お買い物 IN ジャイプール1 行きたかったアムラパリ♪インドジュエリーのショップ

インド旅はどこから行こうかと思いましたが・・・私のブログで常に上位にランクされてくるのは「お買い物記事」。やっぱりみんな、他人のお買い物って興味あるのね~(笑)まあ、定価を知る上にも参考にすることは多いし、お土産選びにもなるもんね。^^ 世界遺産はガイドブックに詳細が載ってるしね^^

お買い物 IN ジャイプール!・・・まずは行きたかったショップ「アムラパリ(Amrapali)」です。
d0133225_19154714.jpg


ジィプールといえば世界に名だたる宝石の集積地。隣国のスリランカはルビー、サファイヤなどのコランダム系の宝石の生産地。インド洋を越えたアフリカは各種ガーネット、トルマリン、ダイヤモンドほか諸々のプレシャスストーン、セミプレシャスストーンの生産地、という立地からか世界から原石がやってきて、この町で研磨され、世界中のバイヤーにわたっていきます。当然、品質にはピンキリがあるし、素人にはあまり高い買い物はおすすめできません・・・。
それなりに地元で有名なお店やら、マハラジャご用達のお店やらもあると思いますがここは、ハリウッドセレブもお気に入り・世界にも支店を持つ「GEM PLACE」か「アムラパリ」あたりが無難であろうと、あたりを付けたわけです。さらにインドジュエリーって日本人の美意識からすると、装飾過多というか、ごっついというか・・・。
ま、東洋人のへんぺー顔にはゴージャス&デコラティブすぎるんですわ・・・。残念ながら・・・(涙)
この2店ならそこそこ繊細な美しさを持ちながら、かつインドテイストのあるものがありそうだったので行ってみました!

ちなみに「アムラパリ」はジャイプールが本店です♪
でも期待したジュエリーはちょっとお値段的に難しく・・・すっごい可愛いサファイアのゴールドジュエリー(ピアス)があったんですが、うーん3万7千ルピー(約63,000円)。石のクオリティはそんなでもないけど細工がしっかりしていたのとシンプルなのに繊細で存在感もあり気に入ったんですけど即決できなかった(涙)やっぱり身に着けるものだから、感覚的にぴぴぴっと来たものか、いくつかの好みのなかからじっくり選びたいですものね~。もう一個、かわいかったピンクトルマリンは2万5千ルピー(約42,500円)だった。どちらも日本で購入するよりかなりリーズナブルだとは思いますが、うーん、うーん、即決できるだけの「惹き」がない・・・・。

18K、22K以外のシルバーアクセサリーはおもちゃ感覚での価格なのでこちらのほうがトライ&購入しやすいかも・・・。酔ってなくしてもまだあきらめがつく(^^;)お店に入ったところはゴールドジュエリーばかりでインド人の方々が何組もご商談中。お店の奥に行くと、シルバーのコーナーがあり、かなり量もあります。お店のお姉さんに希望を言うと紹介してくれますが・・・どれも1点ものなので、この形でこの色の石はありますか??と聞いても「ありません」とのこと。オーダーは受けてくれそうでしたがパック旅行だと時間の制約があって難しい・・・。

d0133225_19164255.jpg

結局シルバーにゴールドプレート(平たく言えば金メッキ)したものを2つほど購入しました。かなり作りが雑な小さい布袋に入れてくれます(--;)

パッケージは雑だけど、ピアスは作りもちゃんとしてて、可愛いよ♪
d0133225_19173426.jpg

アメジストと真珠のピアス。主張しすぎずいい感じです。アメジストは淡い色合いで光が入るととてもキレイです。参考までにお値段は1200ルピー(約2,000円)。これなら女性への、ちょっとしたお土産にもいいね。趣味があるからアクセサリーは難しいけど・・・。

d0133225_1918057.jpg

ハートモチーフもキュートな、ちょっと大きめのピアス。販売員はアメジスト、シトリン、ジルコンと言っていたけどどうかな~??青いアメジストなんて聞いたことないんだけど。色からしたら深いブルーだからカイヤナイトではないかと・・・・。ジルコンはキュービックではなく天然石らしい。こちらは1800ルピー(約3,000円)でした。

アクセサリー好きさんにはお薦めのお店です。支店はデリーにもあり、そちらの方がデザインは洗練されている、というお話も耳にしますのでご参考まで~。そのほか、海外ではロンドンとニューヨークにも出店しているようです。

また、余談ですがピアスの金具部分は日本のものより太目なので、ピアスホールが小さい方は入らないかもしれませんのでご注意を!現地で試着はさせてくれます^^
[PR]

by magical_cat7 | 2013-03-10 10:00 | インド
line

writer:Chie 最近、ハンドルネームの使い分けができず、本名に一本化いたします。旅の記録・旅の記憶。ときどき韓流ネタ。海と、美味しいものと、お買い物。そしてこの2人が大好きです☆


by Chie
line
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30