カテゴリ:スペイン( 18 )


マヨルカ島の旧市街をぶらぶら散歩

スペインへ行ったときにはたくさん写真を撮ったのに、まだアップしてないものがたくさんありました。
とりすぎて、整理しきれてないんですよね~。
食べ物もおいしかったし、街並みも素敵だったし、スペインっといってもバルセロナ&マヨルカ島にのんびり滞在だったのでほかの都市にも行きたいなー。バルセロナも再訪したいし。

週末の旧市街をプラプラお散歩。
屋外のカフェがとても多いのですが、夏は日差しが強烈です。暑い、というより突き刺さりそう(=紫外線が強くてメラニン増加が増えそう・・・・)な明るさです。
d0133225_1920523.jpg

オーガニックのカフェも結構ありました。甘さ控えめキャロットケーキ。
d0133225_19214040.jpg

石畳を道を歩きながらウィンドショッピングも楽しいです♪
こんなドレスを扱っているお店もありましたが、値段が安いのでリサイクルショップかなにかなのかな?
d0133225_19231256.jpg

d0133225_19233988.jpg

大道芸や絵描きさんなどがいるのも、ヨーロッパの街並みの風景っぽい。
d0133225_19243436.jpg

d0133225_1925181.jpg

記念撮影を通りすがりの人にお願いしたらこんなショットになりました(笑)
チップとして1€コインをいれてあげてね^^
こういう大道芸人(?)はマヨルカにもたくさんいましたけど、バルセロナにも多かったです。

広場に出てくると出店がたくさんありました。オリジナルのアクセサリーとか、古本とか、洋服なんかを売ってます。人形劇のようなものをしてたりする人もいた。
d0133225_19283683.jpg
d0133225_1929735.jpg

中国でよく見た「花文字」で文字を書いてくれる東洋系の人もいましたよ。
d0133225_19292327.jpg
d0133225_19294279.jpg

d0133225_19301118.jpg

ただ歩いているだけなのに、いろいろな人がいて街歩きが楽しいです♪
[PR]

by magical_cat7 | 2013-02-17 20:00 | スペイン | Trackback | Comments(2)

カテドラルでのお祭り@バルセロナ

無事、インドVISAのシールが貼られて手元にパスポートが戻ってきました♪
お出かけまでまだ時間があるので過去の旅行からポチポチ書いていきたいと思います。
2011年9月のバルセロナです。

d0133225_21843.jpg

バルセロナの街をゴシック地区からプラプラと歩いていくと、カテドラルへ出ました。
d0133225_2192612.jpg

なにやら教会の前がにぎわっており、お祭りか何かをやっている様子。
d0133225_2110212.jpg

うーん、こちらのマリア様?聖女?のお祭りみたいですね。
d0133225_2111293.jpg

こちらの可愛い女の子に話しかけてみましたが「It's FRSTIVAL!」というすごく簡単なお答えでした・・(^^:)
でも写真撮影には心よく応じてくれましたよ~。
d0133225_21124150.jpg

帰国してからちょっとネットで調べてみたのですがよくわかりませんでした。。。。
ちなみにカテドラルの内部は「いかにも」っといったゴシック&カソリック教会ですね。
d0133225_212154100.jpg

苦手な雰囲気なので早々に退散いたしました。ガウディのサグダラ・ファミリアはとても居心地がよく感じたんですけど、どうもこういう教会は抑圧される感じがして息苦しくなりますね。。。
[PR]

by magical_cat7 | 2013-02-16 21:23 | スペイン | Trackback | Comments(0)

J.トレンツ・リヤド美術館@マヨルカ島

好きな現代画家の一人に、もう亡くなってしまった方だけど、J.トレンツ・リヤドがいます。
初めて彼の絵を見たのが、いつだったのか、どこだったのか忘れてしまいましたが、光と影とのコントラストが強烈で、鬱蒼と茂る緑のしたたるような青さと、静かな夏の午後を思わせる影のなかの静謐さ、あふれる光の生命力のある明るさが印象に残っています。


マヨルカ島がアトリエだった、ということを知って、いつか訪れてみたいと思っていた小さな夢が叶いました。
d0133225_12214983.jpg

マヨルカの旧市街にひっそりとたたずんでおります。
d0133225_12233114.jpg

邸宅がそのまま美術館になっていました。
1Fの展示室は企画展のようなものが多いので、ほぼスルー。2F~3Fがメインになります。
d0133225_12255442.jpg

d0133225_12264769.jpg

彼が描いた絵は、最初の印象からか風景がが多いように思っていたのですが肖像画も多く残されて人気があったようです。ちょっとベラスケスっぽい感じ??スペインバロックを思わせるような絵ですね。
d0133225_12292881.jpg

手前においてあった椅子。。。ここに腰かけて描いていたのかな?日本っぽい布が張られていますけど・・・。
d0133225_12305092.jpg

この方、日本びいきだったようです。日本にも来日して展覧会やってたんですよね~。当時は知る由もありませんでしたが・・・。
d0133225_12325313.jpg

ワインラベルのデザインなんかのお仕事もされてたんですね。
d0133225_12381791.jpg


d0133225_1237696.jpg

館内はそのまま生活できてしまうような感じ。インテリアを見るのも楽しい♪
絵もこんな風に部屋に馴染んで展示されています。こういう展示っていいな~。絵だけ並べているよりイメージが膨らんでいいですね。

d0133225_1239284.jpg

d0133225_12391990.jpg

こういう展示室もあります。
モネの色彩をもっと力強くしたような絵が好きですね。モネの絵はやわらかいタッチと色彩のせいか、もっと水蒸気に煙るような湿度の高い印象を受けますがなんというか、リヤドの絵は乾いた空気の中に咲く花や植物の瑞々しさを感じさせてくれます。それでいてとても静謐さを感じて落ち着けます。
d0133225_12432723.jpg

書斎?ちょっとした図書館みたい。

こちら入場料は4€でした。(20011年9月当時)
人も少なく、ゆっくり見て回れます。
[PR]

by magical_cat7 | 2012-12-16 12:45 | スペイン | Trackback | Comments(2)

海とアートと音楽と@グエル公園

昨年2011年9月のスペイン旅行の写真が全然整理できません。。。(TT)
バルセロナ、といえばガウディ、ガウディといえば「サグダラファミリア」「カーサ・バトリョ」・・・・そして「グエル公園」でしょうか~。

d0133225_21294715.jpg

まずはお約束のサラマンダーと記念撮影。
公園内はだだっ広く、モザイクをみたり、景色を眺めたり、ヘンテコかつ遊び心あふれるデザインの建築物を見ているだけで、あ3時間ぐらいはゆうに過ごせます^^
この日も暑かったけど、海風も気持ちいいんですよね~。
d0133225_21324084.jpg

d0133225_2133433.jpg

こんな露天商もところどろこで見かけます。可愛いペンダントなんかを売ってます。
d0133225_2134458.jpg

それから、公園内をそぞろ歩けば、いたるところで音楽が聞こえてきます。
d0133225_21354826.jpg

d0133225_2136549.jpg

クラッシックあり、スタンダードナンバーあり、ポップスあり。
気持ちの良い晴れた日に、のんびり歩きながら涼風にふかれ、音楽を聴きながらっていうのは気分がとてもいいですよ^^
d0133225_21374644.jpg

青い地中海を眺めながら、カフェでちょっと一息。
左側に見えるのはサグダラ・ファミリアですね。
さらにこんな坂道を上がっていきます。
d0133225_21395430.jpg

いろんなデザインがありますね~。
d0133225_21405682.jpg

見どころが多いバルセロナですが、観光地めぐりは1日1か所か2か所にして、のんびり楽しむのが良いかと思います^^
[PR]

by magical_cat7 | 2012-05-27 21:42 | スペイン | Trackback | Comments(2)

マヨルカのビーチ@サ・カロブラ

こんばんは!最近仕事も落ち着いているので韓国語に親しむべく、毎日カカオトークにいそしんでいます。

ここ2週間ほど、私の勉強相手になってくれているのは釜山近郊在住の、優しいお兄さん♪朝・昼・晩・・・っとショートメッセージを飛ばしてくれ、ほとんど「彼氏か??」状態で密に(?)やり取りをしています。「おはよう」のあいさつから始まり、昼休みには「おいしくお昼ごはん食べてね!」とSMSが飛んできます。そして夜は1時間ぐらいチャットして、最後に「おやすみなさーい」。。。いや、いまだかつて、彼氏とだってこんなにチャットやメールをすることはなかったと思う。お兄さんが韓国語、私が日本語(ハングルを打つのに異常に時間がかかるため。)でのチャットとなるんですがこれが不思議と会話として成り立つから面白いです。、単語力不足で、私はたまにトンチンカンな受け答えをしていることももちろんありますが・・・・。

もう一人はソウル在住の大学生。日本語を勉強しているのでこちらも日本語と韓国語ないまぜのチャット。
彼は朝、通勤時間帯にちょっとやり取りをして、あとは週末に1時間ぐらいのチャットかな~。

今週末から「女子会INソウル♪」ってことでまたちょっと行く予定なんですけど、その前に終わらせたかった夏のスペイン旅行、まだまだおわらない・・・(--;)

今日はポルト・デ・ソイェールから、近くのビーチ、サ・カロブラへいきまーす!
d0133225_22595322.jpg

トラムを降りたらヨットハーバーのほうへ歩いていくとサ・カロブラ行きの遊覧船のチケットブースがあります。
遊覧船といっても往復の足になるので、まずはここで往復のチケットを。予約制なのでこの時点で復路の便も購入しないとなりません。往復で23€。
チケットをゲットしたら、しばし出航まで時間があるのでビーチ沿いのカフェで軽めの昼食タイムです。
スペインだけど、なぜかラザーニャ。。。
d0133225_2352437.jpg

さ、船がきたら、乗り込みますよ~。
d0133225_2361913.jpg

d0133225_2365626.jpg

船は何隻かあるみたいです。行きはこちらの白い船体の船でしたが、帰りはブルーの船でした。
内装などは大して変わりはありません。上の船内の写真はたぶん、帰りの船のほうだったと思います。
d0133225_239337.jpg

d0133225_23104753.jpg

往路は遊覧船といっても特に見どころらしい見どころは・・・。青い海見ているだけでも気持ちはいいですけどね~。9月半ばでも日差しはかなりきついので、サングラスと日焼け止めはくれぐれもお忘れなきよう。
ちなみにカサブロから戻ってくるときはこんな水の色のきれいな洞窟も行きます。
d0133225_2313380.jpg

遊覧船にのって約1時間。見えてきました~。小さな入り江のビーチです。
d0133225_2314143.jpg

ほんとに小さいビーチです^^
でも海水はすごく澄んでいてきれいでしたよ。比較的遠浅で、入り江のため、波もないのでぷかぷか浮いて遊んだり、シュノーケルで魚を見たりという楽しみ方かな。水温は低めです。
d0133225_23163924.jpg

d0133225_2317178.jpg

水面、きらきら~♪
こちらのビーチですが着替えるところはなく、周りを簡単に囲ってある一人分のスペースの脱衣所(?)らしきものと、真水のシャワーのみ。でもここ、上からは丸見えじゃん、って立地でした(笑)
まあ水着は最初から着ているから脱ぐのはいいとしても、水着から服に着替える時は苦労します。。。日差しはきついんだけど、水温もそんなに高くなくて、そよそよと風が吹いているので海から上がると体感温度は低く感じるし、日焼けは気になるし。小さいレストランは2軒ほどありましたが、「海の家」ってわけではないので、パラソルなんてものもなく、ビーチにいたら炎天下。岩場の影になっているところでしばし過ごしました(笑)

でもやっぱり落ち着かず、早々に着替えて、ちょっと高台にあるその小さなレストランへ避難。
海がよく見える日陰の席に陣取ってよく冷えたサングリアをいただいていました。
頬をなでる潮風も心地よく、店でかかるサルサも耳に心地よく~。
ほろ酔い気分で、本を読みながら、何とはなしに、のんびりと青い海を眺めているって至福のひとときですね。
d0133225_23361228.jpg

[PR]

by magical_cat7 | 2012-03-12 23:39 | スペイン | Trackback | Comments(2)

世界の車窓から@マヨルカ島 

こんばんは。3月というのに寒いですね。
この前、ちらっと日本語⇔韓国語の語学友達の件、意を決して某日韓交流サイトの掲示板に書き込んでみたら、ありがとうございます、20名以上の方がメッセージを飛ばしてくださいました。(^^)写真は掲載したものの、あえて年齢は入れなかったら上は50代の日本企業ソウル支店お勤めのオジサマから下は在韓・在日の大学生男子まで・・・。女性が一人しかメールくれなかったのがちと悲しく、一人を除いてすべて男性でした。で年齢が1年でも違えば使う言葉まで変わってしまう年功序列の韓国社会。。。当然「おいくつですか?」の質問の嵐なワケで・・・(^^;)素直に「19XX年生まれです」と答えたところ、大学生の男子たちからは「お姉さんですね♪」との返信が。よかったー、「アジュンマ(おばさん)ですね」って言われなくて~(^^;)

そんなこんなで、日本語メールは飛んでくるわ、返信した相手からハングルでKAKAOのチャットメッセージは飛んでくるわでこの土日はPCとスマホのダブル使いでずっとやり取りしていました。ちょっと疲れた~。

閑話休題。

9月のマヨルカ島ではレトロな木造列車に乗って、1DAYトリップを楽しんでみました♪

パルマ駅から電車にのってまずはソーイェルという町へ。
d0133225_21211098.jpg

夏の観光シーズンで混雑してましたが、10時ぐらいの便に予約なしで乗れました。チケットは駅窓口で買えますが窓口が3つくらいしかないのに人であふれてます。出発時間より余裕をもって早めに行くに越したことはないですね。パルマ~ソーイェル間は1日7往復。片道€10、往復€17です。
d0133225_21274482.jpg

街を抜けると郊外の工場地帯、そこを抜けるとこんな乾燥した平原が広がります。。。
これを抜けると今度はオリーブの畑、やがて山を越え、トンネルを抜けると今度はたわわに実ったレモン畑を抜けてソーイェルの街まで焼く1時間程度の列車の旅となります。
のんびりゴトゴト揺られて移り変わる景色を見るだけでもなごみますよ。ちなみにこちらの列車、1912年の開通当時からの車両がそのまま現役で走ってます!木製車両ってのもなんだか雰囲気があっていいですよね。
途中、バイヨールという町に停車し、その後はかなり山をのぼったところでソイェールの街を眼下にのぞみ、山々のパノラマを楽しめる展望台で10分ほど停車します。ここは写真タイムですね♪
d0133225_21314745.jpg

d0133225_2140013.jpg

d0133225_21405429.jpg

ここを過ぎると、トンネルと果樹園、家などが増えてきてこじんまりとしたソーイェルへ到着。
駅も素朴です。
d0133225_2143156.jpg

駅をおりたら、今度はトラムに乗り換えて、港町、ポルト・デ・ソーイェルを目指します♪トラムは列車に接続しているのでそんなに待たずに乗れますよ。チケットは特に買う必要はなく、車内清算でOK。
駅からトラム乗り場はすぐ近くです。目の前に観光案内所らしきものがありましたがパンフレットを置いているぐらいでした。不安な人はここで地図などもらっておくといいかもしれませんが、日本語版はありません。
d0133225_2149911.jpg


このトラム、進行方向に向かって左を陣取ってください!
市民バスのような役割もしているようなので、最初はのどかな街中&住宅街を走っていきますが、やがて海が見えてきます。一気にリゾートモード突入です。
d0133225_21524827.jpg

d0133225_21533725.jpg

「きゃ~、海だぁ~♪」っとはしゃいでいる間にポルト・デ・ソーイエル到着。ソーイェルからはわずか3キロ程度しか離れていないので所要時間は20分足らずだったかな~?こちらもおもちゃみたいな木製のレトロな作りの車両なので、可愛いです。
d0133225_21572032.jpg

さて、ではここでちょっと小休憩。トラムをおりたら、すぐビーチ&港です。
海辺には何軒かのレストランやカフェ、小型のホテルが立ち並び、ビーチ遊びに必要なグッズ(シュノーケルセットとか、バスタオルやビーチサンダルなど)を売るお店やお土産物屋さんなどが軒を連ねていて足りないものはここで調達。(えー、ビーチに遊びに行く予定だったのにタオル、忘れました・・・水着は着用してましたが・・・。)
ランチも海をみながらのんびりいただきましょう♪
d0133225_2205573.jpg

本日の目的地はここから遊覧船にて、小さな入り江にあるビーチ、サ・カロブラへ向かうのです(^^)
続きはまた次回~。
[PR]

by magical_cat7 | 2012-03-04 22:02 | スペイン | Trackback | Comments(2)

バルセロナ最古のろうそく店@セレリア・スビラ

皆様、こんばんは~。
慣れないノートPCで頑張って打ってます(笑)なんせ、キーボードが浅いし、小さい。そしてマウスではないのでなんだか今一つ、使いずらいです。えーん。。。今日はお休みだったのでマヨルカの長編ネタにしようかと思ったのですが、お買い物メモで~。
まだまだ、ガウディ関連もアップしてないのに、いつになったらバルセロナ&マヨルカ旅行のまとめができるのかわかりませんが、来月のお出かけまでにはなんとかカタをつけたいところです。


さてさて、バルセロナのお土産物事情。
フットボールマニアへのお土産物にはサッカーグッズの数々(もちろん、バルサのグッズ専門店もありますよ!)とか、フラメンコを踊る方であればフラメンコグッズなどはいっぱいあるのでお買い物は楽しいと思います。いわゆるベタなお土産物(ガウディのトカゲのグッズとか、バルセロナの文字の入った絵皿や灰皿などなど~)は論外として、女子が好きそうなものとしてはオリーブオイルを使った化粧品とか可愛い陶磁器とか扱った日用雑貨お店なども結構ありました。本当は買って帰りたかったワインやオリーブオイルのボトルもありましたが、なんせヨーロッパという長旅・・・スーツケースの中で割れるのが怖くて結局購入には至らず。

食料品(パテとか、生ハムとか~)も買い込んできましたが、なんででしょう・・・・??日本へ持ち帰ると味が、味が~!!!バルセロナで食べるときと日本で食べる時と、味と香り、ハムに至っては脂の感じまで全然違ってしまい、おいしいものを買ってきたつもりが「あれれ??」というハメになってしまいました。食料品に関しては日本で好きなものを下調べしたうえで買ったほうがいいかも、というのが正直なところです。

友人たちへのお土産ものを物色しつつ、旧市街を歩いていて見つけたのがこちら♪
d0133225_22564851.jpg

セレリア・スビラという、蝋燭のお店です。
カトリックのお国柄、礼拝には欠かせない手作りキャンドルをいまも作り続けているお店とか。
正面入り口の左右のディスプレイには「老舗」を感じさせない、カラフルかつモダンなデザインのキャンドルがディスプレイされていました。
d0133225_2305972.jpg

d0133225_2312227.jpg

このお花型のキャンドル、可愛いでしょう?アイアンと組み合わせてあって高さもそれなりにあるのでかなり大きなものなんですがインテリアとしてリビングに置いてあっても素敵ですよね?我が家の狭いスペースにはとても置けませんが、持って帰りたかったぐらいです。
d0133225_234737.jpg

正面入り口からそれた横道にはいると、昔ながらのキャンドルづくりの様子がわかるようなディスプレイがされていました。
d0133225_22593860.jpg

お店の中はそんなに広くはなくて、オーソドックスならせん状にねじったカラフルなキャンドルやお土産物っぽい、サグラダファミリアやグエル公園などバルセロナを代表する風景をステンドガラス風にしたキャンドルホルダーのほか、お花や動物の形をしたキャンドルなどがたくさんありました。
お客様は観光客半分、地元客半分ってところでしょうか?地元の方々はふつうのキャンドルを買って行ってます。英語もそこそこ通じますので買い物に不便はないですよ。手にとって見たいときは声をかけて棚から持ってきてもらえますし、ディスプレイされてなくても、希望のモチーフや色が欲しい時も聞いてみると2Fから在庫を出してくれます。
友達土産用&自宅用にここでちょこっとお買い物。
包装紙はけっこうレトロです。^^
d0133225_23134132.jpg

自宅用に買ったのはバルセロナの海をイメージしたキャンドルホルダーとスワンを形どったキャンドルです。
d0133225_23174788.jpg

d0133225_23181567.jpg

キャンドルホルダーは€3か4ぐらい、スワンは€7ぐらいだったでしょうか?
ピカソ美術館へ行く際の最寄駅が4号線のジャウマ・プリメ駅になり、このお店も駅のすぐそばにあるので観光がてら立ち寄ってみてはいかがでしょうか?
[PR]

by magical_cat7 | 2012-02-26 23:22 | スペイン | Trackback | Comments(2)

ユーロ大丈夫かな?

ユーロがついに100円になりましたね~。
2011年の9月スペインを旅したときは、レートは105円~106円。日本で両替すると109円前後をうろちょろ
しておりましたが、いまなら両替しても103円ぐらいなのかな?やっぱり海外旅行は今が行き時なんでしょうか?新聞広告みてると国内旅行のほうが割高に感じますものね。USドルレートも76円台をうろちょろしてる。オーストラリアドルのほうが逆転してます。。。やはり資源大国は強いのか??

バルセロナの旧市街、バロック地区をふらふら歩いていたところ、切手やコインのお店を発見!
d0133225_21363275.jpg

バルセロナオリンピックの時の記念コインもあります!
d0133225_223091.jpg

その後ろには2002年のユーロ加盟を記念した銀貨なんかも売ってました。もちろんプレミアがついています。
今思うと、記念に買っておいたらよかったかも・・・。「ユーロ」が後戻りすることはないのかもしれませんが、このまま同じ様に進んでいくとも思えない。旅行者目線の勝手な言い分を言わせてもらうと、その国ごとの通貨があった昔のほうが、「外国行った~」という感じがしたんじゃないかな~。スペインペセタとか、フランスフランとかドイツマルクとかのほうが味というか、その国の文化が通貨にも感じられたような気がします。陸路で国境を越えるたびにパスポートにその国独自のスタンプも押されるし。

バルセロナ、といえばピカソやガウディはもちろんですが、忘れちゃいけないのがジョアン・ミロ。
バルセロナの街を歩いているといろんなところに意外な巨匠達の作品・オブジェを見ることができて街歩きは楽しいいのですが、ランブラス通りのモザイクなど、ミロの作品も街中にみることができます。
その中でも一番よく見るのはこちらかな?
d0133225_21483845.jpg

ミロがデザインしたバルセロナの銀行のロゴマーク♪なんか可愛いねぇ♪
なんでも人間が貯金箱にお金を入れてる姿をイメージしたとか、しないとか(笑)
しかも、この銀行の名前が「ラ・カイシャ」。「ザ・会社?日本語か??」っと一瞬思ったのは私だけではないはず!なんでもバルセロナのあるカタルーニャ地方がお膝元の銀行だそうで、ミロもこのロゴマークの作成を頼まれたときに二つ返事で引き受けたとか。日本の銀行ようにグッズもあるんですかね~??
世界に誇る、カタルーニャの画家がデザインしたってだけでも地元の人は愛着を感じるんだろうな~。

余談ですが、一時期、バブルの頃は今はなき、拓銀では「たぁ坊」だの、三井銀行では「スヌーピー」、「太陽神戸銀行」では「くまのパディントン」などのキャラクターが使われていましたが、こうやって列挙しても所詮はどこからの借り物、オリジナルは別物ですもんね。その辺が、日本の銀行の発想力の限界という気がしないでもないですね。結局、合併や破綻でこれらの銀行自体がなくなっちゃってますし。あの、経済的にも世の中の気分的にも企業が余裕があった時代に、奈良那智とか草間弥生なんかのデザインを使うぐらいの発想があったらまた違っていたのかもしれませんね~。

私が日本の銀行キャラクターで悩殺されたのはJAバンクの「ちょきんぎょ」です。これはラブリー♪(笑)
JAバンクに口座つくろうかなww?
[PR]

by magical_cat7 | 2012-02-05 22:32 | スペイン | Trackback | Comments(4)

マヨルカ島 街歩き ①

マヨルカ島でもお世話になりました♪「パルマ サイトシーイングバス」!真っ赤なBODYが目立ってます。
d0133225_20565347.jpg

パルマの中心部の観光地を中心に約16箇所のバス停があり、乗り降り自由。1日チケットは15€ですバスに乗るときにお金を払えば、観光ガイド用のイヤホン&MAPをくれます。その時に渡されたレシートが乗車券代わりになりますので捨てないように気をつけてくださいね!
こちらのバスは1日券といっても、24時間つかえるのでお昼過ぎから乗っても翌日のお昼まで使えます。
言語は英語やドイツ語をはじめ8カ国。残念ながら日本語をはじめとするアジア言語は対応しておりませんでした。実際、マヨルカにいても東洋系はほとんど見ませんでしたしね~。

陽射しは強いけれど、こちらもやっぱり2F席が気持ちいい♪
d0133225_211484.jpg

ヨーロッパな街並みですね~。この辺はショッピングが楽しいエリアでした。MANGOとか、ロエベとか日本でも馴染みのお店のほか、デパートなんかもあります。
d0133225_2155793.jpg

緑の並木道がきもちいい、ボルン通り。
d0133225_2183629.jpg

パルマの一番のシンボルといったらこのカテドラルですね。
カテドラルの向かいにはアルムダイナ宮殿があり、周りを散策するのも楽しいです。
d0133225_21113624.jpg

裏道には普通のオフィスや住居のほか、おみやげ物屋さんにもあります。
海沿いの城壁(?)の辺りには大道芸人や絵描きさん。
透明人間さんと写真を撮ってみました。
d0133225_2113274.jpg

d0133225_21131922.jpg

風景画もあるけど似顔絵書きのひとも多かった。
d0133225_21142485.jpg

のんびりしてていいな~。
[PR]

by magical_cat7 | 2011-12-18 21:14 | スペイン | Trackback | Comments(0)

マヨルカ島のお宿@ホテル ミラドール

まだスペインの記録をほとんど書いていなかった・・・。
寒いので暖かい気候と青い海が恋しいです。

前回の、LCC、ブエリング航空に乗ってやってきたのはマヨルカ島♪
詳しくはこちらの記事参照⇒
乗ってみた!初LCC(ローコストキャリア)体験@ブエリング航空
ショパンとジョルジュ・サンドの逃避行先としても有名ですが、元・ドイツ三越で働いていた友人いわく、「あそこはドイツ人にとって、日本人のグアムとおんなじような感じだね~」っとのこと。お隣のイビサ島でも良かったのですが、なんとなく、「イビサ=クラブばかりで夜は煩い」「マヨルカ=なんか適度に田舎でノンビリしてそう」っというイメージがあったため、今回はマヨルカ島で海みながらノンビリしようと2泊3日丸々の滞在に決定。

d0133225_11362527.jpg

空港から市街地の中心部へはバスも出ているけれど、荷物もあるのでタクシーで。
わ~、海、キラキラ☆
d0133225_11434127.jpg

後ほど行きたい、旧市街エリア♪
マヨルカ島にはいろんなビーチやリゾート地があって、レンタカーが使えれば選択肢もぐっと広がるのだけれど私は車が運転できないのと、やはり初めての街なのでいろいろ歩き回りたいのとで、島の中心地、パルマ・デ・マヨルカにホテルを予約しました。パルマ・デ・マヨルカにホテルを取れば、ほぼマヨルカ島の見所には日帰りで行くことができますし、レストランやお店も多く、旧市街があるので徒歩や公共交通機関で動き回るにはやはりベストだと思います。
残念ながら、パルマ・デ・マヨルカはちょっと足を伸ばさねばビーチはありませんので、オン・ザ・ビーチのリゾート派には不向き。でもハーバーがあるので海好きで海を眺めて過ごしたいならOKです。

ということで空港から約20分程度でしょうか?タクシーで35€ぐらいだったかな。ホテルに到着。
とはいえまだ午前中だったので、この日は荷物だけ預けて街に繰り出しました。

RQした海の見えるお部屋はどんな感じでしょう~????
d0133225_11463520.jpg

おお~!広々快適そう♪
d0133225_11481880.jpg

d0133225_11475128.jpg

お部屋はシンプルでとても明るい♪寛ぎスペースもバッチリです。
水周りはどうでしょう~??
d0133225_11492577.jpg

まあ、普通かな。でもこちらもスペースはゆったり。バスルームもバスタブつきなのでゆっくりできます。
d0133225_11503041.jpg

アメニティも一通りは揃っています。身体を洗うスポンジもちゃんと付いてました。これがあるところは珍しいよね。
お部屋のほうに戻って今度はテラスへ。
d0133225_115219100.jpg

d0133225_11523734.jpg

こちらも一人でいるのがもったいないほど広いですね。
とはいえ、日中はかなり陽射しが強く、テラスにいても日焼けしそうなのでもっぱらここは夕方~夜にかけての寛ぎスペースでした。夜はバリ島とは違ってかなり明るいので星はあんまり見えませんでしたけど。。。ワイン飲みながら本を読むぐらいかな?
ヨットハーバーに面しているので、朝~昼にかけての眺めはなかなか気持ちよいです。
d0133225_1155334.jpg

もう少し涼しい時期なら、このテラスで昼間もゆっくり過ごしたいですね。あるいはパラソルをつけてもらうか・・・・。
[PR]

by magical_cat7 | 2011-12-17 11:57 | スペイン | Trackback | Comments(0)
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31