下る(笑)とっくにマイナスになってる外気温のなか体を震わせながら下る。ほとんど苦行でございました。こうなることがわかっていたら、パンツとスニーカーに履き替えてきたのに(TへT)
はい、翌日の結果はお分かりですね??筋肉痛なんて生易しいものではなく完全に膝をやられましたわ。。。
地下鉄の階段の上り下りにも支障をきたしておりましたよ。そして自分がそういう状態になって初めて、ソウルの街ってバリアフリー化がぜんぜんなされてないという事実を認識させられることになりました。エスカレータ、あっても止まってるとか「昇り」しかないとかね。でも膝をやれるときついのは「昇り」より「下り」なんだよ~!!

南山を下りつつ、ところどころにあるビューポイントで夜景は堪能♪
d0133225_11521671.jpg

綺麗だけど、ほとんどそれどころじゃない状況。気がつけば前を行くカップルを完全に見失い、山道を下るのみ。しかも夜中の12時過ぎているというのにトレーニングのためかスウェット姿で階段を駆け上がってくる黒人のお兄ちゃんとかもいる。。。。
おしゃべりしつつ、下るものの、多分Nちゃんの心の中も同じことを思ったに違いない。
何故土曜日の真夜中のソウルでこの面子で夜景を震えながらみているのか、と。。。やはりここは冬の夜来るなら彼氏とでしょう!!二人で1枚の毛布とは言わないけど(かなり羨ましかったの~♪)せめて手をつないで歩きたいよね。しかしこの時は甘い妄想をしている余裕もなく(笑)
ようやくたどり着いた明洞駅ミリオネ前。今度はここからタクシーを拾ってソウル駅へ。冷えた体を心を暖めるべく、ソウル駅裏手のチムジルパン、「シロアムサウナ」へ向かったのでした。。。
[PR]

by magical_cat7 | 2010-12-19 12:26 | 韓国 | Trackback | Comments(4)

ウンニョングン(雲峴宮)で結婚式

ちょと時間が空いたので、雲峴宮(ウンニョングン)に行ってみました。
漠然と、朝鮮王朝の大院君と朝鮮王朝末期の王様、高宗の子供の頃の住まいだった、ということぐらいしか知らなかったし、仁寺洞にあるのに今まで足を踏み入れたことがなかったので完全におのぼりさん気分でチケットブースへ。大人@700ウォン・・・え?100円しないの・・・。

とはいえちゃんと日本語のパンフレットもくれるし。
d0133225_11313788.jpg

もともとは王族直系ではなかった高宗だったので高宗が即位するまでは個人の私邸だったらしいです。当時の生活用品とか衣装なんかもあってけっこう楽しめます。
日本でも人気の高い韓国ドラマ「宮」のロケ地にもなってたみたいですね~。

とくに何を言われるわけでもなくあっさりと入場できたのですが、なんと!中に入ったら花輪も立てられていて、結婚式が開かれるらしく、続々と人がやってきた。。。
d0133225_11411828.jpg

一番大きな建物になる「ノラクタン」の入口前では新郎のお母様らしき方が鮮やかな韓服姿で招待客にご挨拶されてます。
d0133225_1142458.jpg

こちらは新郎かな?新郎も韓服姿でした。
華やかな女性の民族衣装も素敵ですが男性が着る民族衣装も趣きがあっていいですよね~。^^
今の日本人も男性の夏の浴衣姿も増えてきたけど、着流しがさらっと決まってる人が少ないのが残念なんだよね。たまにこなれた着方をしている人を見かけると凄くカッコよく見えるのに。普段着慣れていないものだから仕方がないといってしまえばそれまでなんですけど日本の若い世代は姿勢が悪いせいか男女とも、浴衣姿・着物姿が美しくない人が多いように見受けられます。姿勢をただしていつもよりゆったり歩けばサマになるのにね。

しかし話には聞いていたけど、韓国の結婚式って招待客は完全に「平服」でした。。。
どうも日本の感覚だと、ゲストとして招待されたほうもチマチョゴリ着たり、洋服でもそれなりのアクセサリーやショールで華やかな装いをするような感じがするのですが、女性も特にドレスアップするわけでもなく男性もスーツ姿でもなく、全くの普段着。
以前、韓国人の友達や先生に「韓服っていつ着るの?お正月(ソルラル)とか?大学の卒業式とか?」って聞いても「子供に着せることはあっても大人は全く着ない」とつれない回答。日本の着物よりはるかに着付けも楽だし、動きやすそうなのにね~。見た目も華やかだし。結婚式の新婦と結婚式を挙げる新郎新婦の両親ぐらいまでしか着ないそうです。
d0133225_1212038.jpg

流石に新郎ご一家の前を正面突破することは憚られるので、「ノアンダン」のほうから「ノラクタン」へは行ってみました。着々と準備はされているものの、まだ式は始まらないらしい・・・・。
残念ながら寒いのと時間切れなのとの両方で、式のほうは見れませんでしたがこういう史跡で結婚式が挙げられるんですね。まさか、一般人ではなくて、高宗の子孫とか大院君ご一族の末裔とか??(笑)
ちなみに帰ってきてから「コネスト」で調べてみたら、毎年春と秋の2回(4月第3土曜・10月第3土曜)、雲峴宮では1866年に行われた高宗と明成皇后の結婚式「嘉礼」の再現行事が行われるそうです。ちゃんと時代考証にのっとった衣装と形式で行われるらしいのでこの時期のソウル旅行の際には行ってみたいですね。
[PR]

by magical_cat7 | 2010-12-18 12:08 | 韓国 | Trackback | Comments(10)

カフェ@インサドン

もうすっかり日もくれた仁寺洞。もうちょっと臆することなく韓国語が話せるようになったら、こんな韓屋風の民俗酒場(居酒屋)で、マッコリかソジュをきゅっと1杯引っ掛けながらパジョン(チジミ)をつっつきたいですね。
d0133225_2182728.jpg

NちゃんがJYJのコンサートへ行ってしまったので私はひとりフラフラと好きな場所を散策中♪
でも夕方6時ぐらいだとギャラリーも閉館してしまっているし、店じまいを始めるお店もちらほら。そして外は凄く寒い!!
この辺りにも、素敵なカフェがいくつかあるのだけれど今回はここでゆっくりすることにしました。
仁寺洞のメインストリートにある、カフェ「仁寺洞」。入口は小さくて、見落としそうになったのだけれど、ドアを開けると、まるで京の町屋のように奥へのびているお店です。
d0133225_21122267.jpg

かなり盛況。この奥には、さらにオープンテラスになっている中庭があるようですが、今日は凄く寒いので断念
してお店の人が案内してくれるままに、席に着きました。それでも人が中庭のほうへいったり、そこからお客さんが出てきたりしていたので、かなり興味はあったのです(^^;)まさかこんな日に、完全にオープンエアーって訳ではないと思うのだけれど。。。
ちょっとだけクリスマステイストの飾りもあるにはあるのですが、全体的にレトロで居心地が良いカフェです。
なぜか薪がつんであるのが気になる・・・・(^^;)
d0133225_211503.jpg

生前、ヨンハがたまに来ていたカフェらしいです。私は初めて来てみました。こういうところには一人で来るのが良いですね。縁の地めぐりだけっていうのは好きではないけれど、こんな風にソウルへ来るたびに1箇所ぐらい、ヨンハを想いながら過ごす時間を持つのはいいかもしれない。
d0133225_21205817.jpg

頂いたのは柚子茶。この甘さと香が歩きつかれた体にいはほっとします。とってもあったまるし。
この大きなカップもぽってりした焼き物でなんだか可愛い。
店内のね、机なんかもレトロで良い風合いなんですよ。
d0133225_2123011.jpg

素朴でしょ?木をそのまま削って使ってあるようです。落書きなんかもあってね。
d0133225_21235634.jpg

ちょっと昭和の香がしませんか??
日曜日ということもあってお客さんは観光客より地元のカップルや家族連れなんかが多かったな。
ゆるゆるとした時間が流れるカフェでした。次回はヨンハの席に座るぞ(笑)

お店をでたら、外はシンとした寒さ。あれ??っと見上げると、空からひらひらと白いものが舞って。。。
初雪、ですね。
[PR]

by magical_cat7 | 2010-12-12 21:29 | 韓国 | Trackback | Comments(6)

使ってみましたシャイン・フットピーリングリキッド@トニーモリー

前回のソウルは(2010.SEP)お買い物ありきだったけど、今回はそんなものを考えてなかったのに、また韓国コスメほか、コスメお買い上げしてしまいました・・・・。
d0133225_1314225.jpg

スキンフードでは卵のヘアパックと、シュガー・ハンドクリーム。(これは現地で必要に迫られて買った・・。普段ハンドクリームいらずの私でもさすがにこの時期の素手での韓国外歩きは厳しかったです。。。東京より格段に乾燥してます、ソウル。)免税店では、冬には必須のシートパックワンパック(今回はイニスフリーの蜂蜜のシートパックにして見ました。15枚で7ドル程度だとでした)、いつも使っているお粉の、日本では限定色として発売されていたものとマスカラ。でもシ〇ネ〇はいつも付属のブラシとかパフの質が悪いので、フェイスショップでチムジルパン用のグッズを買いに行くついでにパフとリップグロス購入。そして今回、これは買おうかな~、っと思っていたトニー・モリーのシャインフットピーリングリキッド。
d0133225_13232079.jpg

コレですわ、これ。@7000ウォンとちょっとお高め?でもいろんな雑誌にのってたので試してみたかった!夏はサンダルを履くのでかかとのお手入れはしっかりやるんだけど、ついついズボラになりがちな冬のかかとケア。これを使って楽にケアしましょ♪
パッケージの赤ちゃんのあんよが効果を期待させますね♪
箱を開けると左右の形したリキッドと足用のシートがセットされてます。足用シートのほうは足にリキッドをしっかり吸収・密着するように内側のシートが紙のシート、外側のシートが液漏れしないようにビニールになっています。
足にシートを装着してリキッドを流し込み、シートが外れないように足首のところできゅっと縛って完了。
d0133225_1334986.jpg

あとは待つこと1時間半~2時間程度。そうしたらリキッドを綺麗に洗い流します。大体1週間後ぐらいには角質が勝手に剥がれ落ちてツルツル・すべすべのかかとになるとか♪
シートはしっかりしているので極端に動き回らなければ破れることもありません。刺激のほうも、私はちょっと足の甲の辺りがピリピリ感をかんじたものの、気になる程度ではなく、洗い流した後も荒れたり赤くなったりはしませんでした。ちなみに洗い流す時、ちょっとリキッドにヌルつき感はあるものの、洗い流した後は特に足に変化ナシ。
で、1週間たったけど・・・・かかと、かわんない(笑)赤ちゃんみたくならない・・・・(笑)
リキッドをちゃんと、かかとに満遍なく行き渡るように入れなかったからかな?それとも角質、分厚すぎ??(笑)
やはり「美は1日にしてならず」・・・・・毎日ちゃんとクリーム塗ってケアしたほうが良さそうです。ズボラな私にはぴったりだと思ったのに。(ーー;)
でもあと2箱あるので1~2週間に1回ペースで使ってみようとおもいます。それで効果があるようであれば、リピートありかなー。
**追記**
バスタブにお湯はって浸かりながら、足裏をマッサージしようとしたところ・・・軽く指を滑らせただけで、するっと角質が剥がれました・・・・。効果あり、です。(^^;)

[PR]

by magical_cat7 | 2010-12-11 13:44 | 韓国 | Trackback | Comments(14)

ネイチャーリパブリック@ミョンドン

12月の声とともに忘年会シーズン突入。。。
昨夜は6月の旅先(イスタンブール)で知り合ったトルコ人の友人が出張で東京にきているので会おう、ということになり、盛り上がり・・・・(^^;)気づけば2人でワイン4本を空け、タクシーで帰宅しました。夜中に酔っ払ったまま皆様のブログを徘徊し、変換ミスだらけのコメントを残してしまった。ごめんなさい。m(--)m
二日酔いはぜんぜんないんですけど、最近飲むと眠りが浅いんですよね~。日曜だってのに今日も7時に目が覚めた(笑)

シアペンNちゃんに連れられて、やってきましたNature Repabulic。この化粧品メーカ、確か去年ぐらいにできて、つい最近はミョンドンでも2件ぐらいしか店舗がなかったのに、今回行ったら雨後の筍のようにいたるところに店がありました。やはり製品の良さもさることながら、この方々のお陰なのでしょうか(^^;)

d0133225_9544155.jpg


ジュンス・ユチョン・ジェジュン・・・JYJの皆様がイメージキャラクターを勤めております。この前で記念撮影している日本人&中国人、多し!
この店舗、明洞ミリオネからそのまままっすぐ明洞キルへむかって歩くと左側にあります。ここが本店・・というか1号店だったような。。。3F建てで大きくなりましたね。
d0133225_9572147.jpg

観光客とジモティでごった返している1Fを避けて2Fへあがります。2Fは外国人フロアになっておりまして、各国のバッチをつけた定員さんが待機。日本語・中国語・英語で接客可能です。さらに免税手続きコーナーもあり、ウォーターサーバーやコーヒーメーカーが設置されていて無料で飲めちゃう♪
売れ筋もしっかりアピールしてますよ~。日本語でね~。
d0133225_10151100.jpg

マリンコラーゲン配合の化粧水が1番人気の模様です。
韓国ではお化粧品を買うとどっさりとサンプルがついてくるというのは有名なお話ですがここはお買い上げ額に応じてついてくるおまけを表示しておりました。
さらにJYJファンにはこんな特典が。
d0133225_1042366.jpg

いくら買えばよいのかわかりませんがクリアファイルのプレゼント。・・て思ったら写真にちゃんと3万ウォンってうつりこんでるやん。
d0133225_1052160.jpg

ここのメーカーの化粧品では「20歳若返る」といわれているクリームが有名なんですがとりあえず手持ちの化粧品を使い切らないことには、とおもって今回購入に至らず。でもブログで仲良くしていただいているさまんささんのブログでは使用感も含め良かったようなので次回は買おうかな♪20歳といわず、10歳ぐらい若返りたいし(笑)
私のここへ来た本来の目的は実は3F.化粧品ではなくて3FはCDショップになってるの。
そうよ、そうよ、ヒョシンの「GIFT 2」はどこかしら~??
この3Fも日本・中国語・英語の堪能なスタッフが待機しております。日本人の店員さんもいたし。
韓国の地元のCDショップで買い物しても良かったんだけど、アルバムタイトルがさだかでなく、「●●●(曲のタイトル)が入ってるCDが欲しいんだけど。」って言ったときに店員さんがわからず「歌ってみて」って事態になるのは避けたかったのであえて日本語が通じるここにして見ました(笑)
「GIFT2」はまだリリースされてなくて、今回の目的の2枚はGET。曲名からパソコンで在庫とアルバムタイトル調べてもらったよ。
d0133225_10185094.jpg

なんか似たような装丁だけど(笑)。以前のブログで紹介した、Winter Playの「cha cha」が入ってるものと以前はデジタルCDのみでCD化されていなかったらしい、ソ・ヨンウンの「いこじかぅとぅんまる」が入っているCDです。
ソ・ヨンウンのCD「Whith soulish mates」は名前の通り、ソロではなくて全部デュエット曲になってます。
「いこじかっとぅんまる」は2曲はいっててピアノ・ギターバージョンもありました。
そして目に入ってしまった。2008年の、ヨンハのヨンガ。
d0133225_10263793.jpg

今をトキメク、ソン・スンポンとのツーショットの笑顔が眩しいですね。
この4枚組みCDアルバムは2001年からのK-POPのラブソングを集めたいろんな歌手のオムニバスアルバムで、ヨンハの歌は入ってません。ストーリー仕立てのイメージビデオで主演してたんだよね。
d0133225_1036677.jpg

この日はトータル3つのアルハムをお買い上げ♪5万ウォンちょいぐらいで、カード請求みたら、全部で三千円以下の請求額でした。なんか・・・申し訳なくなる額だわ。。。
[PR]

by magical_cat7 | 2010-12-05 10:38 | 韓国 | Trackback | Comments(6)

ソウルへの旅へは欠かせない!T-moneyカード

ソウルへの旅は、いつもこのコと一緒です。
d0133225_12453758.jpg

いや、このSUZY'S ZOOじゃないですよ(^^)
裏を返したところに、ソウルへの旅には欠かせない、旅トモがコレです。
d0133225_12471377.jpg

「交通カード」とよばれる、「T-money Card」。関東で言うところの、「スイカ」とか「パスモ」みたいなものです。地下鉄はもとより、バス、タクシーほか各コンビニなどでもお支払いOKの優れもの。
ソウルはタクシーも安いのでよく使うのですけれど、渋滞に巻き込まれることも多いので移動は断然地下鉄が便利です。このカードをチャージしておけば、切符を買うこともなく移動できとっても便利♪2004年の初ソウル以来、ずっと使ってます。アジア諸国のほうが日本よりこの手のカードは当時、進んでいたような気がします。ソウルもそうだけど、香港も、東京での「スイカ」導入前から「オクトパス」があったしね~。

このSUZY'S ZOOもなかなか優れものでして。Nちゃんの真似っこをして購入してみたのですが、ホルダーのところがビヨーンとのびるので、バッグに外だしで引っ掛けておいて、改札を通る時にクマの顔をつかみ引っ張っぱってセンサーにタッチ♪ちょっと大きいのが難点といっては難点ですが、バックからいちいち定期入れに入れたこのカードを出すよりはるかに便利で重宝しました。さすがにアラフォーがこれをぶら下げているのはどうかと思いましたが、まあ、海外なのでそこは「旅の恥はかき捨て」といきましょう。。。。韓国人の女の子もこういうキャラ物好きだし(笑)

で、この1~2年でソウルへ行き始めて改めてびっくりしたのがこのT-MONEYのチャージ機。
d0133225_12571875.jpg

ほとんどの駅には日本と同様、券売機にチャージができるような機能がついているのですが、比較的観光客が多い路線や大きめの駅にはちゃんと日本語表示がある!!
d0133225_12591179.jpg

英語や中国にも対応可能です。
2006年か2005年に行ったときにはまだチャージ機すらなくって、窓口でおじちゃんに「チャージ ジュセヨ~」ってチャージしていただいた記憶が。。。。
しかも驚くことに、こちらの機械、日本語選択すると音声付です!日本語で画面と音声、両方でご案内~。これならハングル読めなくても、英語がわからなくても安心して旅行できますよね。
ちょっとソウルの地下鉄事情にも触れておきますと、ソウル中心部の駅名は漢字・英語・ハングルの3通りの表記です。さらに、3号線(カンナムのお洒落エリア、「アックジョン」やカロスキルのある「新沙」、観光エリアの「仁寺洞」、「景福宮」などを結んでいます。)にいたってはソウル中心部の駅名アナウンスが英語&日本語あり。
行く度にいろんなものが進化していて、個人で旅行するのもかなり動きやすくなったんだな~、と実感。
一度購入して置けば何度でも使えるこのカード。最近はキティちゃん仕様や、携帯ストラップ型のものなどバリエーションも増えてますのでソウルへ行かれる際にはぜひ使ってみてくださいね。
[PR]

by magical_cat7 | 2010-12-04 13:11 | 韓国 | Trackback | Comments(2)
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31