カテゴリ:中国( 11 )


大熊猫的姉妹 中国へ行く  完結編

パンダちゃんの後はお昼を食べて半日フリータイム♪
パンダシスターズの1名はホテルでうだうだタイム&お買い物タイムとなりましたが、残り3人は貪欲に観光へ行きました☆

どこへ・・?
そう、普段、のんびりビーチ派、「観光はしても1日1箇所しかしませ~ん」という私ですがパンダにくわえて今回、ココまで来たのならどうしても行きたい場所が・・・!!!
ツアー行程に入っていなかったのですが、現地の交通事情などなどで行程が入れ変わったせいもあり、捻出されたフリータイム☆

で、いった場所はここだー!!楽山大仏!!

More
[PR]

by magical_cat7 | 2007-10-24 22:45 | 中国

大熊猫的姉妹 中国へ行く  2つ目のパンダ繁殖基地編

中国レポへ戻ります。
臥龍から帰ってきて、翌日は成都郊外の「成都パンダ繁殖研究基地」へ!入り口でもらったパンフレットは、中・韓・日・英語で表記だよ。「愛護‘活化石‘珍惜大自然」なる文字が踊る。「活きた化石を愛護し、自然を大切にしよう」だって・・。パンダは生きた化石なんだ~。

ということでお約束。
d0133225_226597.jpg


でもねー、ここのパンダちゃんたち、暑いせいか寝てばかりなの。距離も遠いし。
子供パンダの「パンダ幼稚園」もあるのですが、みんなお尻むけて寝てる。観光客は臥龍より多いし。ナーサリーには50センチぐらいのコパンダちゃんたちがお昼寝してたけど、写真撮影は不可で残念!お客さんも多いからかぶりつきで好きなだけ見るってわけにもいかず・・・。あう。
(--;)
市内から近いし、たぶん、先にこっちを見てたら感激もあったんだけど、先に臥龍みちゃったからな~。「イマイチ」って感じでした。でもここはパンダだけでなく、レッサー君もいるよ。みんな木の上で2本足で立ってくれなかったけど☆ 希望者はレッサー君を抱っこして記念撮影もできるらしいです。パンダよりはるかにお安い料金で・・。ちょっとかわいそうだな。d0133225_22105992.jpg

午後10時過ぎには気温が26度を超えたため、パンダちゃんたちはクーラールームへ。
ホントに暑さに弱いんだね。
ココへ夏にいくなら、朝早く、が鉄則です。
[PR]

by magical_cat7 | 2007-10-24 22:14 | 中国

大熊猫的姉妹 中国へ行く 夜の成都編

成都に戻ってきました。暑っつ~。
やっぱり中国。道路は片側4車線、人は多い。土曜日の夜だから??
ツアーだと自由時間があんまりないですね。知らない街をふらふらあるくのはこの上もなく好きなんだけど。中国到着3日目の夜にして、ようやく成都の街を徘徊です。d0133225_22182087.jpg

バリやハワイではあっちへふらふら、こっちへふらふら、お買い物しーの、買い食いしーので、たまに公園の木陰で昼寝なんかしちゃいますが、今回は時間の関係もあってちょこっとホテルの周りの散策のみ。

気温は30度をゆうに超えてて、ムシムシしていたけど、ショーウィンドウはすっかり秋。街行くお姉さんもすっかり垢抜けて、ファッションも日本とあんまりかわらなかった。

d0133225_22212182.jpg

んー、今回の街歩きの戦利品はこれだけ♪台湾製の1GBのメモリカード。パンダ取りすぎてメモリがなくなってしまったですよ。いつもならその辺の写真屋にかけこんで、CDに焼き付けてしまうのだけれど、中国では一般的ではないらしい。やいてくれるところがない・(--)じゃ、ネカフェで日本に大量送信しようかとおもったら、環境悪くてダメだって!(挙句に、へんなものまで送っちゃうことになるからやめたほうがよいですと・・・ウィルスかスパイウェア??)ちなみに中国ではフラッシュメモリへの取り込みが一般的らしいです。d0133225_22252366.jpg

ちなみにこのメモリ、電気機器量販店で180元でした。店員さんは私の片言の中国語でも容赦なくナチュラルスピードで一生懸命説明してくれました(--)。英語は通じません。まあ、台湾製ならいっか。お値段もそんなに高くなさそうだし。

接客サービスは10年前の上海に比べて格段にアップ!友人がブーツを買ったデパートのお姉さんも親切でしたし、ちゃんと笑顔で接客だったのよー。何を聞いても「没有!」といわれた10年前のそっけなさはいずこへ・・・・って感じで新鮮でした。

最後に2泊したホテルは「MINSHAN HOTEL」はこんな感じでーす。ここは英語が通じるよ!
d0133225_22312862.jpg
d0133225_22314647.jpg
[PR]

by magical_cat7 | 2007-10-15 22:34 | 中国

大熊猫的姉妹 中国へ行く  念願のパンダだっこ編2

私達以上の「ぱんきち」も世の中にはたくさんいます。

私達は「こぱんだとの撮影20秒・1000元」コースでしたが、「欧米か?!」と思われるこちらの皆様は、「こぱんだと5分遊びたい放題・2000元!」のセレブコースでした!かなりうらやましいぞ!!でもねー、ガイドさんいわく、去年はこパンダ5分コースは500元だったらしいよ!なんと現在(2007.9月)の1/4 (T T)。なんでもお客さんが来すぎて、パンダが疲れ&病気になってしまうため、値段をつりあげたんだってさ。

d0133225_16374764.jpg


パンダは寝てるか・遊ぶか・食べるか・・・なんてうらやましい生活♪
d0133225_16384343.jpg

d0133225_16402861.jpg

笹の食べ方はこんな感じ。あの爪とキバはまさしく熊です。
d0133225_16521161.jpg
d0133225_16522349.jpg
d0133225_1652352.jpg
d0133225_16524747.jpg

[PR]

by magical_cat7 | 2007-10-13 16:53 | 中国

大熊猫的姉妹 中国へ行く  念願のパンダだっこ編

自分でも待ちきれずにコパンダ達をアップしてしまいましたが・・・。(^^;)

今回の旅の目的、臥龍のパンダセンターに到着です。なんでもパンダは涼しい気候を好み、午前中に活動するとのことで、朝6時起床、7時半にホテルを出発です!成都は34度ぐらいあった気温も、臥龍は15度程度。吐く息が白い・・ってことはもっと気温低いのでは??15分も車で走ったでしょうか?いよいよ到着♪d0133225_1321366.jpg

ゲートをとおり、まずは大人のパンダたちとご対面!距離が近い!さえぎるガラスがない!!ほとんど「自然公園」のような、山と一体型になったようなところで、たいした檻もなく放し飼い状態。ぎゃ~、可愛い!!・・・と一同、自分達の年齢を忘れて大騒ぎ♪

ガイドさんの案内で、「Nursery」ヘ・・・。
うわ~ん、めっちゃ可愛い!!

d0133225_13221085.jpg

うまれて1ヶ月ぐらいでしょうか?ピンク色の身体にほわほわと黒白の毛が生えてます。通常はまだまだお母さんパンダに抱っこされている頃なのにここに何匹かいるということはなにか具合が悪いとか、お母さんパンダが1匹の赤ちゃんで手一杯とか?それとも観光用にガラス越しに赤ちゃんみせてくれてるのかな?
・・・フラッシュを使わなければ写真撮影OKとのことだったので遠慮なく取らせていただきました。ガラスに張り付いていて、眠るだけのパンダをみてても飽きません♪
さらに

More
[PR]

by magical_cat7 | 2007-10-08 13:30 | 中国

大熊猫的姉妹 中国へ行く もうがまんできない!編

d0133225_2250230.jpg
何も説明はいたしません・・・・。
可愛いパンダをご覧ください♪♪♪
d0133225_22473123.jpg
d0133225_22474864.jpg
d0133225_2248866.jpg

[PR]

by magical_cat7 | 2007-10-02 22:50 | 中国

大熊猫的姉妹 中国へ行く 今晩のお宿編

4時間半・・・じゃなかったのーーっ!!!
あちこち工事中の山道、どうみたって1台分のスペースしかない道をなぜか対向車もはしっている!脱輪したら、濁流の川にまっさかさま~・・・てなスリル満点の道を進むこと約6時間?

なんでも本日3件も事故が起こり、すんごい渋滞になっておりました。キャベツや豚さんを運ぶトラックも渋滞で動きません。ここまでくると、昼間の疲れもでて皆さん爆睡モードです。

なにしろ、余談にはなりますが、「都江堰」の手前で、ニッポンからの人事異動の内示を国際電話で受けたあとから、パンダシスターズ、俄然、興奮がピークになりました。

携帯から逐次入ってくる異動情報メールに一喜一憂で一体私達は今どこにいるの状態でした。(中国?それとも東京の某所??)いやー、便利ですね。人事異動の内示を私自身がTOKYOオフィスの部長から、同じく世界遺産「石見銀山」へお出かけ中の直属上司から直電いただきました・・・・(@_@)

途中で「美味飯店」なるレストランで美味しいきのこ料理を食べ、ようやく夜9時過ぎにチェックイン。昼間33度ぐらいの成都にいましたが、臥龍は15度程度?涼しい~というより肌寒いぐらい。パンダは涼しいのを好むのです。

「臥龍で一番のホテル」といわれる「臥龍山荘」が本日のお宿です。うーん。。。。外観は増築中なのか木材が散乱。客室もアメニティもいまいち。スタッフのサービスは、すっかりわすれていましたが、中国って共産圏だったことを思い出させてくれます。でもアメニティはパンダ♪♪♪ 

夜は電気毛布で就寝です。ホテルなんて、どうでもいいのよ!とりあえずお湯がでて、清潔なら!だって山の中だもん!今回はリゾートに来たわけじゃないもん!
・・・おやすみなさい。明日はいよいよパンダとごたいめ~ん♪ Zzzzz。
d0133225_22284673.jpg
d0133225_22291540.jpg

[PR]

by magical_cat7 | 2007-10-02 22:32 | 中国

大熊猫的姉妹 中国へ行く 世界遺産編

パンダへの道はとおい・・・。
成都から臥龍へと向かう途中にもうひとつ観光名所が。その名も「都江堰」。ひらたく言ってしまえば2250年ほど前の、「秦」の時代につくられたダムなんですが、何でも世界遺産登録されているそうな。

四川が古来より「天府の国」と称されるほど肥沃な大地と豊かな作物に恵まれているのはひとえに、この、中国最古の水利施設によるおかげ♪(by ガイドのL氏)

「秦」ですよ、「秦」。始皇帝の時代かぁ。「焚書坑儒」なんかもありましたね~。2250年ほどまえというとまだ中国を統一してないな。でも覇権を握っても、「漢」にほろぼされちゃうんだよな・・・大学受験は遠くになりにけり~とはいうものの、世界史選択で受験戦争をくぐりぬけてきた身には、なんか、中国って感慨深いものがありますね。

まあ、「ぱんきちシスターズ」にはダムなんてどうでもよく、とにかく「パンダ!」というノリでしたが、いざ、目の前にすると・・・・ WOW!

More
[PR]

by magical_cat7 | 2007-10-02 22:09 | 中国

大熊猫的姉妹 中国へ行く マーボー豆腐編

「武候伺」観光のあとは、待ってました♪お食事たーいむ!

四川といえば・・・? そりゃー麻婆豆腐でしょ~♪
ということで、ツアーではマーボー豆腐発祥の地、「陳麻婆豆腐店」へ!「まーぼーどーふ」とは「麻」(あばた)のある陳お婆さんが発明したお料理で、ここはそれを初めてだしたレストランだそうな。

d0133225_21523337.jpg


おいしそ~、と一口食べましたが、 か、辛っ・・・!」(><;)
d0133225_21534347.jpg

四川料理は「マー(痺れるような辛さ)」と「ラー(刺激のある辛さ)」が特徴とは聞いていましたがココまでとは・・・!うっかり話しながら食べるとむせます。花山椒がふんだんにかかっていて香りも良いのですが、舌がじんじんと痺れるような辛さです。しかも中華料理って、ご飯やスープが最後のほうに来るのよね・・・。待てません!ビール いや、スプライトがぶ飲みです。
結局旅行中、1日1回は「マーボー豆腐」と「坦々面」(汁抜き。ジャジャー麺みたいだ。でも辛い)がメニューに入っておりました。考えたら1日目の夕食にもでてたな・・。

四川料理の名誉のためにも言っておきますが、必ずしも辛いものばかりではありません。スープとか、ダックとかきのこ料理や野菜料理は辛くなかったです。また、辛くても、ちょっと間をおくとまた一口食べたくなる病み付きの美味しさなんですが、マジカルはちょっとで十分・・でした。ただ、誤解を恐れず、率直な感想をいわせていただけるのなら、
「うぎゃ~、中国人、こんなの毎日食べててよく頭おかしくならないな!!」。。。。刺激物はホドホドに。(^^;)
[PR]

by magical_cat7 | 2007-10-01 22:14 | 中国

大熊猫的姉妹 中国へ行く 成都観光編

さてさて、到着2日目は成都の観光です。
出発前にガイドブックを漁っても、あちこちのブログを覗いてみても、なんら具体的イメージをもてなかった街。四川省の省都ってぐらいだからデッカイ街なんだろー、ぐらいにしか基礎知識がない・・。物価はどうなの?トイレ、トイレは大丈夫?三国志ぐらいしか知らないけど、観光地って何があるの・・?

ツアーにしてはゆっくり出発の10:30にホテル出発。同ツアー参加者の現役女子大生Kちゃんのしょっぱなからの真っ赤なチャイナドレス姿(これで観光にいくんかい!!)に度肝をぬかれつつ、私もマイ・チャイナドレス持ってくるんだったとちょっと後悔。暑いからついでに羽のついた扇もね。(ウソウソ・・^^;)

まずは三国志で有名な劉備玄徳のお墓、諸葛孔明も祀られている「武候伺」へGO!d0133225_20303829.jpgこれは京都??いえいえ、ちゃんと、成都です。朱塗りの壁と青い竹林のコントラストが絵のように奇麗です。劉備玄徳へのお墓に続く道なのです。「武候伺」のお堂にはもちろん、劉備様・孔明様のほか、関羽様・張飛様もいらっしゃいました。

では問題。これは誰でしょう</b>

More
[PR]

by magical_cat7 | 2007-09-30 21:09 | 中国
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31