カテゴリ:タイ( 6 )


大仏様はきんきらりん☆

d0133225_1484132.jpg

涅槃仏&タイ古式マッサージの総本山でもあるワット・ポーへ。
いや~、キンキラキンで目がちかちかするぅ~。
仏様全体の表と裏はこんな感じ!
d0133225_1441276.jpg


d0133225_149030.jpg


お釈迦さま、けっこー胴が長い?(笑)身体はピーンと伸ばしてますがちょっと窮屈そうだわ。そして足の裏は見事な螺鈿細工となっております。108の絵柄が仏教の世界観をあらわしているらしいです。

d0133225_146444.jpg

大仏様の足元から裏手にまわるとなにやらこのような鉄のおわんのようなものが延々と出口まで並んでいます。


d0133225_1544190.jpg

近くの小さなテーブルと椅子に腰掛けているオバちゃんの前に、お布施をいれる箱があって、そこにいくばくかのお布施をいれると、かわりにもうほとんどタイではつかわれなくなった、バーツよりも小さい単位のお金、「サタン」のはいったおわんを渡してくれる。
延々と並んでいるお椀のなかに、この「サタン」を1枚づつ、願い事を心の中で唱えながら入れていくと、願い事がかないますよ、とガイドさん。

うまいストーリーを作るもんだなぁ、としばし感心。こういうストーリーをつくっておけば、間違いなく観光客は足をとめ、お布施をいれてくれるもんなー・・・。

実はこのお椀は全部で108=つまり、人間の煩悩と同じ数だけあるので、願い事しながら煩悩ともサヨナラできるらしい。。。。。なんか、矛盾してるって思うのは私だけ??煩悩を捨て去りつつ、お願い事って・・・(^^;)

旅先では、八百万の神様だろうと、仏様であろうと、そこがモスクであろうと、とりあえずそこの土地の神様にはご挨拶代わりにお祈りをすることにしているので、世界平和と今回の旅の無事をいのりつつ、チャリン、チャリンと「サタン」を煩悩のおわんに落としてきたのでした♪
[PR]

by magical_cat7 | 2007-11-28 02:13 | タイ

ワットアルン ~暁の寺~

2日目は朝から観光です。タイのお寺はキンキラすぎてワビ・サビなんてものは皆無ですが、観光スポットなので一応、回ってみました・・・・。

中国人と韓国人の団体ツアー客がおおくてちょっとびっくり!
d0133225_1239715.jpg


お天気、朝9時ぐらいは曇っててあんまり奇麗な写真画取れませんでした。
上はワットアルン、全景。
さらにズームしていくと、
d0133225_12404914.jpg

壁は神話の神様?鬼?が守り、塔を支えています。さらにズームしていくと、
d0133225_12435188.jpg
d0133225_12441321.jpg
天使の彫刻があったり、お花があったり・・・。
彩色された陶器が埋め込まれているので、それはそれはカラフルです。

d0133225_1246546.jpg


d0133225_125018.jpg
そしてこの階段をのぼると街が一望できるのですが、降りるのが怖くて、私どもは1段目の階層でギブアップしました。だからチャオプラヤー河は望めなかったです。(^^;)
だって!!こんなところでコケて、捻挫でもしたら、本命のアンコールワットに登れないじゃないですか~☆
[PR]

by magical_cat7 | 2007-11-25 12:54 | タイ

スアンルン・ナイトバザール

d0133225_1215887.jpg

夜、日が落ちてからは動きやすい服とスニーカーに着替えて、ルンピニー公園のところにある、「スアンルン・ナイトバザール」へ繰り出しました!
d0133225_12293181.jpg

d0133225_12295654.jpg

アロマグッズ、タイシルク、アジア雑貨のほか、サンダルやかばんなどの日用雑貨やかわいいお洋服屋さんも軒を連ねる巨大マーケットです。もちろん、広い野外フードコートもあって、お食事も楽しめます。


バンコクへ来たら、コ洒落たレストランで「プーパッポンカリー」(蟹のカレーいため)など正統派タイ料理を食べようと思っていたけど、オリエンタルホテルでのハイティーの後ということもあってとてもとてもお腹に入りません(^^;)母娘ともに、「もう1個、胃袋ほしいね~」などとのたまいながらかるーい夕食となりました。

d0133225_12181889.jpg
d0133225_12185938.jpg
魚のつみれが入ったおコメでできた極細麺をつかったタイ風ラーメンとダシがきいてるチキンライス。これにフレッシュマンゴージュースをつけてお値段、しめて140B。(500円足らず)
ここはクーポン制なので券売所(?)でクーポンを購入ののち各屋台で好きなものをオーダーします。写真入メニューもおおいので指差しで好きなものが食べられるよ☆あまったクーポンは同じところでリファンドもしてくれます。
[PR]

by magical_cat7 | 2007-11-25 12:35 | タイ

オリエンタルホテルでお茶を♪

記憶が薄れないうちに(?)ブログにメモっておかなければ・・・・(笑)

足も疲れたし、そろそろお腹すいたね。・・・・ということで、憧れの「ザ・オリエンタル・バンコク」へ♪思えば、学生時代から数えて5度目のバンコク。バンコク自体は私がこの街と相性が悪いらしく、いつも不快な思いをするので決して旅の目的地にはなりえないのだけど、どうしても経由地ということで、1~2泊はしてしまうのよね(T T)。

そして学生時代から是非、オリエンタルホテルでお茶(ハイ・ティー)するのが憧れでもあったのですが、どういうわけか、毎回、「改装中でクローズ」とか、「貸切のため、利用不可」とか、はたまた同行者の意向によって行けなかったりetc... でことごとく振られていたのです。今回こそ!
d0133225_1924648.jpg
BTSにのって「サパーン・タクシン」駅へ。そこから徒歩1分程度の船着場から、チャオプラヤー川沿いの高級ホテルへのシャトル便がでています。料金は無料。特に宿泊者でなくても利用できるので、高級ホテルでちょっとランチ&ディナーとか、お茶しにいくにはお薦めですよん♪なんせバンコク名物の渋滞を避けられるのと、川の風がとても気持ちよいのです♪


船の中はこんな感じ。対岸の風景を楽しみながらオリエンタルホテルへ~。
d0133225_19261544.jpg


d0133225_19264467.jpg

ホテルの船着場から「Vellanda」の脇を抜け、旧館の「Author's Lounge」へ♪・・・と喜び勇んでいったものの、なにやら騒がしい・・・。んんん????くつろいでお茶しているお客さんも何組かいるけど、ホテルスタッフとは思えないタイ人がせわしなくモノをはこんだりお花の飾りつけをしています。うっ。嫌な予感。「申し訳ございません、本日、結婚式のパーティのため4時半にはクローズしてしまいます」とのこと!!どひゃー!!またですか・・・???
「どういたしましょう?お茶のみであれば“ヴェランダ”でもお楽しみいただますが・・・。」
「“ヴェランダ”ではハイティーやってましたっけ?」
「いいえ、マダム。ハイティーはこちらだけとなっております。」
ヒジョーに美しい英語の発音で、アユタヤ風のシルクの制服を着こなしたお姉さんはあくまでも微笑を絶やさず優雅である。さすが、オリエンタル。
「うーん、せっかくきたから、4時半まででいいです。」
お腹がすいていたので移動するのもめんどくさく、一応あこがれのホテルでお茶することにしました。白い籐の家具に、タイらしい象をモチーフにした明るい緑のクロスのソファ。コロニアル調の、思ったよりも小さな空間。白いグランドピアノからはなぜかビートルズが流れ・・・。オーサーズラウンジの写真も撮ろうかと思ったのですが、なんとなく気ぜわしくて結局写真を撮る気にもなれず。。。正味1時間かぁ。もっとゆっくりしたかったんだけどな~。
d0133225_1952112.jpg

いろいろメニューにはありましたが、時間もないし、母に翻訳するのもめんどくさかったのでスタンダードなハイティーのセットと、ダージリン、コーヒーをオーダー。飲み物はグランメニューから選べるようでしたがここはスタンダードに行きましょう♪紅茶はマリアージュ・フレールのものでしたよん。最初にシャーベット、続いて3段重ねのトレイ、そしてスコーンが出てきます。お菓子はどれも美味しかった☆ここのスコーンは美味しくて有名ですが、評判どおりのお味でした!

とはいうものの、とても1時間では食べきれず。。。(T T)写真をみていただくとおり、量はかなり多いです。(ちなみにこれは2人分)夜食用のおやつ(?)にするため、ドギーパックをお願いするとこんなかわいいパッケージにいれてくれました。
d0133225_2064538.jpg

ちなみにこちらのハイティーのお値段、お一人様950バーツ。それに10%のサービスチャージと7%のVAT(税金)が加算されてお値段、2236バーツ。2人で7500円ってとこでしょうか。

「スコタイ」や「シャングリラ」あたりで650B程度、「シェラトン」や「グランドハイアット」、「インターコンチネンタル」あたりでは350B~450B程度ですから、やっぱりオリエンタルは破格のお値段なんですね。
ちなみに過去、「スコタイ」のチョコレートブッフェ、「シャングリラ・ホテル・バンコク」のロビーラウンジのハイティーにもいきましたが、お薦めはシャングリラです。リバーサイドの明るいロビーの雰囲気が良かったように記憶してます。次回、バンコクへ行く際には「ペニンシュラ」でハイティーを考えてます♪
[PR]

by magical_cat7 | 2007-11-24 20:21 | タイ

バンコクは大都会

到着した翌日はまるっと1日フリータイム♪
BTS(スカイトレイン)の1日乗車券120バーツ(1BTH = 3.3円)を購入して、バンコクの街をさっそく歩きましょう☆11月のバンコクは乾季。日差しもそんなに強くなく、風も涼しく歩きやすい気候です。(でもやっぱり立ち止まっていても汗がにじみます・・・^^)

d0133225_18303636.jpg
タイのシルク王、「ジムトンプソンの家」へ。ここは家ごとまるっと美術館になっていて、独特の美意識が感じられるところなので、是非、母を連れて行きたかったところ。思えば15年以上前、学生時代に初めて訪れて以来、私もこの美術館は3度目の訪問ですな。


d0133225_18312756.jpg初めて訪れた時は家の中も自由に見学できたのに、今は各言語のガイドツアーを利用しないとおうちの中は見れなくなっていました。館内写真もNG。






ツアーでつれていかれる「おみやげ物屋さん」は面白いものはなさそうなので、バンコク随一の繁華街、サイアムエリアをぶらついてみました。デパート密集エリアの交差点にあるエラワン廟はいつもお祈りする人であふれています。

d0133225_18463998.jpg

d0133225_1847419.jpg


恋愛や宝くじなど、現世的なご利益&願い事がかなえられる評判な廟ですがみんな何を熱心に願っているのでしょうね??


その後、2005年の年末にOPENした、バンコクのプライドをかけた(?)一大ショッピングモール、かつ、最高級のショッピングモール「サイアムパラゴン」へ。
d0133225_18563321.jpg

老舗のショッピングビルが閑散としているなか、ここは地元民&観光客で大賑わいでした!
広くてとても短時間では見回れない!!中央にデパートがあり、その周辺にエルメスだのカルティエだののテナントがはいったショピングコンプレックスがあるのですが、まるで銀座1丁目~4丁目あたりがビルに入ってしまった感じ。d0133225_190112.jpg
「ジム・トンプソン」はもちろん、高級アジア雑貨の専門店街もはいっているので、ブランド品ショッピング以外のお土産探しでも十分楽しめます。ショッピング好きの方は是非どうぞ!
ま、よほどタイ・バーツが下がらない限り、わざわざバンコクでブランド品を購入しなくてもいいとおもいますが・・・・(^^;)
[PR]

by magical_cat7 | 2007-11-24 19:04 | タイ

ただいま~!

11月17日から約1週間「ANAハローツアー」でバンコク&カンボジアへ行ってきました☆
パッケージツアー・・・・つ、疲れた・・・。

d0133225_17553549.jpg


今回は母も一緒だったのと、旅行日数がいつもより短い中にもかかわらず、バンコクとシェムリアップの2都市周遊だったため、効率よくまわれるパッケージツアーに申し込んだのですが、やっぱり私の休暇スタイルには合いません・・・・。(--;)

「旅」または「バケーション」って言うより、まさに「観光旅行」って感じでした。ホテル指定もできんし・・・。(涙)

2名催行のツアーで、この日の該当コースは私ども母娘のみだったので、観光行程中、ずーっと専用車・専用ガイド&運転手付きだったのは楽チンで良かったな♪

成田~バンコク間もANAだったので、英語が話せない母も、娘が機内爆睡中でも映画も楽しめ、食事や飲み物の注文など滞りなかったようですし、機内アナウンスも日本語なので不安なかったとのことですし・・・。やっぱりご年配の方には日系航空会社のメリットってあるのね、と改めて実感。外航(最近はもっぱらガルーダだけど)だとパーソナルTVもついてないけどANAはちゃんとついてましたしね!

ツアー行程はこんな感じです。

1日目 夕方便で成田発、真夜中バンコク着
2日目 終日フリータイム
3日目 午前中、バンコク市内観光。午後は宝石屋さん・シルク屋さん&デューティーフリーへとガイドさんにつれまわされます。その後空港まで送り。夜便でバンコク→シェムリアップへ。
4日目 朝5時過ぎにロビーでガイドさんお出迎え。アンコールワットの朝日を見に。その後ホテルへもどって朝食&くつろぎタイム、10時過ぎに観光へ。ロリュオス、アンコール遺跡をみて、昼食後お昼ねタイム。2時過ぎにまた遺跡をみつつ、山へ登って夕日鑑賞。夜は古典舞踊のディナーショー。
5日目 終日フリータイム (別手配にて、午前中のみバンテアイスレイ遺跡など見学)
6日目 アンコール・トム、アンコール遺跡群の観光。夕方、空港まで送り。バンコク経由にて成田。
7日目 朝、成田着

書いてて、盛りだくさん感にお腹いっぱいって感じです。

すでにバンコクで1泊延泊しているものの、どうせ3連休だからそのまま2泊シェリムアップでも延泊して、観光客のいない時間帯に気に入った遺跡にもう1回いくとか、ホテルのプールサイドでうだうだ過ごしてもよかったなー。(--;)
[PR]

by magical_cat7 | 2007-11-24 18:10 | タイ
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30