カテゴリ:音楽( 7 )


祝☆ヒョシン!カムバック&モーツアールト出演&債務返済

ご無沙汰しております。
11月の台湾レポが途中にも関わらず、3月末には有休をとって再び台湾へ遊びに行っていた@まじかるです。

ですが・・本日は台湾レポではなく大好きなヒョシナこと、パク・ヒョシンさんのことなど♡
「いったいいつになったら新しいアルバムを出してくれるんだろう~???」っと悶々とした冬を過ごしておりましたが3月下旬あたりから嬉しいニュースが次々と入ってきて~♪

まずは新曲!長い冬を越えて、一筋の春の日差しに咲く花のように。「야생화」(野生花)
美しいモノクロ映像のスペシャルビデオもアップされました♪ううう、嬉しい♡♡♡
ピアノのストリングスとヒョシナのボーカルのみのアレンジも美しい・・・そして横顔も美しい~!!



そして6月から8月にかけては、昨年の「エリザベート」に続き、今年はミュージカル「モーツアルト」にモーツアルト役での出演も決まりました!!わーい、タイトルロール~!!!うひゃーん!!☆0(≧▽≦)☆
私の渡ソウルも確定だな!!!
d0133225_21272777.jpg


さらに、ファンの間でもとっても心配されていた前事務所との違約金の問題。こちらも現所属事務所のジェリーフィッシュが肩代わりしたようで決着が付き一安心。うううう、このニュース聞いたときにはホントに良かった、っと思いました。韓国の芸能界は魑魅魍魎の巣窟のようで・・・ちょっと一般の日本人の感覚とはかけ離れたことがしばしば起こるので、一ファンとしてはひやひやして見守ってた部分があるのです・・・・。あ~、ほっとしたわ!!

もちろん、こんなことで潰されるようなヒョシナ&才能ではありませんが、やはり音楽に専念できる環境、好きなことができる環境にいて欲しいですものね。何よりも幸せに笑っていて欲しいのです。

ということで春の訪れともに明るいニュースが多くて、嬉しいです♡
引き続き、第7集のアルバムと、ヒョシナのソロコンサートも楽しみに待ってますー!!
d0133225_21412937.jpg

[PR]

by magical_cat7 | 2014-04-03 21:42 | 音楽 | Trackback | Comments(0)

パク・ヒョシン GIFT ~E・C・H・O~

ただ今出張中につき、時間指定記事で♪

3月末ぐらいに発売されたんだけど、まだ取り寄せてなかったパク・ヒョシンのCD。
GWにゆっくり聞こう、とおもいつつ、取り寄せたのはGW後になってしまった。
「GIFT ~E・C・H・O~」
こちら、2009年に発売された「GIFT 1」、2010年発売の「GIFT 2」に続くスペシャル・アルバム♪
とはいっても、ご本人のヒョシナがまだ兵役中のため、ニューアルバムっていうよりは兵役前に作った曲のアコースティックバージョンやスカルとコラボした曲などを含んでいるものの、「GIFT1」「GIFT2」の収録曲がほとんどです^^
d0133225_13201123.jpg

黒いのが「GIFT 1」、赤いのが「GIFT 2」で、今回のが白とゴールドのパッケージ♪
中身はこんな感じです。BOXタイプのCDは中になにが入ってるかが楽しみでもありますね。
d0133225_13234210.jpg

クロスのが歌詞カードですね。金色のハートマークのものは何でしょう??ひっくり返すと、「LETTER FROM
PARK HYOSHIN」と書かれていました。なんだろう?なんだろう??
d0133225_1327120.jpg

きゃ~、中身はフォトカートでした^^なかなか可愛い&かっこいいい!

ヒョシナは芸能兵ということもあって、兵役中でもメディア露出度が高く、軍のラジオパーソナリティもやっているし、軍のイベント系のコンサートでも歌うし、YOU TUBEにもちょくちょくアップされてくるのですが、今の兵役中は基本短髪でノーメークにメガネ・・といういでたちのせいか、すごく可愛く見えます(笑)
でもコンサートなどで生のヒョシンをみると、メディア露出のときより本物は数段、かっこいいです!!
この人は写真やテレビよりも、断然実物がかっこいい^^

肝心のアルバムの内容ですが、アコースティックにアレンジされた「イサンハダ」(日本語にすると、「変だ」とか「おかしい」という意味)が~!期待を裏地らず、素敵すぎる~♡
パート1のオリジナルのものより、こっちのほうが好きだな~。歌詞の内容は、「君に出会って、僕がどんどん変わっていく、ぎこちなくなっていく、不安になっていく。君に会って幸せなのに、一人に戻るのが怖い。なんだか変だ」(すっごい超訳で申し訳ない)という、恋した時に自分が変わっていくことへのドキドキ感と、すごく幸せなんだけどこの恋を失ってしまったら変わってしまった自分はどうしたらいいのか、ということに対する不安を歌った曲。

パート1ではテンポのよい明るめの曲調のミディアムバラードなんですけど、今回のはアコースティックバージョンは歌声もさることながらギターのストリングスの美しさとピアノの音といったシンプルなアレンジ。息遣いも聞こえて、すぐ隣で歌ってくれているような感じです。をイヤホンで聞いていると、その優しい歌いっぷりに私の心がイサンハダ~。(笑)

「GIFT」シリーズでは、「サランハンフエ(愛した後に)」と「アンニョン サランア(さよなら、愛)」にヨンハを想って泣き。切ないバラードが多いヒョシンだけど、幸せな気分になるラブソングも結構歌てます!明るい曲調の、「ラブ・バリスタ」と「ONLY YOU」のハッピーなラブソングで、にまにましながら、スイートな気分になり~♡「DEJA-VU」は東京コンサートでのダンスを思い出して、ソウルコンサートのジャズアレンジのバージョンも思い出して。。。

「E.C.H.O」ですが、これはEarnest Calling Howls Only for youのメッセージでもあるようです。
早く、復帰&コンサートが待たれます!!

ネットで俳諧していたら、12月25日に釜山コンサートって記述があったけどほんとかな??
その後、続報が何にもないのよね~。
[PR]

by magical_cat7 | 2012-05-23 08:00 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

いつになく、恋しい。。。

二晩連続でヨンハが夢枕に立ち、なんだかとても恋しくなって。
夢自体はとても楽しい(・・・というか嬉しい^^)夢だったんだけど。
2年前のクリスマスに届いた、パッケージを開けていなかったDVDをようやく開けて、観てみた。
いやー、見るに見れなかったのよ。。。。今まで。


2010年の12月に発売された、限定版の2枚組DVD。2004年から2010年までの作品からセレクトされた楽曲+未発表曲2曲を加えたCD、PV、亡くなる4日前まで行われていたコンサートを編集したコンサートDVD。

d0133225_2322525.jpg

「Park Yong Ha in 1107'S」
そして
d0133225_233263.jpg

「Park Yong Ha in 1095's」

あの時、一緒にいたのに。ライブで一緒に歌ってたのに、もう2年も前のことなんて信じられない。
CDの中に入っていた「a song for you」
この曲を初めて聞いたのは、2009年のハワイコンサートのDVDを見たときだったかな。
その時は「ヨンハかっこいー♡」って映像に見惚れてて、でも歌自体はベタベタの甘々なだラブソングだなって思ってたけど、今聞くと、まったく違う曲に聞こえる。


♪いつの日も君のそばにいるから 
抱えきれぬほどの瞬間を 表情を そのしぐさも全部 焼き付けていたいから
さよならが癒えない傷を残して二人が離れてしまっても
愛してる 君を愛してる 
永遠にこの想いを 君に、、、

♪いつまでも君のそばにいるから
素顔のままの君でいて
会えなくて寂しい夜がきて 心が震えても
「さよなら。」も言えないくらいに強く 君を抱きしめているから
愛してる 君を愛してる
永遠に君のことを ずっと。。。






[PR]

by magical_cat7 | 2012-05-16 23:26 | 音楽 | Trackback | Comments(2)

パク・ヨンハコンサート@よこすか芸術劇場JUN20


d0133225_21523746.jpg

よろぶん あんにょんはせよ~。^^
コンサート会場から帰ってきたばかりでまだ軽い興奮状態です☆文章、かけるかしら??
ヨンハ、かっこよかった~♪相変わらずお茶目だった~♪声きいてるだけで幸せ~(私は声フェチ♪)
テープ飛んだりとか、気球に乗ったりとかの派手な演出は一切なく、ヨンハが近くに感じられる、アットホームな、コンサートらしいコンサートでした!幸せ♪
MCも今回はすべて日本語!(上手になったねぇ~♪)歌は「期別」と「戻っておいでごめんよ」の2曲以外は日本語の歌。ヨンハのギターにあわせてヨンハと一緒に会場の歌声がひとつになった「Holiday」と「ハーモニー」。そしてWアンコール!!

ちょっとノドの調子がよくなかったらしく(・・・てか、練習のしずぎ??いつだったかのコンサートで、リハで張り切りすぎてノド酷使したってことがあったよねぇ。。。)ヨンハの低くて甘い、伸びのある声が高音、かなり出にくそうで、声割れ寸前だったのだけが返すがえすも残念。今日はMCの時もハスキーヴォイスだったの。それもSEXYでいいんだけど、抜けるように伸びやかで声量豊かないつもの声がもっと好きよ(笑)

16時ジャストに会場されるや否や、グッズ売り場には人が殺到。
d0133225_2261797.jpg

d0133225_2215155.jpg

ホントはグレーのヨンハデザインのチャリティTシャツ購入予定だったのだけれど既に完売していてまだ入荷してませんでしたので、今回のコンサートにあわせた「STATS」のピンクのほうを購入♪次回7月の東京国際フォーラムではこちら着用でコンサートにのぞみます(^^)v
SFJではマフラータオルで盛り上げる曲があるとのことでしたので、ちょっと迷ったけど、色も私の好きなピンクだし、デザイン可愛いから購入♪ふかふかで手触りもグッドです。
ヨンハのテーマカラーは「ヨンハ・ブルー」と言われる明るい空色だからグッズもブルーがおおいかなぁ~っておもっていたけど、このまえのソウルコンサートのときもライトがピンクだったし、今回のTシャツもダークブルーとホットピンクの2種類あってちょっと女性ファンを意識してるのかしら??
会場のペンライトも当然ブルーです(笑)コンサートだけでなくヨンハが出るときはファンはブルーのペンライト♪でも今回のテーマにあわせた☆型ライトがあったのでこちらも購入。まあ、私の場合、あと4回は最低でもこの夏使いますからね(^^)
開演前、まだ随分すいている時間にちょっとお話させていただいた前の席のおば様方、手作りのこちらのウチワは凄かったわ~。
d0133225_22224142.jpg

私も欲しい・・・・。

さて、コンサートの幕明けは、軽快な曲で始まるかと思いきやニューアルバムの「IF」からスタート。「IF」も含めて、ちょっと内省的というか、内観的な曲が続きました。6/16が日本デビューした日。今日6/20がはじめて公式来日して「期別」を横浜で歌った日。そしてあれから6年。そんなこともあるのかもしれません。この6年、嬉しいこと・楽しいことだけじゃなく、いろいろ迷うことや苦しいこともあったと思います。私は6年前はこれほど熱烈なファンではなかったけど、この6年、見てればヨンハの道のりや歌に託す思いは察せられますわ。1曲目から総スタンディングだったけど歌の歌詞とこの6年のヨンハを振り返ってちょっとウルっときちゃいました。

コンサート前半は本人曰く、横須賀をイメージして選曲した、とのことでしたがそれだけじゃないでしょ~。

ちなみに「6年前の僕と、今の僕、どっちがいいですか?」って客席に聞いてましたが何故かおば様がたの反応は「若い時ー!!」って・・・・(苦笑)ヨンハも「えー??」って笑いながらステージに座り込んでましたよ。やっぱりおば様方のイメージって「可愛いままのヨンハ」がいいんですかね~??私は断然、過去も含めての「今」が素敵だと思いますけど!!!
途中、自らビデオカメラを回しながら客席を映したり、映しながら「質問あるひとー!」っとクローズアップしてステージの大画面に映し出したり。。。と相変わらずお茶目なダーリン♪
その後、ギターを抱えて、前出の「ホリデイ」と「ハーモニー」の合唱。ここでもヨンハ自らギター弾きつつ、ダンス指導(?)をして可愛く踊ってました。ときどき「そこー、踊り違うよー」なんていいながら(笑)「ハーモニー」はシングルのカップリング曲ですが、私も好きな曲だし、ヨンハもいつぞやか「みんなで口ずさめる曲なんです。みんなで歌えたらいいですね~」みたいな事を言っていたのでひょっとして~っと思ってはいたのですがやっぱり♪
後半はたんなるラブソングに留まらず、メッセージ性の強い選曲。スクリーンにも今、グッドネイバーズでのヨンハが力をいれている活動の一環としてのチャドの様子が映し出されていました。こういう「人類愛」といったものを訴えることはできても実際に活動して自分のものとして行動できる人ってなかなかいないですよね。そういう点でも、私、ヨンハが好きだし尊敬します。ふとわが身を省みれば・・・・ダメですね、自分だけ安穏としていて。私もこういった活動いは興味をもちつついままで何もしてこなかったので、ちょっとこっち方面にもフットワーク軽く、私にできることをしていきたいなぁ。

「ONE LOVE」の後にはスピード感溢れる曲・相手を優しく抱きしめるような曲が続き、ラストは「これがラストソングです」との言葉とともに「LAST SONG」でしっとりとバラードを。この曲も好きだな~。

でもラストになんてなるはずもなく(笑)

アンコールで3曲、さらにダブルアンコールに応えて、聞いていてとってもハッピーになれるバースデイソング、「キラキラ」を(^^)。これがホントの最後でした♪ヨンハ~、8月の札幌会場でも「キラキラ」歌ってね~、私の誕生日なの(正確にはコンサート前日なんだけど☆)

セットリストは作りそびれた(歌った曲は覚えてるけど順番があいまい^^;)けれど、会場によって曲も変えているようなので来月の国際フォーラム以降もどんな風になるか楽しみ♪今回はどこも主要人数が1500~2000程度のキャパなのでほんとにアットホームなんだよね~☆

ちなみにコンサート中に衣装変えらしい衣装変えはなく、今日はきらきらしたスパンコールのついてる黒の「STARS」のTシャツでした。でも昨日の初日はピンクだったらしいから公演日によって変えてるのね♪

ほとんど2時間半の間、歌いっぱなしのヨンハ♪おつかれさまでした。そして楽しい時間をどうもありがとう☆

これから毎月ヨンハに会えると思うと毎日どきどきです(笑)はぁ~、今日も眠れるかしら??
[PR]

by magical_cat7 | 2010-06-20 22:52 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

コンサートまでカウントダウン♪


d0133225_13245581.jpg

6/9(水)に新しいヨンハのアルバム「STARS」がリリースされたのでもっぱらヨンハの歌声が部屋の中にながれております♪

前作の「ONCE IN A SUMMER」は海辺のドライブやお天気のいい休日の朝に聞きたい曲がいっぱいで、めずらしく舌ったらずな日本語になっていたもののそれもリラックス感満載で気にならなかったけど、今回は夕方から夜にかけてしっとり聞きたい曲がおおいかな♪韓国人の方が苦手とする「つ」も「ざじずぜぞ」の発音もクリアで完璧です(^^)伸びのあるドラマティックボイスが映える曲も多く、アップテンポな曲、切ない曲、ちょっとクールな曲、心が温かくなって幸せな気分になる曲・・・とバリエーションも豊か。

「MIRACLE」、「終わらない旅」、「STARS」も好きな曲ですが、なかでも「一秒先の未来」という曲が私は一番いまのところ気に入っております♪ふわっと後ろから抱きしめられるような、あたたかい曲。誰しもあるでしょ~?デートの終わり、門限ギリギリに家に滑り込むための〇〇線の改札やプラットフォームでの思い出とか、〇〇行き最終の新幹線の発車ベルがなる東京駅での想い出とか。。。

そんなに昔のことではないのだけれど、歌声と歌詞に、甘酢っぱい記憶がオーバーラップいたします。
あ、でも「新幹線の終電」はともかく、「門限」ってのははるか昔の幼い恋だったわね(笑)門限は遠くになりにけり~(笑)

d0133225_13131653.jpg


来週末からスタートするコンサートチケットも手元に届き、半年振りの生ヨンハ♪
この1週間、また眠れない日々がつづくのかしら~♪

ちなみにご興味がある方はこちらから無料試聴&ダウンロードができるようですのでどーぞ☆
http://www.ongen.net/search_detail_album/album_id/al0000204785/
[PR]

by magical_cat7 | 2010-06-13 10:00 | 音楽 | Trackback | Comments(4)

パク・ヒョシンくん コンサート@中野サンプラザ

d0133225_023299.jpg

d0133225_23181768.jpg

こんばんは!今日は中野サンプラザでパク・ヒョシンssiの日本初コンサートに行ってきました♪
本日は旅行ネタではございませんのであしからずm(--)m
そして画像もほとんどありません。。。(公演中はカメラ禁止ですからね~)

以前、韓国編にも書いたのだけれど、もともとマイ・スイートダーリン、ヨンハへの楽曲提供で私は彼の名前を知り、ヨンハがヒョシン君のPVに出演したってことで実際にその曲を聴き、「あら♪いいじゃないのー。^^」と気に入ったのでソウルに行ったときにCDを買い求めたところこれがツボにはまり、コンサートが決まるや否やチケット確保に走った次第でございます。

その曲のYOU TUBEはこちら「サランハフエ」→ http://www.youtube.com/watch?v=MG80oyFRVz4


ま、あとでわかったことですが以前「雪の華」の韓国語バージョンをたまたま耳にしたときに「おっ!この歌手、めちゃウマ!声すてき♪」っと結構強く印象に残ってたのですが、これを歌っていたのもヒョシン君でした。あの頃は仕事が忙しくて趣味にどっぷりつかるヒマなかったのよねぇ~。

YOU TUBEはこちら「雪の華」 → http://www.youtube.com/watch?v=OU9wNVE6EeQ

今日は初めての日本コンサートなのに、本人は体調崩して午前中は点滴打ってくれる病院を都内で探していたそうで、なかなか外国人ってことで受けてくれる病院が見つからず。。。。コンサート直前にようやく点滴うったそうです。ノドいためてたみたいで、本人にとってはすごく悔しかったようだけれど、ファンを楽しませようと一生懸命でした。

確かに高音はちょっと辛そうだったり、せっかくの美声がかすれちゃったりしてたけど、ノドいためているとは思えないほどの声量とドラマティック・ヴォイス♪そしてダンスが上手い!(本人も好きと言っていた☆)アンコールもちゃんと応えてくれて、盛り上がりました。

冒頭はまずアルバム「GIFT」から「GIFT」。イントロから観客総立ち、グリーンのペンライトが綺麗でした~^^バラードからアップテンポの曲まで選曲も良かったです。MCは韓国語でしたが、最初しばらくは手違いにより通訳さんがソデに待機してなかったらしく(^^;)本人もあせってましたが、ゆっくり・はっきりした韓国語で短いセンテンスで話してくれていたので私でもちょっとだけ解りました。(ほんとちょっとだけ。1割ぐらい。あはは)でも凄かったのが、後ろの座席に座っていらした50才~60歳代と思われるおば様グループ。黄色い声援はもとより、通訳が入らなかった韓国語にも反応し、通訳がはいっても訳さなかった箇所にも反応し、ほぼ完全理解しているものと思われます!あっぱれ、日本のおばちゃん☆

最新アルバムの「GIFT」からは「GIFT」「サランハフエ」「デジャヴ」の3曲だったかな?日本語の曲もミスチルと、「KISS」(この曲、初めて聞いたけどいい曲でした)そして「夏のクラクション」。

なんと!!そしたら曲の終盤でヨンハ登場!!!
数日前に韓国のネットで「ヒョシンの日本コンサートにヨンハゲスト出演!」と書いてあってちょっと期待してたけどほんとにサプライズで登場でした!客席にいて、出る予定ではなかったらしいのですが痛くて思うように声がでないけど頑張ってベストを尽くしているヒョシン君の姿に心を痛めて急遽舞台でとびいりMC役をすることになったらしい。ちょっとでもヒョシン君のノドを休めさせてあげるため、わざわさ韓国語でMCしてました。
「JERRY FISH」の社長さんも舞台に呼んだりして。厚い友情を感じます。。。

ファンとしては、生ヨンハ~♪姿も声も聞けてめちゃめちゃ嬉しかったです。でも、ヨンハ、1/16放送分の「メレンゲの気持ち」より随分、ふっくらしたんじゃなくって?ヨンハじゃなくて「デブンハ」って呼んじゃうわよ☆

ちなみに稲垣純一の「夏のクラクション」ですがヨンハのカバーもよいですが、ヒョシン君のカバーも良かったです^^

あっという間の2時間半。会場が小さかったせいもあるかもしれないけど1Fは満席だったし、アットホームな感じのコンサートでよかったです。でもやっぱり日本人の観客は静かだね。もっと盛り上がってもよいのに(^^)
私も今回一人だったしこういうコンサートって学生時代以来なので大人しかったけど(笑)

ヒョシン君、コンサートとっても楽しかったのでまた日本に来て、素敵な歌声、生で聞かせてね!!
あ、でもソウルでのコンサートでもチケットちゃんと日本で一般売りしていただければ行くわよ~(^^)
[PR]

by magical_cat7 | 2010-01-24 00:07 | 音楽 | Trackback | Comments(6)

雨の午後は BILL EVANS

d0133225_16321778.jpg

ご無沙汰してます。皆様お元気ですか?
なんか最近、加速度的に仕事が忙しくて、情報の津波にあっぷあっぷ状態のマジカルです。今日も昨日の残業をサボった分、本当はちょいと会社に顔だして、パソコン叩かないといけないのですが雨なので明日にまわします(笑)

週末は家事の関係上(?)、からりと晴れ上がったお天気のほうが嬉しいのですが、ちょっとひと息つきたい土曜日の午後は、こんな雨の日もいいのかもしれません。

雨の日はビル・エバンズのピアノがとても気持ちよいです。特に気に入っているのが「ALONE」というアルバム。1968年のNYでの録音なので、まだマジカルが生まれるずっと前の音楽なんですね。

一番好きな曲は「Mignight Mood」なのですが(この曲を聴くと、なんだかすごくワクワクして、それでいて甘やかな気分になります♪)、このなかの「Heare’s that Rainy Day」はこんな日にはぴったりです。 

今日は優しい調べと紅茶の香りを楽しみながら、もうすこしだけ穏やかな気分で過ごしましょう。
[PR]

by magical_cat7 | 2008-04-26 16:43 | 音楽 | Trackback | Comments(4)
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31